薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > 薄毛 > フケと薄毛の関係性?対策方法を合わせてご紹介

フケと薄毛の関係性?対策方法を合わせてご紹介

公開日: 2017年8月2日

薄毛に悩まされている人の中にはフケにも悩まされているという人が少なくありません。

普段はそれほどフケが出なくても、季節によって出やすくなるという人や、仕事が忙しくなると目立つようになるという人もいるようです。

では、フケの出やすさと薄毛とは何か関係があるのでしょうか?フケができる原因や薄毛との関係性がわかれば、有効な対策ができ、悩みも軽減できるはずです。ここではフケができるメカニズムをはじめ、フケを抑えるためのシャンプーの選び方や正しいシャンプーの方法について解説します。

フケと薄毛の関係性についてイメージを調査!

まず、薄毛に対してフケがどんな風に影響していると思っている人が多いのかを調べてみました。

フケが出る頭皮環境が薄毛にも影響

・汚れが毛穴を塞いで髪の成長を邪魔して、抜け毛を促進するイメージがある。(40代/自由業・フリーランス/女性)
・頭皮が乾燥する事でフケがでるので、頭皮環境が悪い状態のバロメーターと考えれば髪にも悪いと思います。(40代/自営業(個人事業主)/男性)
・フケによって毛穴が圧迫されるので新しく髪の毛が生えてこないのではないかと思います。(30代/パート・アルバイト/女性)
・髪の根元が、汚くなり栄養もよくいきわたらない気がしますし、抜け毛が多くなるのではないかと思います。(50代/会社員/男性)
・フケが出る時は頭皮が乾燥しているイメージなので、髪の毛や地肌の乾燥が髪の毛の傷みにつながる気がする。(30代/専業主婦・主夫/女性)
・フケ自体というよりフケが出るような状態が毛根に良くない。(40代/会社員/男性)

【質問】
フケが髪の毛にどのような悪影響を与えると思いますか?イメージを教えてください。

【回答結果】
フリー回答

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年2月22日~2017年2月22日
有効回答数:169サンプル

フケが毛穴を塞ぐことが毛を生えにくくしたり抜けやすくしたりするのに繋がるのではないかという意見が目立ちます。

しかし、全体的に頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌に着目しているコメントが多く、フケが出やすい頭皮環境は薄毛の原因にもなると考えている人が多いことがうかがえる結果となりました。

では、実際にフケと薄毛には何か因果関係があるのでしょうか?フケの原因や薄毛との関係性について探ってみましょう。

フケができる原因とは

フケは原因によって乾性フケと脂性フケの2種類に分けられます。
  
乾性フケは頭皮の乾燥によってできるフケ、脂性フケは皮脂の過剰分泌によってできるフケです。
  
フケは頭皮が剥がれ落ちてできるものですから、正常なターンオーバーの際にもできますが、ただしターンオーバーで剥がれ落ちる量であれば普段の手入れで取り除けます。
  
フケが目立つ場合は頭皮のトラブルだと考えてよいでしょう。
  
それぞれ対策方法が異なるので、まずは自分のフケがどちらの種類なのかを見分けることが改善の第一歩になります。
  
乾性フケと脂性フケはどちらも頭皮が剥がれ落ちたものですが、でき方が違うため、まるで見た目が異なります。
  
ですから、素人でも見分け方は簡単です。
  
それぞれ次のような特徴があるので、どちらに当てはまるかを確認しましょう。
  

乾性フケの特徴

  • 粒子の細かい粉状のフケ
  • 頭皮がカサカサに乾燥している
  • 頭皮以外も乾燥肌
  • 生え際や分け目などの頭皮にうろこ状の剥がれ
  • 頭をかいたときにパラパラと落ちやすい
  • 脂性フケの特徴

  • 塊状の大きめなフケ
  • 頭皮が脂っぽくべたついている
  • 頭皮以外も脂性肌や混合肌
  • 頭皮に黄色味がかった塊
  • 頭を書いても落ちにくく髪の毛や頭皮にへばりついたまま
  • 強いかゆみがあり頭皮が赤っぽい
  • 抜け毛の付け根を見ると白い塊が付いている
  • フケと薄毛の関係性

    フケができたら100%薄毛になるというわけではありませんが、フケが発生する頭皮の状態を放っておくと薄毛に繋がると言われています。
      
    その理由は、フケができやすい頭皮環境を考えるとわかります。
      
    乾性フケができるときには頭皮がカサカサに乾燥していますし、脂性フケができるときには皮脂が過剰に分泌されています。
      
    いずれのフケができる場合も、頭髪が生えにくくなったり抜けやすくなったりする際の頭皮環境の悪化と共通しています。
      
    ですから、放置すると薄毛の原因になると言われるわけです。
      

    フケを抑える対策とは

    フケ対策は、乾性フケの場合と脂性フケの場合では若干異なります。
      
    乾性フケは頭皮の乾燥を防ぎ保湿することが重要ですし、脂性フケは皮脂の量を適正な量まで減らすこと、トラブルを起こす細菌の働きを弱めることが重要になります。
      
    いずれの場合も、対策のカギを握るのはシャンプーです。
      
    頭皮の状態に合ったシャンプー剤を選び、頭皮に負担をかけない洗い方をすることがポイントになります。
      
    かゆみを伴うときはフケ対策用の薬用シャンプーが効果的ですが、そうでない場合には、アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーなど刺激の少ないシャンプー剤を選び、指の腹で優しくマッサージするように洗うことで対策できます。
      
    シャンプー剤を残さないようにしっかりすすぐことが大事ですが、皮脂を奪い過ぎないように、ぬるめのお湯ですすぐのがコツです。
      
    また、乾燥を防ぐためとはいえ、シャンプーした後、髪の毛や頭皮を湿った状態でおいておくのは逆効果です。
      
    自然乾燥する際に、頭皮から水分を奪ってしまうため、できるだけ早めにしっかり乾かすようにしましょう。
      

    薄毛やフケの根本対策は頭皮環境の改善から

    フケが増えている時は頭皮環境が悪化している状態であるため、薄毛が進行しやすい状態になっている可能性があります。

    つまり、頭皮環境の改善は薄毛対策やフケの抑制対策にも繋がると考えられます。

    もし、自分1人ではどんな対策をすればよいのかわからないというのであれば、専門サロンに相談してみるのもひとつの方法です。

    バイオテックではカウンセラーによる頭皮チェックをはじめ、サロンでの技術(抜け毛防止ケア)を無料で体感いただける「無料体験」をご用意しております。少しでも気になる方は、ぜひ無料体験からはじめてみましょう。

    関連記事:「気になるフケ!薄毛との関係と対処法