脱毛の要因その2。読んで悩みを解決!バイオテックの発毛対策・育毛対策。
発毛・育毛専門サロン バイオテック
発毛・育毛アカデミー Anti Thining
読んで育てる!発毛・育毛アカデミー

脱毛の要因その2


Karte 05

男性ホルモンを要因とした「体質的脱毛」だけではなく、外的な薄毛を進行させる要因はさまざまにあります。たとえば、仕事や生活のいろんな場面で現代人に重くのしかかる「ストレス」。精神的に緊張(ストレス)した状態が続くと、血管を収縮させる自律神経がうまく働かなくなって血液の流れが悪化。毛髪を育てる酸素や栄養分が毛根に届かなくなり、脱毛を早めてしまいます。とくに性別や年齢に関わらず起こる「円形脱毛症」は、このストレスを要因とする説が有力です。

すぐに髪の毛がベタつく「皮脂分泌過剰」、いわゆる“アブラ性”も脱毛症を誘う要因の一つ。皮脂って何か知りたい方は、ちょっと痛いけど試しに白髪を一本抜いてみてください。髪の毛の根本にある小さな固まりがそれです。頭皮に適度な潤いを与え、毛穴を保護する大切な皮脂ですが、多過ぎるとそれはそれでちょっと問題。余分な皮脂が汗と混ざって、大切な毛穴を塞ぎ、抜けやすく、発毛しにくい状態にしてしまいます。

そして、最後に押さえておきたいのが「血行不良」の問題。偏った食生活による脂肪・塩分・糖分の摂り過ぎや夜更かしなどの不摂生、行き過ぎたダイエット、喫煙など、とにかく血流を悪くするものは、どれもこれも髪の毛に悪影響が及ぶものと覚悟しなければいけません。髪の毛はいつもサラサラできれいな血液を欲しがっているのですから。



次のページは「まずは脱毛を止めよう」

前のページへ次のページへ

脱毛の要因その2TOPへ

発毛・育毛バイオテック > 発毛対策・育毛対策 > 脱毛の要因その2


バナー
無料体験予約を申し込む





Copyright(C)Biotech inc. All right reserved.