薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

前髪 薄毛

前髪が薄いと悩む人必見!今すぐ見た目を変える方法

公開日: 2019年3月6日


前髪の薄毛は自分でも症状に気づきやすいものです。
  
鏡を見ればすぐに薄い部分が目につくことから、つい必要以上に気になってしまうという人も多いのではないでしょうか。
  
  
しかし、前髪が薄いからといって見た目を気にしすぎることは、本人にとっては大きなストレスになります。
  
精神的に落ち込まないためにも、気にしないで過ごせればそれがベストですよね。
  
前髪の薄さは、髪型やセットの工夫で目立ちにくくすることができます。
  
薄毛を自然にカバーし、なおかつおしゃれに見せることも可能です。
  
  

前髪が薄い男性がおしゃれに見える髪型とは?


  
男性の場合、男性ホルモンの影響で前髪部分が薄毛になりがちです。
  
抜け毛が増え、徐々に髪の毛が薄くなって地肌が見えるようになってきます。
  
男性の前髪の薄毛には、前髪が全体的に薄くなっていくタイプと、生え際が後退するタイプの2通りのパターンがあります。
  
前髪が全体的に薄くなるタイプでは前髪の量が減り、徐々に頭頂部のほうに薄毛の部分が広がってきます。
  
一方、生え際が後退するタイプでは、生え際がM字の形に後退していくため、特にこめかみの上あたりが気になりやすいです。
  
人によっては症状が進んだ場合でも、前髪の一部が残る場合もあります。
  
  
いずれのパターンの場合も、前髪が薄いと感じさせないためには全体のボリューム感を抑えることがポイントになります。
  
残っている前髪で薄毛の部分を隠そうとすると、かえって不自然な印象になってしまうので、基本的に前髪の薄さはあえてそのままにしておくのがおすすめ。
  
わざわざ薄毛の部分を隠さなくても、薄い前髪に合わせてサイドや襟足を短くすれば薄さが気にならなくなります。
  
そういった意味で、まずおすすめしたいのが髪を全体的に短くカットしてしまうことです。
  
スポーツ刈りや坊主と行った髪型が当てはまります。
  
すべての髪の毛を短くするので、前髪以外の薄毛が気になるという人にも対応できます。
  
  
頭頂部に髪の毛が多く残っている人であれば、ソフトモヒカンやクールツーブロックもよいでしょう。
  
サイドと襟足をすっきりさせ、トップにボリュームを出すことで前髪の薄さをうまくカバーできます。
  
清潔感があり、仕上げ方によってはスーツにも合わせやすいスタイルなので、ビジネスマンにもおすすめです。
  
  
額を出す髪型は苦手という人であれば、トップの毛を長めに残して段差をつけてカットしたショートレイヤーが向いています。
  
レイヤーをつけることで髪に動きが生まれ、前髪の生え際が気になりづらいです。
  
ただ、ショートレイヤーは前髪にある程度の長さが必要な髪型です。
  
そのため、比較的前髪の量が残っている人向きと言えます。
  
詳しくは、「前髪が薄いのも魅力的!かっこよく見える男の髪型は? 」をご参照ください。
  
  

薄い前髪でも工夫次第でかっこよくスタイリングが決まる

前髪が薄いことがネックとなり、普段のスタイリングで苦労している人は男女ともに珍しくありません。
  
しかし、前髪が薄いからといって、スタイリングそのものが無理になってしまうというわけではありません。
  
前髪の薄さが原因でヘアスタイルが決まらないのは、今の自分の状態に合った髪型を選んでいないため。
  
髪型の選び方を変えるだけで、いつものスタイリングが劇的に楽になる可能性があります。
  
また、前髪の作り方によっては、ナチュラルに前髪の薄さをカバーすることも可能です。
  
  
前髪が薄いと感じさせないコツは、あくまでも自然な印象を大切にすることです。
  
セットで薄毛を目立たなくすると言っても、不自然な流し方をすると薄毛が目立ってしまいます。
  
実は、薄い部分を無理に隠そうとするよりも、思い切って額を出したり、髪の薄さをそのまま活かしたりしたほうが薄さは気になりづらいのです。
  
  
たとえば、男性であれば全体的に髪を短くし、額を見せるのがおすすめ。
  
前髪のボリューム感を抑えることで薄毛が目立ちにくくなりますし、毎朝のセットも楽になります。
  
女性の場合はショートカットにするほか、ほかの部分の髪の毛で薄い部分をカバーするというテクニックも使えます。
  
また、ゆるやかなパーマなどでボリュームを出した髪型もおすすめです。
  
髪の量が少なくて困っているという人なら、その薄さを逆手に取ってシースルーバングにするという方法もあります。
  
  
前髪の薄毛を目立たせない髪型には、さまざまなバリエーションが考えられます。
  
前髪の薄い部分が気になっている人は、髪をカットしてもらうときに美容師に相談してみましょう。
  
前髪の薄さをうまく隠せるような髪型をいろいろと提案してもらえるはずです。
  
さらに、自分でも楽にセットできるようにカットしてもらえれば、毎日のスタイリングにかかる手間や時間を大幅に省くことができます。
  
  
前髪が薄いからといって、おしゃれなヘアスタイルを諦める必要はありません。
  
工夫次第でいくらでも気になる部分をカバーできますよ。
  
詳しくは、「前髪が薄いならセットでフォロー!男女別おすすめの対処法」をご参照ください。
  
  

前髪の両サイドの薄い位置は男女で違う?


  
前髪の両サイドが薄い」と悩んでいる人は性別に関係なくたくさんいます。
  
ただ、前髪の両サイドといっても、男性と女性では気になる箇所が微妙に異なる傾向があるようです。
  
  
こうした現象が起きるのは、男性と女性で薄毛の原因や症状の現れ方に違いがあるためです。
  
  
男性の場合、前髪の薄毛は男性ホルモンの影響によるものが大半を占めます。
  
このタイプの薄毛では前髪の生え際がM字の形に後退していくケースが多いため、脱毛の症状が特に進みやすいこめかみの上あたりの部分が気になりやすいのです。
  
男性の薄毛は男性ホルモンから作られるDHTといわれる物質が原因で発生します。
  
そのため、実際のケアにおいては、DHTが作られるのを阻害するようなアプローチがとられる場合が多いです。
  
  
一方、女性の場合、一部分の髪の毛が集中的に抜けるというよりは、頭部全体の髪の毛が全体的に薄くなっていくパターンが多いといわれています。
  
そのため、前髪部分だけでなく、こめかみから耳にかけての側頭部の薄さに悩む人が多いようです。
  
女性の薄毛の原因は男性よりも複雑で、原因をひとつに絞り込むのは難しいところがあります。
  
ストレスやホルモンバランスの乱れ、無理なダイエットなど人によってさまざまな原因が考えられるからです。
  
したがって、女性の薄毛対策を考えるためには、まずは薄毛になっている原因を突き止めることが重要となります。
  
  
このように、男性と女性とでは同じ前髪が薄いという症状を抱えていても、原因や症状の現れ方が異なります。
  
これから薄毛のケアを始めるのであれば、両者の違いをきちんと理解しておく必要があるでしょう。
  
ただ、男女に共通して言えることは、薄毛の症状悪化を防ぐためには、頭皮環境の改善が不可欠だということです。
  
髪の土台となる頭皮が不健康な状態だと、抜け毛増加の原因となります。
  
規則正しい生活や正しい頭皮ケアなど頭皮に優しい習慣を取り入れ、頭皮のコンディションを整えていきましょう。
  
詳しくは、「前髪の両サイドが薄い!男女で異なる原因と対策 」をご参照ください。
  
  

前髪の薄毛はどうやって対処する?

前髪の薄毛が気になる場合の対処法にはさまざまなものがあります。
  
それでは、実際に前髪の薄さに悩んでいる人たちは具体的にどのような工夫をしているのでしょうか。
  
前髪の薄さに悩んでいる人に聞きました。
  

見た目が気になるなら隠すのもあり

  
・前髪を多く作ります。サイドの髪をなるべく前にもってくるように努力しています。あとは前髪を少し長めにしてアイロンでカールをしてボリュームを出しています(48歳/女性/パート・アルバイト)
  
・前髪の薄さが目立たないように、全体的に短髪にします。(41歳/男性/正社員)
  
・頭皮マッサージをしたり、脂っこい食べ物に気を付けたりしてまずは生活習慣を見直すと思う。(32歳/女性/専業主婦(主夫))
  
・頭皮マッサージをするほか、育毛剤を買います。(26歳/男性/無職)
  
・前髪を前に垂らして、できるだけ長く見せます。帽子でかくしたりもします。でもシャンプーやマッサージ・育毛剤でケアすることも大切だと思う。(58歳/女性/正社員)
  
・初期の段階だと、髪型でまずごまかします。症状が進んでくると、思い切って、髪の毛を短く切ります。育毛など、お金がかかりそうな手段はとらないと思います。(50歳/男性/経営者)
  
  
【質問】
前髪が薄いと感じたらどんな対策をしますか?
  
【回答結果】
フリー回答
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年12月25日~2019年01月07日
有効回答数:100サンプル
  
  
育毛ケアと一緒に、前髪が目立たないようにスタイリングや髪型を工夫すると答えた人も多いのが印象的でした。
  
根本的に薄毛をケアするなら育毛ケアは不可欠ですが、徐々に薄毛の原因に働きかけるものなので即効性はあまり期待できません。
  
とりあえず、応急処置的に見た目の印象を変えたいのであれば、髪型や小物を使って隠すのもありかもしれませんね。
  
  

状況に応じた対策を考えるのがポイント


  
前髪が薄いときの対処法は、大きく分けて2つあります。
  
1つは薄毛そのものの改善を目指す方法、もう1つは薄い部分をうまくカバーする方法です。
  
前髪の薄毛のなかには、男性に多く見られるタイプの薄毛のように、放っておくとどんどん症状が進んでいってしまうものもあります。
  
症状悪化を防ぐためにも、薄毛の原因に合わせた根本的なアプローチは不可欠です。
  
ただ、根本的に薄毛の原因に働きかける方法は、効果が実感できるまでに時間がかかります。
  
「見た目が気になる」という人は、ストレスを減らすために薄毛を隠す方法も合わせて取り入れるとよいでしょう。
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

前髪 薄毛

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。