薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGAの予防には何が有効?抜け毛を防ぐためにできることとは?

公開日: 2019年11月27日

AGAはいつ訪れても不思議ではない薄毛の症状です。現状では兆候を感じていなくても、将来を見越して早めに対策を取っておくことは無駄ではありません。また、抜け毛が増えてきたと感じている人も、AGAの予防にいち早く着手すれば悩みを解決できることもあります。ここでは、AGAによる抜け毛を防ぐために有効な予防方法について紹介します。

AGA予防策1.シャンプーを見直す

AGAの予防策としてまず大切なのが、使用中のシャンプーを見直してみることです。AGAは進行性であるため、放っておくとどんどん進んでしまいます。特に頭皮環境に問題があると、AGAの進行はますます早まってしまいます。刺激の強すぎるシャンプーの使用や、間違った髪の洗い方を続けることは、頭皮環境を悪化させる大きな要因のひとつです。刺激の強いシャンプーは頭皮の乾燥や炎症を招きやすく、深刻なかゆみの原因となる場合もあります。かゆみを我慢できず頭を掻きむしってしまえば、さらに抜け毛が増えることもあるので注意が必要です。

髪の洗い方が間違っている場合も、頭皮環境にとってはよくありません。爪を立ててシャンプーをしていたり、頭皮をゴシゴシ洗っていたりすると、頭皮が傷ついて環境が悪化してしまいます。シャンプーはなるべく爪を立てず、指の腹を使ってマッサージするように洗うのが基本です。また、髪を良く濡らしてから、シャンプーをしっかり泡立てて洗うことも大切です。そうすることで頭皮にかかる摩擦の力を軽減でき、優しく洗うことができるだけでなく、シャンプーの使いすぎやすすぎ残しを防ぐことにもつながります。

シャンプーの際は、お湯の温度にも気を付けましょう。お湯の温度が高すぎると、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。そうなると、失われた皮脂を頭皮が補おうとするため、かえって皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。お湯の温度はぬるめに設定し、熱すぎないお湯で洗うようにしましょう。シャンプー後のドライヤーも忘れてはなりません。自然乾燥は肌の水分まで失われてしまうので、頭皮の乾燥につながってしまいます。適度な皮脂と水分量を保つため、ドライヤーでしっかり乾かすことを心がけましょう。

AGA予防策2.食生活を見直す


AGAの予防には食生活も重要です。髪の毛は食べたものから栄養を補給します。食べるものが偏っていれば、頭皮や髪の毛の栄養にも悪影響が及ぶため、AGAの進行を早めてしまうことがあります。AGA予防のためにも、バランスの良い食事を心がけることが大切です。食生活で特に気を付けたいのは、高脂質や高カロリーの食事の過剰摂取です。脂質の多い食べ物や、カロリーの高い食事は、血管を詰まりやすくする原因になります。血液の流れが悪くなれば、頭皮も血流不足に陥るため、栄養がうまく行き渡らずに抜け毛が起こりやすくなってしまうのです。

AGA予防のために積極的に摂取していきたいのが、タンパク質やビタミンB群などの栄養素です。タンパク質は人間の体を構成する物質であり、体の一部である髪の毛も当然タンパク質からできています。ただ、タンパク質は体に吸収されるときにアミノ酸に分解されます。この分解されたアミノ酸が髪の毛を構成するケラチンになるために必要なのがビタミンB群です。ビタミンB群のうち、特にビタミンB6がアミノ酸のケラチン化に貢献してくれます。

また、亜鉛もケラチンの生成に必要な成分であるため、積極的に摂取していきたい栄養素のひとつです。亜鉛は5αリダクターゼというAGAの原因となる酵素を抑制する働きもあるため、AGA予防には欠かせない栄養素だといえます。ほかに、亜鉛の吸収を助けて頭皮の炎症を抑えるビタミンCもAGA予防に不可欠です。普段の食生活に、こうしたビタミンやミネラルなどが足りないと感じているなら、積極的に摂取することがAGAの予防につながります。

AGA予防策3.生活習慣を見直す

生活習慣の乱れは、AGAを進行させる要因にもなります。たとえば、ストレス過多の環境です。ストレスは自律神経のバランスを乱れさせます。特にストレス過多な状態は、興奮作用のある交感神経を優位な状態にするため、血管が縮んで頭皮の血流を悪くしてしまうことがあります。血流が悪化すれば、頭皮環境にとっては当然良くありません。

また、ストレスだけでなく、喫煙や過度の飲酒も血管を収縮させる作用があります。血流不足は頭皮環境の悪化のみならず、酸素や栄養を毛母細胞に届きづらくさせるため、しっかりした毛が育ちにくくなるという結果も招きます。睡眠不足や運動不足も血行を悪くする要因のひとつであるため、AGA予防のためにもこうした悪い生活習慣を見直すことが肝心なのです。

生活習慣に関するAGA予防のキーワードは、自律神経のバランスです。ストレスや喫煙、睡眠不足や運動不足も、自律神経のバランスを崩す習慣といえます。こうした悪習慣を見直して、血行の悪化をできるだけ避けることが大切です。それから、生活習慣で見落としがちなのが、ヘアケアやスタイリングのやり方です。間違ったヘアケアや間違ったスタイリングは、やはり抜け毛を増やす原因になり得ます。習慣として当たり前に行っていることでも、それが本当に正しいかどうか見直してみることが抜け毛の予防につながります。

AGA予防策4.生活環境を見直す

AGAの進行は、実は些細な生活環境が引き金になっていることもあります。たとえば、睡眠不足はAGA予防の大敵です。しかし、自分ではしっかり睡眠をとっているつもりでも、間違った睡眠環境のせいで隠れ睡眠不足に陥っている場合があります。寝るときの枕の高さが自分に合っていなかったり、寝具の材質との相性が悪かったりすれば、睡眠時間を確保できていても安眠はできていないかもしれません。質の高い睡眠を取るためにも、自分に合った寝具をそろえることが大切です。

また、ストレスのかかりやすい職場環境も問題です。人間関係の悩みやタイトな仕事のスケジュールなど、職場でのストレスは決して小さなものではありません。もちろん、職場でのストレスを抱えていても、簡単には職を変えることができないでしょう。ただ、人間関係の問題など、ストレスのかかりやすい部分を取り除くことは不可能ではありません。職場で何らかのストレスを抱えている場合は、自分が特に何に対してストレスがあるのか見極めて、そのストレスの原因を積極的に取り除く努力をすることが大切です。

このように、普段の生活から自分がどんなことにストレスを感じているのか確認することは重要です。実際、無意識のうちにストレスを抱えていることも多く、そうした些細なストレスが知らないうちに抜け毛の原因になっていることもあります。自分が何にストレスを感じやすいのかは、職場の役職や年齢によって異なる傾向があります。そのため、自分だけで考えるのではなく、第三者の目で見てもらうことも必要です。そうすることで、より的確にストレスの本質を見出すことができます。

AGA予防策5.育毛サロンでケアする


進行性のAGAは、発症してしまったら抜け毛がどんどん進んでしまいます。それだけに、発症のリスクを少しでも減らす予防対策が何より重要です。ただ、自分だけでAGAの予防をするのは限界があることも確かです。頭皮の現状を把握することや、抜け毛の原因を発見することは、やはり自分では難しいでしょう。そこで活用したいのが育毛サロンです。

育毛サロンでは、頭皮や髪の状態を詳しくチェックすることができます。頭皮環境を確認することで、抜け毛の原因として何が考えられるのかということも探し出すことができるかもしれません。また、頭皮を柔らかく清潔に保つための丁寧なシャンプーやマッサージなどの施術も受けられます。こうした育毛サロンの施術は高いリラックス効果も期待できるので、ストレスを抱えている人にとっても良質な環境を提供してくれます。

育毛サロンは薄毛や抜け毛の症状に関するプロです。そのため、プロならではの視点で生活習慣の問題点も指摘してもらえます。自分では正しいと思っている生活習慣でも、実は薄毛の原因になっていることがあるかもしれません。プロの視点から確認してもらえば、間違った習慣も見直せるので、それがAGAの予防にもつながっていきます。

予防策は並行してすぐに始めよう

AGAの予防対策はどれかひとつをやれば良いというものではありません。食生活は改善できても、生活習慣が乱れていては、せっかく対策を取っても効果は半減してしまいます。予防策は複数あるので、並行して行ってこそより効果を発揮してくれます。また、効果を実感するためにはプロの力を借りることも大切です。バイオテックではサロンの無料体験も実施しています。申し込んでみて、どんなケアができるのかぜひ体験してみましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。