薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > 抜け毛 > シャンプー中の抜け毛・薄毛対策!正しい洗い方や頻度などを解説

シャンプー中の抜け毛・薄毛対策!正しい洗い方や頻度などを解説

公開日: 2017年8月25日

シャンプー中の抜け毛・薄毛対策には、シャンプーをする時間帯や髪の乾かし方、髪を洗う頻度なども関係していると考えられます。
そこで、抜け毛や薄毛とシャンプーとの関係、正しいシャンプーの方法について詳しく解説します。

シャンプー中の抜け毛の量について調査

まずは、シャンプーをしている最中の抜け毛の量をどのように感じている人が多いのか調べてみました。

【質問】
シャンプー中の抜け毛の量が多いと感じますか?

【回答結果】
はい:169名
いいえ:47名

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年2月23日~2017年2月24日
有効回答数:216サンプル

抜け毛が多いと感じている人が約8割

今回のアンケートでは、シャンプー中の抜け毛が多いと感じている人が全体の約8割を占めました。

・シャンプー後に風呂の排水溝のネットに抜け毛が溜まっているからです。(40代/自営業(個人事業主)/男性)
・洗っている指に沢山髪の毛がついてくるのでとても気になります。排水口の髪の毛の塊がほとんど自分のものなので。(20代/会社員/女性)
・毎日洗髪し、頭皮まで洗うようにしていると、指に数十本抜け毛がからみついているから。(30代/無職/男性)

コメントの内容から、ほとんどの人が、自分の手に絡みついてくる毛の本数や排水溝に溜まっている毛の量を見て多いと感じていることがわかります。具体的に何本抜けているから多いという基準があるわけではなく、シャンプー中は目で抜け毛の量を確認できるため、多いと感じている様子がうかがえます。一方、抜け毛の量が多いとは感じていない人のコメントは次の通りです。

・むしろシャンプー後のブラッシング時の抜け毛のほうが多いと思う。(30代/専業主婦・主夫/女性)
・目をつむってシャンプーをしているので見えない。また排水溝は見たくない。(40代/会社員/男性)
・それよりも朝起きた時に枕についている毛のほうが多い。(20代/会社員/女性)

シャンプー中の抜け毛が多いと感じていないと答えた人は、シャンプー中の抜け毛が少ないのではなく、他のタイミングで抜け毛が多いと感じているようです。あえてシャンプー中の抜け毛は気にしないようにしているという声もあり、決してシャンプー中の抜け毛が少ないわけではないことがうかがえます。

アンケートでは「いいえ」と答えた人は少数派でしたが、その内容から実はシャンプー中の抜け毛が多い人は少なくなさそうな印象も受けます。では、この点も踏まえてシャンプーと抜け毛の関係について詳しく見ていきましょう。

シャンプーと抜け毛

シャンプー中にある程度の抜け毛があることは正常です。

髪の毛には生え変わりのサイクルがあり、抜ける時期の毛は自然に抜け落ちるからです。

シャンプーで頭皮をマッサージすると、抜ける時期の毛が抜けやすくなり、シャンプーを流すときに一緒に抜け落ちてくることは十分考えられます。

正常な状態でも1日に50本から100本の抜け毛があり、そのうちの約50%がシャンプーのときに抜けると言われています。

ですから、100本抜けるとしたら、シャンプーのときに50本くらい抜けることになります。

長い髪の毛が70本も抜けたら、排水溝に溜まったのを見たらかなり多いと感じるかもしれません。

もちろん、この数は平均的な数で個人差があります。

50本抜けるのが正常な人なら、50%は25本ですから、50本も抜けたら2倍も抜けていることになり、異常な数ということになります。

これまでは少なかったのに、急に増えたと感じたら、やはり薄毛に繋がる異常な抜け毛の可能性はあります。

シャンプー中に手に絡みつく髪の毛の量や排水溝に溜まる髪の毛の量が目立って増えた場合には異常を疑ったほうがよいかもしれません。

抜け毛を予防するシャンプーに必要なこと

シャンプーをする時間帯や乾かし方などを工夫するのも抜け毛予防になります。

たとえば、朝の慌ただしい時間にシャンプーをしていると、洗い方が雑になりやすく、すすぎも十分にできずに終わってしまうこともあります。

十分に乾ききる前に出かけるということもあるため、朝シャンは抜け毛を引き起こしやすいと言われています。

時間がない朝にシャンプーをするのはやめ、夜の入浴時にシャンプーするようにするだけでも抜け毛が減ることがあります。

もちろん、丁寧に洗髪してしっかりすすぎ、十分に乾かすことが前提です。

また、シャンプーの頻度を変えるというのも抜け毛を防ぐひとつの方法として有効です。

どうしても頭皮を清潔にするということを重視しすぎると、頻繁にシャンプーすることになってしまいます。

汚れを取るなら、ブラシなどでほこりを浮かせた後、シャンプー剤を使わずお湯で流すだけの湯シャンを取り入れてみるのもよいでしょう。

頭皮に負担のかかるシャンプーのやり方を見直すのと同時に、シャンプーの回数やシャンプーするタイミングも見直してみると抜け毛の量を減らすことに繋がります。

正しいシャンプー方法とは

シャンプーの際の抜け毛を防ぐためには、ゴシゴシとこすらなくても余分な皮脂や汚れが落ちやすくなるように、前もって工夫しておくことが大事です。

髪を濡らす前にブラッシングしておくこともそのための工夫です。

ブラシをかけるとかえって抜け毛が増えるような気がするというのであれば、それは力を入れて無理やり髪のもつれを取り除いているせいかもしれません。

ブラシを無理やり通そうとはせず、少しずつ動かして絡んでいる部分をほどいていくようにブラッシングするのがコツです。

そうすることで表面に皮脂や汚れが浮き上がってくるため、お湯をかけただけでも汚れが落ちやすくなります。

シャンプー剤を付ける前には頭皮までしっかり濡らしておくようにします。

お湯はぬるめの温度設定がポイントです。

シャンプーは直接髪の毛に付けることはせず、先に手に取ってしっかり泡立ててから髪全体に広げていきましょう。

そして、シャンプーは髪の毛を洗うのではなく頭皮を揉み洗いするように行うのが大事なポイントです。

すすぎは頭皮にシャンプー剤が残らにように十分に行うようにします。

抜け毛を防ぐためにはしっかり乾かすことも大事で、自然乾燥させると頭皮からも髪の毛からも必要な水分が蒸発してしまうため要注意です。

タオルで水分を拭きとった後、ドライヤーを使って根元から乾かします。

まとめ

シャンプー中の抜け毛は、ある程度の本数まではあって当たり前です。

しかし、異常に多いと感じたら放置せずにすぐにでも対策を取るようにしましょう。

シャンプーのやり方だけでなく、シャンプーをする時間帯や頻度なども見直してみる必要があるかもしれません。

自分のシャンプーのやり方のどこが間違っているかがよくわからない場合には、専門サロンに相談してみるという手もあります。

シャンプーに限らず抜け毛ケア全般についてアドバイスしてもらえます。
関連記事:「シャンプー中の抜け毛が気になる!原因と予防策を紹介

育毛“無料体験”が試せる育毛専門サロンのメールカウンセリング