薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > 抜け毛 > 前髪の抜け毛を改善したい!効果的な対策方法は?

前髪の抜け毛を改善したい!効果的な対策方法は?

公開日: 2018年12月27日


  
前髪は手で触れる機会が多く、スタイリングも入念にすることから抜け毛が起こりやすい部位です。
  
しかも、鏡を見たときすぐに目に入ります。
  
そのため、薄毛に気づきやすく、他人の目も必要以上に気にしてしまいがちです。
  
しかし、前髪の抜け毛は早期に気づきやすいため、改善のための対策方法が豊富にあります。
  
原因や症状に合わせて、最善の方法を選んで試してみましょう。
  
この記事では、前髪の抜け毛の特徴と、対策方法について解説します。
  

日頃の生活習慣による影響が大きい?改善すべき抜け毛の原因


  
一般的に抜け毛の主な原因は頭皮の血行不良と栄養不足だといわれています。
  
特に、血行不良はさまざまな条件下で起こるので、抜け毛と密接な関係があるといってよいでしょう。
  
血行不良が起こる頭皮環境の悪化は、乾燥や毛穴の詰まりです。
  
毛穴を詰まらせるものは過剰分泌された皮脂、すすぎ残しのシャンプーや整髪料、フケなどいろいろあります。
  
ストレスがかかれば交感神経が優位になることで血管が収縮し、運動不足になれば筋肉が静脈に圧力を加えられなくなるので血液の流れが滞ります。
  
鉄分が不足して貧血気味になると、酸素を運ぶヘモグロビンの量が減るのに伴って血流量が減り、血行不良に陥ります。
  
ただし、これらは前髪に限らず頭部全体に当てはまる抜け毛の原因です。
  
前髪の抜け毛に限った原因を挙げると、前髪の触りすぎや整髪料の影響、前髪に負担をかける髪型、目の酷使による血流悪化などがあります。
  

すぐ実践できる対策方法!生活習慣の見直しで状態改善

栄養不足が抜け毛の原因になっているときは、食生活の見直しが重要です。
  
髪の毛は、たんぱく質のケラチンが主成分なので、良質なたんぱく質を摂ることは必須と言ってよいでしょう。
  
そのうえで、亜鉛やビタミン類、鉄などを摂ることが大事です。
  
亜鉛は、たんぱく質の再合成や細胞分裂の際に使われます。
  
ストレスがかかると全身で不足しやすくなるので積極的に摂りたい栄養素です。
  
鉄は貧血を防いで血行を維持するために欠かせません。
  
  
ビタミンは、亜鉛や鉄の吸収を助けるビタミンC、頭皮や髪などを作る手助けをするビタミンB6、丈夫な頭皮や髪を作り、免疫力を高めるビタミンB2などを摂るのが基本です。
  
栄養は食事として摂るのが望ましい方法ですが、不足分を補うという形ならサプリの活用も考えてもよいでしょう。
  
  
前髪の抜け毛に限った対策としては、パソコンやスマートフォンの使い過ぎによる目の酷使を見直すことです。
  
仕事でもプライベートでも画面を見続けるような生活は改善の必要があります。
  

すぐに何とかしたい!早急な対策はどんなものがある?

前髪の抜け毛が多く、生活習慣などでは見直しが期待できない場合には、クリニックでの治療や、植毛、かつらの利用などが考えられます。
  
抜け毛が多いときでも見た目をすぐに変えられるのはかつらや植毛です。
  
外に出るときだけ前髪をプラスしたいのであればかつら、常に増えた状態にしておきたいのであれば植毛がよいでしょう。
  
ただし、植毛やかつらは根本的な解決にはなっていません。
  
前髪の抜け毛を放置した状態になっているので、原因によっては、抜け毛の症状がそのまま進行する可能性が高いと言えます。
  
しかも、定期的なメンテナンスが必要です。
  
費用もそのたびにかかるので、トータルでは大きな出費になる場合もあります。
  
  
一方、クリニックの治療は、検査の結果に基づいた治療なので、回復の期待ができます。
  
しかし、即効性はありません。
  
地道な治療になるので、時間もお金も必要です。
  

効果的な前髪の抜け毛対策!みんなが実践しているのは?

実際には前髪の抜け毛に対してどんな対策をしている人が多いのでしょうか。
  
100人の男女を対象にアンケートを取ってみました。
  
  

前髪や頭皮に負担をかけないことが対策のポイント

  
・スタイリングのときにワックスなどをつけるのですが、前髪はスタイリングするときの一番のポイントになるので、整髪料が付きすぎないように、適度につけること、地肌に付かないようにすることに気をつけています。また、付けた整髪料はその日のシャンプーでしっかり落とすことも大切にしています。(40代/専業主婦(主夫)/女性)
  
・洗髪後のドライヤーを額に当てないことにしています。まんべんなく乾かすという感じです。(50代/正社員/男性)
  
・髪をかきあげたり、ピンで留めたりするのをできるだけしないようにしています。(40代/専業主婦(主夫)/女性)
  
・マッサージや洗髪などです。あまり整髪料などを使わないようにしています。(40代/正社員/男性)
  
・お風呂に入って頭皮のマッサージを軽くするぐらいです。あとはあまりストレスをかけないよう、少しでもイライラしたら深呼吸をするようにして怒らないようにしています。(40代/パート・アルバイト/男性)
  
・生え際の流れに逆らうことで毛穴にダメージを与えると考えますので、かきあげたりひっぱったりはしないようにしています。(30代/正社員/男性)
  
【質問】
前髪の抜け毛対策のために何か実践していることはありますか?
  
  
【回答結果】
フリー回答
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年11月01日~2018年11月08日
有効回答数:100サンプル
  
  
アンケートの回答を見てみると、前髪や頭皮に負担にならないように気を付けている様子がうかがえます。
  
髪を引っ張ったり、頭皮を傷つけたりしないように注意しているという声が多くありました。
  
マッサージをするようにシャンプーする、ドライヤーの熱が集中しないようにするなど、日ごろのシャンプーやスタイリングを通じて対策している人が多いこともわかりました。
  
では最後に、前髪の抜け毛対策をしっかり行いたい人のために、専門サロンでのケアについて紹介します。
  

じっくり向き合っていきたい方には専門サロンでのケアがおすすめ!


  
抜け毛は血行不良と栄養不足が原因になっていることが多いので、回復のためにはそれらの原因と向き合うことが大事です。
  
即効性はなくても、原因に応じた対策をすることで根本的な解決につながります。
  
頭皮の血行を改善し、栄養摂取に関するアドバイスをもらうことを重視するなら、育毛専門サロンでケアを受けることを考えてみてもよいでしょう。
  
育毛専門サロンでは抜け毛の原因や頭皮の状態に応じたケアを受けられます。
  
自己流のケアをすると頭皮に必要な皮脂まで取り去ってしまいがちです。
  
頭皮マッサージも頭皮に負担のかかる形でしてしまうかもしれません。
  
育毛専門サロンのプロが行う施術なら、余分な皮脂だけを取り除き、頭皮を傷つけないケアを受けられます。
  
じっくりと回復に向けた取り組みをしたいなら、髪が生えやすい頭皮環境を重視した育毛専門サロンでのケアがおすすめです。
  

前髪だけの抜け毛でもケアは全体的に

抜け毛が前髪だけに集中していると、対策が必要なのは前髪の周囲だけだと思いがちです。
  
しかし、血行不良や栄養不足は1点に集中しているわけではないので、頭皮全体で考えて対策をしたほうがよいでしょう。
  
目の酷使や部分的な負担のかかり方以外は、前髪もほかの部分も抜け毛の原因は共通しています。
  
抜け毛対策は、即効性のあるものは根本的な解決ができない場合が多いので、じっくり時間をかけてでも、根本的な解決を目指して取り組むようにしましょう。
  

関連記事:「前髪の抜け毛はなぜ起きる?原因を知って対策に活かそう!
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」