バイオテック

発毛・育毛”無料体験”が試せる発毛・育毛専門サロン

男性の方はコチラ

発毛・育毛理論

実績と研究成果を基に導きだされた理論をご紹介

バイオテックの最先端発毛・育毛理論

脱毛にブレーキをかける

脱毛ホルモンとして知られるDHTの抑制について

男性ホルモン「テストステロン」が、毛乳頭細胞中に存在する「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受けることで、強力な脱毛ホルモン「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化します。
このDHTに対するアンドロゲンレセプターの感受性が遺伝すると言われており、遺伝的に脱毛するリスクが高いか低いかが決まります。
バイオテックは長年の研究の末、脱毛のおおもとの原因となるDHTの生成を抑制する発毛理論とノウハウを手に入れました。脱毛にブレーキをかける事で、正常なヘアサイクルを取り戻し「発毛・育毛」をご実感頂けます。

脱毛にブレーキをかける

発毛・育毛のアクセルを踏む

健やかな髪を生み出す重要物質IGF-1の生成を促す、IGF-1理論について

DHTの抑制というアプローチに加え、バイオテックでは、重要物質IGF-1の生成を促すことで髪の成長に関わる根本的な働きを高め、育毛物質を効果的・効率的に増やすというアプローチも可能となりました。
この両面からのアプローチにより、バイオテックはより確かな効果が期待できる次世代発毛・育毛ケアの実現を進めております。

発毛・育毛のアクセルを踏む

システイン結合について

毛髪のほとんどがケラチンタンパク質で構成されています。そのケラチンタンパク質を構成しているアミノ酸の中で最も多く含まれているのがシステインです。
酸化作用によりシステインが2つきれいに結合するとシスチンという物質になります。そのシスチンが100個以上結合するとタンパク質となります。
バイオテックではこのシステインのきれいな結合を強制的に促すことにより、髪の素を生成し、発毛を促進させることを可能にしました。

システイン結合について

頭皮環境正常化

他にも、脱毛の原因として「皮脂過剰分泌」や「血行不良」が考えられます。
皮脂過剰分泌によって、分泌された皮脂が空気に触れて酸化皮脂となり毛穴をふさぎます。毛穴に脂が溜まり炎症を起こすことで、髪は抜けます。
また血行不良は血管から栄養が届きにくくなるため、髪が細くなり抜けやすくなります。これらの原因による脱毛は,頭皮環境を正常化し、適切なケアをすることで発毛・育毛を促すことが可能です。

脱毛の原因

全国サロン検索
発毛・育毛ブログ
Company Profile English version download
Copyright(C)Biotech inc. All right reserved.