薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

ワックスによる髪へのダメージ!影響はどの程度ある?

公開日: 2018年12月27日


  
髪のスタイリングがうまく決まらないと感じるときは、髪や頭皮の状態をチェックしてみましょう。
  
もしかしたら、髪にハリやコシがなく、頭皮も荒れ気味になっているかもしれません。
  
このような状態で無理にスタイリングを決めようとしてワックスをたっぷりつけてしまうと、髪や頭皮に負担がかかってしまいます。
  
髪の健康を考えるのなら、ワックスの使い方にも気を配ることが大事です。
  
この記事では、ワックスが髪や頭皮に与える影響と、ダメージの少ない使い方について解説します。
  

そもそもダメージを与えるものなの?ワックスが髪に与える影響

ワックスが髪によくないといわれる理由は主に3つあります。
  
界面活性剤が含まれていることと、粘性があること、毎回シャンプーで落とさなければならないことの3点です。
  
界面活性剤は、シャンプーや化粧品にも含まれている成分で、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分を持つ物質全体を指します。
  
界面活性剤には、たんぱく質を分解する働きもあるため、髪の毛の主成分であるたんぱく質のケラチンが分解されてしまうと思われているのです。
  
しかし、界面活性剤の働きは幅が広く種類もたくさんあります。
  
髪に付いたワックスが直ちにたんぱく質を溶かしてしまうというわけではありません。
  

また、ワックスは粘性が高いので、頭皮に直接付いてしまうと毛穴を塞ぎやすいうえに、ホコリなどの異物を吸着しやすくなる点も心配な理由とされています。
  
頭皮にホコリや汚れが付くと毛穴をふさぐ心配があり、アレルギーや皮膚炎なども起こしやすくなるからです。
  
頭皮にトラブルが起こると、結果として髪が抜けやすく、新しい毛が育ちにくくなるので、薄毛に影響するといわれています。
  

さらに、ワックスを付けたら毎回シャンプーで洗い落とさなければなりません。
  
ワックスを残さないようにしっかり洗おうとするとシャンプーの量が増えやすく、ごしごし洗うと頭皮を傷つけやすいという点が問題視されています。
  

整髪料による髪へのダメージ!ヘアワックスのイメージは?


  
では、実際に髪への影響をどれくらいの人が感じているのでしょうか。
  
ヘアワックスが髪にダメージを与えるというイメージをどれくらいの人が持っているのか、アンケートを取って調べてみました。
  
  
【質問】
ヘアワックスが髪の健康に良くないというイメージはありますか?
  
【回答結果】
ある : 61
ない : 39
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年11月01日~2018年11月08日
有効回答数:100サンプル
  
  

悪いイメージを持っている人が約6割


今回のアンケートでは、良くないイメージがあると回答した人が100人中61人という結果でした。
  
  
・ヘアワックスを付けたまま寝てしまうと、ワックス成分がそのまま髪の毛に残ってしまい、汚れているのと同じことだと思う。ワックスは髪の毛を薬でコーティングしているイメージがある(40代/無職/男性)
  
・髪を洗う時になかなかヘアワックスが落ちないことがあるので、髪に負担がかかっていると思います(30代/パート・アルバイト/女性)
  
・ワックスは毛穴をふさいでしまい、頭皮にダメージを与えると聞いたことがあるから(20代/学生/男性)
  
良くないイメージがあると回答した人のコメントを見ると、ヘアワックスに限らず、髪に何かを付けること自体が髪の健康に良くないと感じている様子がうかがえます。
  
特にヘアワックスの場合は、頭皮に付くと毛穴を塞ぎやすく、しっかり洗い流せないことがあるという意見が目立ちました。
  
一方、髪に悪いイメージはないという回答した人のコメントは次の通りです。
  
  
・カラー剤とかではないので、しっかりとシャンプーで落とせば問題ないような気がする(30代/専業主婦(主夫)/女性)
  
・毛髪に使う限り悪影響はないと考えています。ただ、頭皮に付かないように気を付けたいと思っています(50代/個人事業主・フリーランス/女性)
  
・ヘアワックス自体はやはり髪のことを考えて作られたのもだから髪の毛に影響するとは思わないが、それを夜洗い落とさず寝てしまうなどすると少なからずの影響は出てくると思う(20代/学生/女性)
  
  
健康に悪いイメージはないという回答は、ほとんどが「きちんと洗い流せば」「頭皮に付けなければ」「適量を守れば」など、但し書き付きのコメントになっています。
  
ヘアワックス自体は髪に付けることを前提にしているはずだから、問題はないだろうという意見も多く見られました。
  

今回のアンケートでは、どちらの回答のコメントからも、誤った使い方をすれば髪や頭皮に影響があると感じている様子がうかがえました。
  
では、どのような点に気を付けてヘアワックスを使えばよいのでしょうか。
  
ここからは、髪へのダメージを配慮したヘアワックスの使い方について見ていきましょう。
  

髪のダメージを考えて!使う時に気をつけたいポイント

頭皮に直接付けないことと厚塗りしないことが、ワックスによる髪のダメージを防ぐうえでとても大事なポイントになります。
  
ワックスは髪に付けることを想定しているので、髪自体によくない成分は可能な限り減らして作られています。
  
そのため、使うワックスの種類をきちんと選ぶことで、髪への負担はかなり減らすことが可能です。
  
しかし、どのワックスにも頭皮に直接付けないようにという注意書きはされています。
  
ワックスはコーティング力が強いので、頭皮に付いてしまうと皮膚呼吸が妨げられてしまうからです。
  

髪をきれいにスタイリングして長時間キープするためには、根元近くまでワックスを付ける必要があります。
  
根元近くまでワックスを薄く均一に付けながらも、頭皮への付着を防ぐためには、付け方の工夫が重要です。
  
ワックスを手のひらに少し取ったら、両手でもむようにして手の指や間までまんべんなく伸ばしていきます。
  
ワックスが透明になり手全体に広がったら、バック、サイド、トップ、フロントの順番で軽くもみ込んでいきましょう。
  
全体にワックスがなじんだら手早く手櫛で空気を入れながらスタイリングします。
  
固まり始めてからだと、髪がダメージを受けやすくなるので、手早く行うことが大事です。
  

髪にワックスを残さないのが大事!シャンプーの選び方と使い方


  
ワックスが残るのを心配して何度もシャンプー剤を付け足してごしごし洗うのはかえって髪のダメージにつながります。
  
シャンプー剤を減らして髪をしっかり洗い上げるためには、ワックスを落としやすくする工夫が必要です。
  
まず、お湯だけで頭皮や髪に付着したホコリや汚れを洗い流す予備洗いを行いましょう。
  
お湯の温度はあまり高すぎると、髪の毛自体にダメージが及びます。
  
ぬるま湯で軽く洗い流してホコリや汚れを取り除いたら、シャンプーで2度洗いします。
  

1回目は髪の毛のワックスを洗うためのシャンプー、2回目は頭皮を洗うためのシャンプーです。
  
1回目のシャンプーと2回目のシャンプーでは洗い方を変える必要があります。
  
どちらもシャンプー剤は手で泡立ててから行いますが、1回目はワックスを付けるときと同様髪にもみ込むように泡を付けていきましょう。
  
そうすることで、ワックスが付いたところにシャンプーが行き届きます。
  
1回目は頭皮を触らないようにするのがポイントです。
  
1回目のシャンプーを流したら、2回目は頭皮をマッサージするようにシャンプーします。
  

1回目と2回目のシャンプーは違うものを用意するとより効果的です。
  
1回目はワックスをしっかり落とせる洗浄力のあるシャンプーを使い、2回目は頭皮や髪の毛を守って洗える、アミノ酸系のシャンプーや育毛シャンプーがよいでしょう。
  

正しく使えばダメージは減らせる

ワックスは一切使わないという選択をすることは簡単です。
  
しかし、スタイリングがなかなか決まらず、何度もブラシで摩擦したりドライヤーの熱を当て続けたりするほうが髪や頭皮へのダメージは大きくなります。
  
ワックスが頭皮に付着したまま放置することが問題なのですから、頭皮に付かないように薄く髪に付け、使用後はしっかりシャンプーで落とすことでダメージを最小限に抑えられます。
  
ワックスを上手に活用して、ヘアスタイルのおしゃれを楽しみましょう。
  

関連記事:「手遅れになる前に知りたい!薄毛とワックスの気になる関係
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」  

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。