薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

女性 生え際 薄毛

薄い生え際が気になる!女性の薄毛を対策する方法とは

公開日: 2019年3月6日


仕事に家事にプライベートに、日々を忙しく過ごす女性は多いものです。
  
同時に、薄い生え際に悩む人も増えています。
  
薄毛というと男性特有の悩みにも思えますが、だからこそ、生え際に関する悩みは相談しにくいのではないでしょうか。
  
なぜ、生え際は薄くなってしまうのでしょうか。
  
今回は、生え際が薄くなってしまう女性特有の原因や、日々の対策方法などを紹介します。
  
間違った毛髪・育毛ケアは、薄い生え際を助長するおそれもありますので、正しい知識を身に付けましょう。
  
  

女性の生え際が薄くなる原因とは

薄い生え際になってしまう主な原因は2つあります。
  
1つ目は、頭皮の血行不良です。
  
髪の毛は、毛細血管から運ばれた栄養分を原料としています。
  
頭皮が血行不良になると血流が悪くなり、必要な栄養分が毛根まで行き渡りません。
  
毛根が栄養不足になれば、ハリやコシのある健康的な髪の毛が作れなくなります。
  
頭皮が血行不良に陥る原因は、頭皮の乾燥や目の疲れ、肩や首のコリなどです。
  
スマートフォンやパソコンの長時間利用がコリや疲れにつながりますので、注意しましょう。
  
  
2つ目の原因は、ホルモンバランスの乱れです。
  
髪の成長は、女性ホルモンが大きく関わっています。
  
女性ホルモンが減少すると、髪の毛が細くなる、抜け毛が増える、薄毛が進行するなどの頭髪トラブルがおきやすくなります。
  
個人差はありますが、女性ホルモンの分泌量は30歳がピークです。
  
40歳前後から50代にかけて急激に減っていくため、年齢を重ねるほど薄い生え際に悩みやすくなります。
  
  

ヘアスタイルチェンジは髪に負担がかかる!皆さんのコメントをご紹介


  
多くの女性はオシャレが大好きです。
  
しかし、カラーやパーマは髪に負担をかけるといわれています。
  
実際、髪の毛や頭皮にダメージがあると感じている女性はどのくらいいるのでしょうか。
  
  
【質問】
ヘアアレンジやカラー・パーマによって髪や頭皮にダメージが蓄積したと感じたことはありますか?
  
【回答結果】
はい:125
いいえ:13
  
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性
調査期間:2018年12月12日~2018年12月19日
有効回答数:138サンプル
  
  

髪のオシャレと引き換えに?多くの女性がダメージを受けている!

  
アンケートの結果、なんと9割もの女性がヘアアレンジによってダメージを受けた経験があると回答しました。
  
  
・若い頃は、色々な髪を試してみたくて、明るい色に染めたりパーマをかけたりを繰り返していた。そのせいか、早くから白髪になったり、くせ毛がひどくなったりしたように感じる。(40代/女性/専業主婦(主夫))
  
・学生の頃にパーマとカラーを何度も繰り返し利用してきたので髪が完全に死んでいます。毛先が広がり、髪が切れることが多いです。(20代/女性/派遣社員)
  
「はい」と回答した人の多くは、パーマやカラーを繰り返しているようです。
  
  
・若い頃からカラーもパーマもしているけれども、それによってということはない。老化だと思っている。(50代/女性/専業主婦(主夫))
  
「いいえ」の回答では、パーマやカラーをしてもダメージは感じない、もしくはあまりパーマをかけないので傷んでいないという人の2パターンに分かれました。
  
  
髪の毛のオシャレは見た目や雰囲気が変わるので楽しいものです。
  
しかし、髪や頭皮にダメージを与える場合もあるようです。
  
  

女性の頭皮&髪にはダメージが蓄積しやすい

ショートからロングまで、さまざまな髪型の女性がいます。
  
一般的に、男性よりもパーマやカラーをする人が多く、さまざまなヘアアレンジを楽しむ傾向が強いです。
  
ただ、パーマ液やカラーは頭皮や髪への刺激が強く、ヘアアレンジではゴムできつく結ぶと髪の毛が引っ張られてしまいます。
  
髪のおしゃれは、髪の毛、毛根、頭皮などに与える負担も大きくなりがちです。
  
ポニーテールやアップスタイルはキュートな髪型として人気ですが、毛流れに逆らってアレンジをするため、生え際が薄くなる原因にもなります。
  
ゴムではなくバレッタを使う、結び方を変えてみるなどの工夫をして、髪に負担のかからないアレンジを試してみましょう。
  
  

毎日のシャンプータイム!汚れを取り除いて健やかな頭皮に


  
パーマやアレンジした髪型をキープするため、ヘアスプレーや整髪料を使う女性は多いです。
  
ただ、整髪料が頭皮に付着したまま残ってしまうと、頭皮の荒れや毛穴詰まりにつながります。
  
頭皮と髪の潤いを守るためにも、自分に合ったシャンプーで正しく洗うようにしましょう。
  
お風呂に入る前は、ブラッシングをして髪のもつれや付着しているホコリを取り除きます。
  
お湯の温度は、38~40度くらいが適温です。
  
それ以上の高温になると、頭皮の潤いを取りすぎてしまうので注意しましょう。
  
髪を流すのと同時に首元も温めると、血行促進につながります。
  
  
シャンプーはしっかり泡立ててから頭皮の上に乗せて、髪の生え際、頭頂部、側頭部、後頭部、襟足、首筋を丁寧に洗いましょう。
  
ぬるま湯でシャンプーを流したら、頭皮に付けないようにリンスを髪になじませます。
  
最後にぬるま湯で丁寧にすすいだら完了です。
  
  

いつもの頭皮ケアに育毛剤をプラス

ヘアアレンジや洗髪に気を配ってもなお、薄い生え際が気になるようなら、育毛剤でケアをするのもひとつの方法です。
  
育毛剤は、健康な髪を育てるために頭皮環境を整えてくれるアイテムです。
  
配合されているのは血行を良くする成分が多く、髪に栄養分が行き渡りやすくなります。
  
一口に育毛剤と言っても、その種類は多彩です。
  
メーカーによって、毛髪・育毛ケアに対するアプローチが異なり、商品ごとの効能が違います。
  
気になる商品があれば、効能をチェックして試してみましょう。
  
女性用の育毛剤は、女性ホルモンと似た成分が配合されている場合が多く、頭皮環境を高めてくれます。
  
男性用の育毛剤もありますが、なりやすい頭皮トラブルは男女によって差があります。
  
男性用は刺激が強い場合もあるため、必ず女性用の育毛剤を使用するようにしましょう。
  
  

髪は女の命!毎日のケアで美しい生え際を取り戻す


  
カラーやパーマ、ヘアアレンジなど、オシャレを存分に楽しみながらも美しい生え際を守りたいのが女心です。
  
だからこそ、育毛に関する正しい知識と毎日のケアが重要です。
  
育毛ケアを始めても、最初のうちはなかなか改善されないかもしれません。
  
しかし、毎日ケアをすることで、その後の生え際の状態が大きく変わっていきます。
  
自分でケアをするのが大変だと思う人は、育毛サロンを利用するのもおすすめです。
  
さまざまな女性の頭皮を見てきた専門家が、プロの目線でしっかりお手入れしてくれるでしょう。
  
関連記事:「生え際が薄いのは要注意?
  
育毛“無料体験”が試せる育毛専門サロンのメールカウンセリング

女性 生え際 薄毛

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。