薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

抜け毛 生え際

生え際の抜け毛を予防する!正しいシャンプーの方法とは

公開日: 2019年3月6日


  
ふと鏡を見た瞬間、生え際が上がっているように感じるなら、薄毛の症状が出ているのかもしれません。
  
薄毛の初期症状では、知らず知らずのうちに生え際が薄くなっている場合があります。
  
抜け毛の原因によって対策方法は変わりますが、どのような原因でも、頭皮環境を清潔に保つことは大切です。
  
健やかな頭皮を維持するには、自分に合ったシャンプーでしっかり洗髪する必要があります。
  
生え際の抜け毛を防ぐために、正しいシャンプーの選び方と洗髪方法について解説しましょう。
  
  

生え際が寂しくなってきた?薄毛の原因とは

生え際の抜け毛は、男性ホルモンの影響が大きいです。
  
テストステロンという男性ホルモンが、毛根周辺に存在する酵素の影響を受けると、ジヒドロテストステロンに変化します。
  
ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を邪魔するホルモンで、AGA(男性型脱毛症)の原因ともいわれています。
  
生え際は、ジヒドロテストステロンの濃度が特に高い場所です。
  
生え際の抜け毛が薄毛の初期症状でよく見られるのも、ジヒドロテストステロン濃度のせいです。
  
ジヒドロテストステロンの量は遺伝で決まっており、三親等内に薄毛の人がいると、自分も薄毛になる可能性が高くなります。
  
  
このほか、生え際の毛細血管が細く血行不良を起こしていたり、頭皮や髪の毛に汚れが溜まって頭皮環境が悪くなっていたりなどの原因が考えられます。
  
血行不良や頭皮環境の悪化は、正しいシャンプー選びと洗髪で改善できる点です。
  
少しでも多くの栄養分が毛根に届くよう、頭皮環境を高めるようにしましょう。
  
  

シャンプー前のブラッシング!きちんと行う方はどれくらい?


  
シャンプー前にブラッシングをすると、頭皮に刺激を与えず頭を洗えます。
  
そこで、薄毛対策に関心のある100名の男女を対象に、シャンプー前のブラッシングを実践している人がどのくらいいるのか、調査してみました。
  
  
【質問】
シャンプー前に髪をブラッシングしていますか?
  
【回答結果】
はい:44
いいえ:56
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年12月12日~2018年12月19日
有効回答数:100サンプル
  
  

したくても時間がない?ブラッシングはしていない人が多い

調査の結果、シャンプー前のブラッシングをしていない人のほうが、している人よりわずかに多いことがわかりました。
  
  
・つい、面倒くさくて忘れてしまいます。実際はシャンプー前に髪をブラッシングしておいたほうが、汚れやホコリをあらかじめ浮き出させることができるので、髪に良いのは知っているのですが…。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)
  
・特に理由はないです。ブラッシングする必要性を一度も感じたことがなかったため。むしろブラッシングしている人がいるんだと驚いたほどです。(30代/女性/個人事業主・フリーランス)
  
「ブラッシングをしていない」との回答では、ブラッシングの意味は知っているものの面倒くさいという人と、ブラッシングのメリットを知らなかったという人、やりたくても時間がない人の3通りに分かれました。
  
  
・テレビでブラッシングをすると頭皮にもいいし、汚れが落ちやすいと聞いてからブラッシングをするようにしています。(30代/女性/派遣社員)
  
ブラッシングを実践している人は、手間でも薄毛対策のためにがんばってやっているという人がほとんどでした。
  
  
シャンプー前のブラッシングは、髪の毛の汚れを浮き上がらせて、流しやすくする効果があります。
  
シャンプーは正しい手順で行うのが、大切なポイントと言えます。
  
  

まずは正しいシャンプー方法をチェック


  
正しいシャンプーの方法を、4つに分けて説明します。
  
1つ目は、髪が乾いている状態でのブラッシングです。
  
髪の毛のほつれやホコリを落とし、頭皮の汚れを浮かせる効果があります。
  
汚れが落ちやすくなるほか、ブラッシングの適度な刺激によって頭皮の血行も良くなります。
  
2つ目は、シャンプー前のすすぎ洗いです。
  
38~40度くらいのぬるま湯で、皮脂や汚れを取り除きましょう。
  
40度以上の高温だと、必要な潤いまで奪ってしまいます。
  
乾燥肌につながるため、注意しましょう。
  
  
3つ目は、シャンプーを使った洗髪方法です。
  
シャンプーは手のひらに取って泡立ててから、頭に乗せます。
  
指の腹で軽くマッサージをしながら洗うと、頭皮の血行が良くなります。
  
4つ目は、すすぎ洗いについてです。
  
ぬるま湯でシャンプーを丁寧に洗い流します。
  
シャンプーが頭皮や髪の毛に残らないように、3~5分ほどかけてしっかりすすぎましょう。
  
  

ここに注意!シャンプーをするときのポイント

夜お風呂に入れなかった、寝汗をかいたなどの理由で、朝にシャンプーをする人がいます。
  
実は、生え際の抜け毛予防には良くない習慣です。
  
皮脂を洗い流してからすぐに外出をしてしまうと、紫外線が頭皮に直接降り注ぎ、ダメージを受けやすくなります。
  
オールバックや分け目を強調する髪型の人は、皮脂が落ちきった生え際に直射日光があたるため、注意が必要です。
  
お風呂に入らず寝てしまうと、頭皮に残った汚れが毛穴に詰まり、髪の成長を邪魔してしまいます。
  
頭皮環境にとってあまり良い状態とは言えません。
  
また、洗髪時に爪を立てると、頭皮に傷が付いたり髪の毛が切れたりしやすくなります。
  
お風呂は夜に入って、時間的にも精神的にも余裕を持って洗髪しましょう。
  
  

頭皮&髪に合ったシャンプーを選ぼう

シャンプーは大きく3種類に分けられます。
  
石油系シャンプーは洗浄力が強く安価な反面、頭皮が乾燥しやすいのがデメリットです。
  
石鹸系シャンプーも洗浄力は高いですが、髪のパサツキや切れ毛が起こりやすく、見た目もガサガサしてしまいがちです。
  
一方、アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドで頭皮への負担が少ないため、生え際の薄毛に悩む人でも安心して使えます。
  
洗浄力が強すぎる、自分の頭皮環境と合っていないなど、シャンプー選びを間違えると頭皮トラブルを招きます。
  
肌荒れによるフケの大量発生や頭皮ニキビ、頭皮の乾燥によるかゆみや湿疹、皮脂の過剰分泌などにつながりますので、十分注意しましょう。
  
  

薄毛をケアするために!正しいシャンプー方法をマスター


  
生え際の抜け毛を解消するのに、シャンプー選びや洗髪方法は些細な点かもしれません。
  
しかし、毎日使うシャンプーだからこそ、頭皮に優しい製品を選びたいものです。
  
生え際の抜け毛を防ぐには、頭皮に負担をかけないシャンプー選びと洗髪方法がポイントです。
  
シャンプーの種類を変えるだけでも、頭皮の状態は変わってきます。
  
抜け毛に悩んでいる人は、生え際が完全に薄くなってしまう前に、使っているシャンプーや洗髪方法を見直してみましょう。
  
関連記事:「生え際からなぜ抜け毛が生じるの?
  
育毛“無料体験”が試せる育毛専門サロンのメールカウンセリング

抜け毛 生え際

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。