薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > 薄毛 > 頭のかゆみが辛い!フケの発生が薄毛を進行させるかも…

頭のかゆみが辛い!フケの発生が薄毛を進行させるかも…

公開日: 2017年8月25日

毎日シャンプーしているのになぜか頭がかゆくて仕方がないなんて人はいませんか?しっかり頭を洗ってもすぐにかゆくなるし、シャンプーの直後なのによく見てみたら髪や地肌にフケがびっしりなんてケースもあります。

洗ってもかきむしっても治まらないかゆみやフケはどのように対処したらよいのでしょうか?根本的な原因をつかんで、かゆみを元から断ちましょう。

ここではフケが発生する原因とかゆみや薄毛との関係について解説します。

フケとかゆみの実態について!意見を調査してみました

まずは、どのくらいの人がフケや頭のかゆみを経験したことがあるのか、アンケートを取って調べてみました。

【質問】
フケや頭皮のかゆみを経験したことはありますか?

【回答結果】
はい:151名
いいえ:22名

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年2月22日~2017年2月22日
有効回答数:173サンプル

気になるフケやかゆみはほとんどの人が体験済み

今回のアンケートでは、約9割もの人がフケやかゆみを経験したことがあると答えています。

・しっかりすすいでいるのに、乾かしてすぐにフケがでる。乾燥がひどい季節に、ニキビのような湿疹がでて、かゆみがあった。(30代/専業主婦・主夫/女性)・仕事のストレスが増えてくるとフケやかゆみが増してくるような気がします。(50代/会社員/男性)

・シャンプーが合わなくて、地肌のかゆみと大きなフケが出ました。(40代/パート・アルバイト/女性)

・二人目の子供を出産後、急にシャンプーアレルギーになってしまったのであまり洗髪をしないようにしていたらフケや痒みや抜け毛がひどくなり辛かった。(30代/専業主婦・主夫/女性)

・頭をかくと、かさぶたのように爪に引っかかります。剥がれてきます。たまに血の塊が混ざっています。(30代/会社員/男性)

・全身乾燥肌なのだが、頭皮も乾燥しやすく、数年前に頭皮湿疹になってしまった。かゆくて掻くので、かさぶたが頭のあちこちにできてしまった。(40代/その他専門職/女性)

皆さん自分なりにフケやかゆみの原因を分析しています。

なかでも乾燥、合わないシャンプー、ストレスの3つを原因として挙げている人が目立ちました。

また、多くの人のコメントに大きなフケ、湿疹、かさぶたというワードが出てきています。

もしかしたら、これらがひどいかゆみの特徴なのかもしれません。

では、フケができるメカニズムやかゆみ、薄毛などとの関係性について探っていきましょう。

フケってそもそも何?

フケとは、簡単に言えば頭皮が剥がれたものです。

頭皮も他の部分の皮膚と同様、ターンオーバーによって古い角質が剥がれ落ち、下から新しい皮膚が出てきます。

しかし、剥がれ落ちる皮膚の量が正常なときは、シャンプーをするときに剥がれ落ちる程度なので目立ちません。

フケが出ると不潔に感じられるのは、通常ならシャンプーをせずに放っておくと目立つようなものだからです。

しかし、シャンプーをしているのにフケが目立つというときには頭皮に何らかのトラブルが起こっていると考えられます。

例えば、シャンプーした後しっかり乾かさずにおいておくと、頭皮の表面から水分が蒸発して乾燥しやすくなります。

洗浄力が強すぎるシャンプーで皮脂を奪い過ぎてしまうと、皮脂を補おうとして過剰に分泌されるようになります。

肌が乾燥しているときには乾性フケ、皮脂分泌が多すぎるときには脂性フケになり、それぞれのフケには次のような特徴があります。

<乾性フケの場合>

  • 地肌が乾燥してカサカサしている
  • 粉っぽい細かいフケ
  • 頭をかくとパラパラと落ちやすい
  • 頭皮の露出している部分がうろこのように見える

<脂性フケの場合>

    • 地肌が皮脂でべたついている
    • フケの大きさが大きい
    • 頭をかいても髪の毛や頭皮にへばりついて落ちにくい
    • 頭皮に黄色っぽい塊がくっついている
    • 地肌が炎症を起こして赤くなっている
    • 抜け毛の根元の部分に白っぽい塊のようなものが付いている
    • 臭いがきつい

    原因によってフケの種類が変わるため、どちらのフケが出ているかをよく見ることが大事です。

    フケの種類を見分けることによって、原因を特定しやすくなり、原因に合った対処をすることができます。

    フケの発生とかゆみの関係性

    かゆみの原因は頭皮の炎症です。

    乾燥すると皮膚が外部の刺激に対して敏感になりかゆみを感じやすくなるということは、冬場などに多くの人が経験したことがあるはずです。

    頭でも同じようなことが起こりかゆみを感じます。

    乾性フケは文字通り頭皮が乾燥した状態で出るフケですから、フケにかゆみを伴うのも当然と言えば当然です。

    乾性フケが出ている場合は、乾燥している部分を保湿することでかゆみを抑えることができます。

    では、脂性フケの場合はどうなのでしょうか?皮脂分泌が増える原因は洗浄力が強すぎるシャンプーの他に、ストレスや食生活の乱れ、寝不足などたくさん考えられます。

    しかし、皮脂が多いだけではかゆみは感じません。

    実は、皮脂が増えると頭皮に住みついている細菌が異常繁殖して炎症を起こします。

    脂性フケが出ているときのかゆみは、炎症によるかゆみですから、殺菌して菌の増殖を抑えたり、薬を塗って炎症を治めたりする必要があります。

    薄毛予防に効果的!フケとかゆみを抑制する方法

    フケが出る頭皮と薄毛が進行する頭皮の状態はほぼ同じです。

    いずれもトラブルが起こっている状態ですから、フケやかゆみが出ているのに何も対処せずに放置しておいたら薄毛も進行する可能性があります。

    逆に、フケやかゆみの対策を行えば、薄毛対策にもなり一石二鳥と言えます。

    ですから、早めに手を打つようにしましょう。

    フケやかゆみの対策としては、まずシャンプーの見直しが大事です。

    頭皮の乾燥も皮脂の過剰分泌もシャンプーが原因になっているケースが目立ちます。

    洗浄力を少し下げるか、シャンプーの成分を刺激の少ないものに変えるだけで、フケやかゆみが出なくなることもあります。

    かゆいからといって爪を立てて洗ってしまうと、皮膚が傷ついてしまいます。

    指の腹を使って優しく洗いましょう。

    すすぎのお湯の温度が高すぎると、皮脂を奪ってしまうので、お湯の温度をぬるめにすることも大事です。

    乾燥を避けるために、シャンプーしたらタオルドライをしっかりして、ドライヤーなどで素早く根元まで乾かします。

    ただし、ドライヤーの熱で頭皮を傷めないように注意しましょう。

    頭皮のべたつきとかゆみがひどいときは、湿疹などができていないかよく確認します。

    もし湿疹がひどいようなら、治療が必要ですから、皮膚科を受診してしっかり治すようにしましょう。

    かゆみとフケは原因ごとに正しい対処法を

    かゆみは頭皮のSOSです。

    かゆみを伴うフケが増えたら、頭皮がトラブルを起こしている証拠ですから、できるだけ早めに頭皮の状態を正常に戻すようにしましょう。

    頭皮の状態を正常に戻せばかゆみもフケも治まります。

    しかし、頭皮のターンオーバーが乱れた状態で放置してしまうと薄毛も進行しやすくなるので要注意です。

    フケやかゆみ、薄毛など頭皮のトラブルの対処法がわからないなら、専門サロンに相談するのがおすすめです。

    くれぐれも放っておくのだけはやめましょう。
    関連記事:「気になるフケ!薄毛との関係と対処法

    育毛“無料体験”が試せる育毛専門サロンのメールカウンセリング