髪が生える仕組みを知る。読んで悩みを解決!バイオテックの発毛対策・育毛対策。
発毛・育毛専門サロン バイオテック
発毛・育毛アカデミー Anti Thining
読んで育てる!発毛・育毛アカデミー

髪が生える仕組みを知る


Karte 02

髪の毛の構造は、外から見える「毛幹」と頭皮の下に隠れている「毛根」とに大別されます。髪の毛が生えるメカニズムは、まずこの「毛根」部分の根っこあたる「毛母細胞」に、血流によって髪の毛を作る成分や養分といっしょに、ホルモンなどの毛の成長因子が運ばれることで何らかの成長促進因子を産出。細胞分裂が進み、毛根の中にある毛包に新しい髪の毛が育まれていきます。そして、一定期間を過ぎれば皮膚の外に細い産毛が顔を出し、発毛に成功。その後の成長と共に徐々に頭皮の外に押し出され、太く、長く、髪の毛が育っていくわけです。

薄毛や脱毛に悩むことなく、髪の毛が正常に発毛し、すくすく元気に伸ばしている人の頭皮の中では、一本一本の毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返しているということはわかっています。ただし、残念ながら毛母細胞に作用する毛の成長因子や、それによって毛母細胞から出される成長促進因子が何なのかについて、明らか答えはまだ見つかっていません。薄毛対策や脱毛予防のために、今私たちがやるべきことは、文字通り髪の毛の母となる「毛母細胞」の活動や機能を守ること。健康な髪は健康な肉体に宿ります。皮膚が変化してできた髪の毛は、肉や骨と同じかけがえのない人間の体の一部であることを忘れず、まずは日々の健康管理を心がけたいものです。



次のページは「ヘアサイクルを正常に」

前のページへ次のページへ

髪が生える仕組みを知るTOPへ

発毛・育毛バイオテック > 発毛対策・育毛対策 > 髪が生える仕組みを知る


バナー
無料体験予約を申し込む





Copyright(C)Biotech inc. All right reserved.