薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛を促進させる原因!ストレスと抜け毛

公開日: 2017年8月25日

日頃薄毛が気になっている人にとって、自分は何が原因で薄毛になっていて、どんなことをすると薄毛が進行してしまうのかということは、とても気になる点かもしれません。抜け毛や薄毛の原因と言われているものにはさまざまなものがあるため、複数の原因が絡んで薄毛になっている可能性もあるからです。そんななか、男女問わず抜け毛の原因となりやすいのがストレスです。ストレスには精神的なものもあれば肉体的なものもあり、本人が自覚をしていなくてもストレスがかかっている場合もあります。ですから、ストレスが原因で薄毛になっていてもそのことに気付いていないケースもあります。ここではストレスと抜け毛の関係やストレス性の抜け毛の対策について解説します。

ストレスを感じる瞬間について意見を調査

まずは、ストレスと抜け毛の関係について解説する前に、一般の人がどんなときにストレスを感じるのかを調べてみました。

人間関係と仕事と睡眠不足はストレスになりやすい

・仕事が忙しくて、十分な休養が取れないとき。とくに、私の仕事はサービス業なのだが、忙しいうえに周りに気を遣わないといけないとき。(40代/その他専門職/女性)
・プレッシャーを感じる仕事の案件が続いた時や、家族の問題で悩んでいる時にストレスを感じます。(40代/会社員/男性)
・子供が言うことを聞いてくれないときを始め、睡眠時間がなかなか取れないときや自分の時間が全く取れないときにストレスを感じます。(30代/専業主婦・主夫/女性)
・職務上の人間関係や、自宅に帰ってからの妻や子供にストレスを感じることが多い。(20代/会社員/男性)
・通勤時の満員電車、仕事の内容、気の合わない人との交流でストレスを感じます。(40代/契約・派遣社員/女性)
・夜、なかなか寝付けなかった時です。(40代/会社員/男性)

【質問】
どのようなときにストレスを感じるか教えてください。

【回答結果】
フリー回答

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年2月21日~2017年2月22日
有効回答数:220サンプル

今回のアンケートでは、仕事と人間関係をストレスの原因として挙げる人がほとんどでした。やはり、職場で働いている人も、家で家事をしている人も仕事がうまくいかないとストレスが溜まるようです。また、人間関係のストレスは職場や外部の人に対して感じるだけでなく、家族など身近な人に対しても感じることも多いようで、ストレスのない場面の方が少ないことがうかがえます。睡眠が取れないときにストレスを感じるという声も多かったことから、日常生活をするうえで、ストレスを感じずに過ごしている人などいないように思われました。ここからは誰もが感じる可能性のあるストレスと抜け毛の関係性について解説していきます。

増えたかも… 抜け毛の原因はストレス?

抜け毛の原因のひとつにストレスがあります。
  
ストレスというと、精神的に追い詰められた状況を思い浮かべるかもしれませんが、普段の生活の中にもストレスを感じる場面がたくさんあります。
  
たとえば、少し太って洋服がきつくなったとか、ダイエットのために間食を我慢したとか、花粉症になって鼻水が止まらなくなったとか、そういうときに感じる嫌な気持ちもストレスのもとです。
  
ですから、日常生活の中には受け止め方によってはストレスになってしまうものがたくさんあります。
  
家族と接することすらストレスに感じる人もいるのですから、ストレスが抜け毛の原因になると困るという人もかなりいることでしょう。
  
しかし、残念ながら、ストレスは抜け毛の原因になり得ます。
  
理由は、ストレスを受けると、身体の中にある亜鉛が消費されてしまうためです。
  
亜鉛はケラチンという髪の毛に必要なタンパク質を合成するために欠かせない物質です。
  
しかし、亜鉛は脳の神経伝達を円滑にして、心身を安定させる働きをする物質でもあります。
  
亜鉛は人間の体内では合成されないうえに、吸収もされにくい物質のため、体内にもともとある量が不足している場合もあります。
  
それなのに、人間は精神的または肉体的なストレスを感じると、ストレス状態から解放されるために亜鉛を多く消費します。
  
髪の毛の合成とストレスの解消では、どちらが生命活動のために重要かというとストレスの解消です。
  
そのため、優先的にストレスの解消に亜鉛が使われてしまいます。
  
その結果、太く健康な髪の毛を作るために欠かせない亜鉛が不足し、抜け毛が起こりやすくなるのです。
  
実は、髪の毛の合成に欠かせないビタミンCも同じような原因でストレスがかかると優先的に消費され、不足してしまいます。
  
ストレスがかかると、髪の毛の生育に必要な栄養素が不足するため、抜け毛が増えてしまうわけです。
  

詳しくは、「薄くなってきた?!その抜け毛の原因はストレスかも」をご参照ください。
  

ストレスで抜け毛が増える!ホルモンバランスの乱れと影響

ストレスがかかると抜け毛が増える理由はもうひとつあります。
  
ホルモンバランスの乱れです。
  
抜け毛に直接的に関わるホルモンバランスというと、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスですが、最初に乱れるのは脳内で分泌される神経伝達物質のバランスです。
  
脳内の神経伝達物質のうち、セロトニン、ドーパミン、アドレナリンは三大神経伝達物質と呼ばれており、そのバランスによって、人間の感情や感覚がコントロールされています。
  
脳内にセロトニンの分泌量が多いときは幸福を感じ、精神が安定するため、セロトニンは幸せホルモンという別名でも呼ばれます。
  
それに対して、ドーパミンはワクワク感や冒険心を刺激する物質で、仕事などのやる気も左右します。
  
ギャンブルなどをするときの射幸心にも関係する物質で、快楽ホルモンという別名があります。
  
アドレナリンは、興奮すると分泌量が増える物質で、闘争ホルモンという別名でも呼ばれます。
  
幸福を感じているときには分泌されない物質で、イライラして攻撃的になっているときに分泌されるのが特徴です。
  
ですから、ストレスがかかると、脳内ではセロトニンの分泌量が減り、アドレナリンの分泌量が増えます。
  
実は、この脳内の神経伝達物質は、性ホルモンと密接な関係があって、セロトニンは女性ホルモン、ドーパミンやアドレナリンは男性ホルモンの分泌量を増やします。
  
もともと原始的な男女の役割として、男性を外で戦うのに適したように成長させるため、闘争心を養い、仕事に対するやる気も発揮できるようにドーパミンやアドレナリンと男性ホルモンが強く結びついたと考えられています。
  
ストレスを感じると、最終的に男性ホルモンの分泌が増え、正常な状態よりも男性ホルモンが優位な状態になります。
  
男性ホルモンは毛髪の成長を阻害するように働くため、ストレスによって抜け毛が増えるというわけです。
  

詳しくは、「ストレスで増える抜け毛!ホルモンバランスの乱れに注意」をご参照ください。
  

ストレス性の抜け毛!回復方法とは

ストレス性の抜け毛の場合、ストレスを感じなくなると回復する可能性があります。
  
ストレスがかからなくなれば、基本的に髪の成長を阻害している要因がなくなるからです。
  
とはいえ、日常的に顔を合わせる職場の人間関係や、家庭での人間関係がストレスになっている場合は、そのストレス自体を取り除くのは難しいでしょう。
  
しかし、それでもストレスを軽減することは不可能ではありません。
  
わかりやすく言うなら、ストレスを溜め込む入れ物がいっぱいになったときに抜け毛が発症しているとしたら、入れ物がいっぱいにならないように工夫すればよいということです。
  
同じストレスでも重く受け止めなければ、入れ物の埋まり方は少なくなります。
  
また、途中で入れ物の中身を少しずつ外に放出して行けば、中身はいっぱいにならずに済みます。
  
つまり、ストレスに対する耐性を身に付けつつ、上手な解消の仕方も身に付けると抜け毛も回復に近づくということです。
  
ストレスに対する耐性を身に付けるというのは、何もストレスを感じても我慢して受け続けられるようになろうというのではありません。
  
受け止め方を少し変えるという方法です。
  
人間関係がストレスになっているのであれば、相手の嫌な部分だけでなく、よい部分も見られるようにしたり、相手の立場で考えたりと見方を少し変えるということです。
  
ストレスの上手な解消方法としては、自分自身が楽しいと感じられる趣味を持ったり、リラックスできる時間を持ったりすることが手軽で効果的かもしれません。
  
セロトニンが分泌されるようなリラックスできることを見つけて生活に取り入れるようにしましょう。
  

詳しくは、「その抜け毛、ストレスが原因かも!回復方法が知りたい」をご参照ください。
  

まとめ

これまでの話で、抜け毛とストレスが密接に関わっていることがよくわかったのではないでしょうか。
  
ストレスのもとは日常生活の中に溢れていて、現代社会に生きているとなかなか避けられるものではありません。
  
しかし、同じことでもストレスと感じる人がいる一方で、全くストレスとは感じない人もいます。
  
ストレスが抜け毛に大きく関係している以上、同じ物事を重く受け止めてストレスを溜め込んでいたのでは損をすることになってしまいます。
  
ストレスは受け止め方ひとつでも影響を大きくも小さくもできます。
  
上手に解消すれば身体に影響が出る手前で止めることもできます。
  
しかも、ストレス性の抜け毛の場合、回復の余地もあります。
  
ですから、かかるストレスをできるだけ軽くできる方法を考えてみましょう。
  
ストレスによって消費されてしまう亜鉛は、不足するとますますイライラした気分を呼び起こしてしまいます。
  
亜鉛不足でイライラを感じているときは、亜鉛を多く含む食事を心がけたり、亜鉛のサプリメントを摂ったりするのも回復の助けになります。
  
もしも自分だけではストレス性の抜け毛の対処法がよくわからないというときには、専門サロンに協力を求めてみると楽に解決できるかもしれません。
  

育毛“無料体験”が試せる育毛専門サロンのメールカウンセリング

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。