薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > 薄毛 > つむじが薄いと感じたら!原因に合わせた対策方法を紹介

つむじが薄いと感じたら!原因に合わせた対策方法を紹介

つむじは最も多くの人が薄毛で悩むパーツです。つむじの薄毛から自分が薄毛になったことを実感する人が多く、座っていても立っていても人の目が気になりやすいのがつむじの薄毛の特徴です。ですから、どうやってカバーするかがとても重要であるとも言えます。つむじの薄毛と言うと男性に多いと思われがちですが、女性にもつむじの薄毛で悩んでいる人は大勢います。そこで、つむじの薄毛の特徴と、原因に合わせた対策方法をご紹介します。

皆さんのつむじに対する意識を調査

まずは、つむじの薄毛が気になっている方々に、どんなとき特に気になるのか質問してみました。

気になるのは上から後ろから間近から

・朝、髪の毛をセットしているときに、鏡で背面も見ます、その時につむじが気になります。(50代/公務員/男性)
・仕事中にイスに座って仕事をしているときに、ときどき気になってしまいます。(30代/会社員/男性)
・職務上、相手方に挨拶のお辞儀等をする際につむじの薄毛がきになります(20代/会社員/男性)
・満員電車の中で回りの人たちに至近距離の真上から私の頭を見下ろされる状況にあるとき。私は背が低いので、ほかの人たちから見下ろされるので。(40代/その他専門職/女性)
・トップにボリュームを持たせてつむじを隠しますが、スタイリングがうまく行かず割れてしまったときには気になります。(60代/専業主婦・主夫/女性)
・髪を乾かしているときなどに後頭部が見えるときに薄くなってきている気がして不安になります。(20代/会社員/女性)

【質問】
つむじの薄毛が気になるのはどんなときですか?

【回答結果】
フリー回答

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年2月21日~2017年2月21日
有効回答数:136サンプル

コメントを見てみると、人によって気になるシチュエーションがまちまちなのがわかります。ただし、共通点があり、上から見下ろされる、後ろからのぞき込まれる、間近からつむじを見られるというシチュエーションになると、皆さんドキッとされるようです。また、女性の場合には、スタイリングがうまくいかないときが最も気になるという人が多いのも特徴です。人に見られる前の段階で、既に気になってしまっているため、スタイリングがしやすく、薄い部分を上手にカバーできるヘアスタイルがあれば、憂鬱な気分も解消されるのではないかと思われます。それでは、つむじの薄毛について、原因から確認していきましょう。

つむじが薄い原因とは

つむじが薄い原因は、先天的なものと後天的なものがあります。
  
つむじが薄い先天的な原因とは、男性特有の薄毛AGAです。
  
AGAの影響が出やすい部位がつむじや頭頂部ですから、男性の場合は男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変異することがきっかけでつむじが薄くなる場合があります。
  
一方、後天的な原因としては、頭皮が唯一露出している部分であるため紫外線を直接受けてしまうことや、髪の重さを1点で支えていることから、頭皮の中では薄くなりやすい部位になっていると言えます。
  
もちろん、生活習慣の乱れやストレス影響など他にもさまざまな原因が考えられます。
  

詳しくは、「つむじが薄い原因を探る!薄毛にもタイプがあるって本当?」をご参照ください。
  

つむじが薄い…対策方法をご紹介

つむじが薄いことに気が付いたら、できるだけ早く原因に合う対策をとるようにしましょう。
  
AGAが原因のときには、AGA治療薬を処方してもらったり、AGAを対象とした治療を受けたりするなどの方法があります。
  
ホルモンバランスの乱れが原因のときには、ホルモンバランスを乱している根本の原因を探って、原因を取り除くことが大事です。
  
生活習慣の乱れが原因の場合には生活の見直しで薄毛が緩和される可能性があります。
  
つむじが薄い原因によって適した対応の仕方が異なりますが、原因が複数の場合もあります。
  
原因がわかりにくいときは、専門サロンなどで原因を探ってもらい対策を練ることも必要です。
  

詳しくは、「つむじが薄いと感じた時の対策方法」をご参照ください。
  

薄いつむじをカバーしたいから…でも、パーマは良くない!

つむじが薄いときはパーマでボリュームを持たせて隠すのが楽だと思いがちです。
  
しかし、一時的に隠せても、長い目で見たときには良い方法とは言えません。
  
薄毛になっている地肌の弱い部分にパーマをかけることになるため、髪にも地肌にも負担になります。
  
現時点ではつむじを隠すのに役立つ髪型であっても、パーマをかけて髪の薄い部分を隠すのは、将来的に、薄毛を進行させることに繋がってしまうかもしれません。
  
カラーリングなども同じような理由で避けた方が無難です。
  
パーマやカラーリングをせずに、自然に隠せる髪型を選ぶようにしましょう。
  

詳しくは、「つむじが薄いからといってパーマは危険?自然なスタイルで隠す方法!」をご参照ください。
  

生まれつきつむじが薄い…原因と対策

生まれつきつむじが薄いという人がたまにいます。
  
薄いというよりも大きいと表現したほうが正しいのかもしれません。
  
実は本当に大きい場合だけでなく、本人の思い込みと言う場合があります。
  
写真などで自分のつむじを見て大きいと感じて以来、気になっているというパターンです。
  
その場合どのように対処したらいいか迷うことが多いようです。
  
そのようなときは、まずはつむじに生えている毛の状態を確認しましょう。
  
しっかりとした太い毛が生えていれば問題はありませんが、毛が細く柔らかくなっていて、頭皮が硬いという状態であれば、何か薄毛対策を取ったほうが無難です。
  
生まれつきつむじが薄い場合は、薄毛とは異なる状態だと考えられます。
  

詳しくは、「つむじが薄いのは生まれつき?薄毛のタイプを見極める」をご参照ください。
  

薄いつむじを何とかしたい!女性の髪のお悩み対策

女性の薄いつむじは、小さいウィッグや帽子で隠すよりも、ヘアスタイルを工夫して薄い部分を隠した方が自然に見えます。
  
ピンなどで固定しなくてもよいため、つむじの周りの髪や地肌にも優しいのでおすすめです。
  
根元までしっかり水で濡らして、根元から立てるブローの仕方を覚えれば、気になる部分の周りを自然にふんわりとカバーする女性らしい髪型を作れます。
  

詳しくは、「つむじが薄いと感じたら!女性の薄毛の原因と対策」をご参照ください。
  

薄いつむじを何とかしたい!10代の髪のお悩み対策

10代でつむじが薄いというのは、本人にとってはとても深刻に感じられるかもしれません。
  
しかし、10代でつむじが薄いという人は特別珍しいというわけでもありません。
  
10代のつむじの薄毛の原因は、生活習慣の乱れやストレスの場合が多いという特徴があります。
  
ですから、生活の見直しやストレスの軽減を考えるだけで、薄毛が解消される可能性があります。
  
まずは普段の生活のうち何が原因になっているのか、気になる原因から見直していくとよいでしょう。
  

詳しくは、「つむじが薄い!10代の薄毛の原因と対策」をご参照ください。
  

薄いつむじを何とかしたい!20代の髪のお悩み対策

つむじが薄い20代の人は、ホルモンバランスの乱れが原因になっていることが少なくありません。
  
そのホルモンバランスの乱れの原因を作っているのが、職場などでのストレスの場合、食生活の乱れによる栄養不足の場合、睡眠不足の場合、過度の飲酒や喫煙男場合など、生活環境が影響している可能性があります。
  
ですから、つむじが薄いと感じている20代の方は、髪によくない生活をしていないかチェックしてみるところから始めましょう。
  

詳しくは、「つむじが薄いかも…20代の薄毛の症状とは」をご参照ください。
  

薄いつむじを何とかしたい!大学生の髪のお悩み対策

大学生のつむじが薄い原因は、生活環境の変化の可能性があります。
  
高校まで自宅で親の世話を受けて生活していた人が一人暮らしを始めると、食生活が大きく変わります。
  
カロリーは取れていても栄養不足になっている場合もあり、特に髪を作るのに必要な栄養素が十分に摂れていないことがあります。
  
また、生活時間の変化で睡眠不足になったり、パーマやカラーリングで髪や頭皮に負担を賭けたりすることが薄毛の原因になることもあります。
  
つむじが薄いと悩む大学生の対策としては、それらの原因を取り除くことから始める必要があります。
  

詳しくは、「つむじが薄いかも!大学生に現れる薄毛の症状」をご参照ください。
  

薄いつむじ改善できる?病院でできること

つむじが薄いことを気にしているだけでは何も改善されません。
  
原因によっては放置することで薄毛がどんどん進行してしまいます。
  
例えば、AGAでつむじが薄くなっている場合には、早い時期から病院で治療を始めれば進行を止めて、元に戻せる可能性もあります。
  
病院で診療を受けられるのは皮膚科と一部の形成外科ですが、飲み薬の処方はどの科の医療機関でも処方してもらえます。
  
ストレスやホルモンバランスの乱れが原因のときも、原因になっている症状に合う治療を受けることが、薄毛が薄い症状の緩和に繋がります。
  

詳しくは、「つむじが薄い…薄毛を抑えるためには病院へ行くべき?」をご参照ください。
  

まとめ

つむじが薄いことに気が付いたら、まずは原因をハッキリさせることから始めましょう。
  
原因がわかれば、それに合った対処方法を選ぶことができます。
  
つむじの薄毛は老若男女を問わず観られる症状ですが、原因はさまざまで、複数の原因で起こっている場合もあります。
  
病院での治療をしてもらうほどの症状ではないと自己判断している間に薄毛が進行して、悩みを深くしてしまうこともあります。
  
もしも、病院に抵抗があるなら、専門サロンなどで相談をしてみるとよいでしょう。
  
原因を探りながら最適な対処法も考えてもらえます。
  

日本初の育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」