バイオテックの最新スカルプケア理論

実績と研究成果を基に導きだされた理論をご紹介

バイオテックの最新スカルプケア理論

DHTに働きかけ

01. 脱毛にブレーキをかける

脱毛にブレーキをかける
テストステロンの分泌
(男性ホルモン)
脱毛にブレーキをかける
男性ホルモンが酵素の
影響を受け強力な
脱毛ホルモンへ変化
脱毛にブレーキをかける
AGA(男性型脱毛症)
FAGA(女子男性型脱毛症)
の原因

脱毛ホルモンとして知られるDHTの抑制について

男性ホルモン「テストステロン」が、毛乳頭細胞中に存在する「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受けることで、強力な脱毛ホルモン「DHT=ジヒドロテストステロン」へと変化します。

このDHTに対するアンドロゲンレセプターの感受性が遺伝すると言われており、遺伝的に脱毛するリスクが高いか低いかが決まります。

バイオテックは長年の研究の末、脱毛のおおもとの原因となるDHTの生成を抑制するスカルプケア理論とノウハウを手に入れました。脱毛にブレーキをかける事で、正常なヘアサイクルを取り戻し「育毛」をご実感頂けます。

独自の理論で頭皮に働きかけ

02. 育毛のアクセルを踏む

健やかな髪を生み出す成長因子IGF-1の生成を促す、IGF-1育毛理論について

DHTの抑制というアプローチに加え、バイオテックでは、成長因子IGF-1の生成を促すことで髪の成長に関わる根本的な働きを高め、育毛物質を効果的・効率的に増やすというアプローチも可能となりました。 この両面からのアプローチにより、バイオテックはより確かな効果が期待できる次世代育毛ケアの実現を進めております。

脱毛にブレーキをかける

頭皮におけるIGF-1育毛効果のメカニズム

痛みや熱さなどの刺激を脳に伝える知覚神経が、刺激情報を感知し、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質を放出します。毛乳頭細胞がこのCGRPを受け取るとIGF-1を作り、毛母細胞に与えます。

結果、毛母細胞は活性化され、分裂・増殖が進み毛髪の成長が促進されます。

シスチン結合の促進

脱毛にブレーキをかける

毛髪のほとんどがケラチンタンパク質で構成されています。
そのケラチンタンパク質を構成しているアミノ酸の中で最も多く含まれているのがシステインです。
酸化作用によりシステインが2つきれいに結合するとシスチンという物質になります。
そのシスチンが100個以上結合するとタンパク質となります。
バイオテックではこのシステインのきれいな結合を強制的に促すことにより、髪の素を生成し、育毛を促進させることを可能にしました。

03. 頭皮を正常に保つ

脱毛にブレーキをかける

頭皮は額の2倍の皮脂が出ていると言われています。過剰な皮脂が空気に触れて酸化皮脂となり、毛穴をふさぐと毛穴の中で炎症が起こり、育毛が阻害されます。
バイオテック では、独自のもみだし技術やご自宅ケアアイテムにより毛穴に詰まった皮脂を取り除き、適度な皮脂を保つことで頭皮を清潔に保ち、ケアの効果を高める環境作りをしていきます。

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客さまに、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。