HOME > ブログ一覧 > 川口サロンブログ > 育毛のための食事について

育毛のための食事について

tag食べもの

2020/5/29

 

こんにちは、中西です🌻

 

本日は、IGF-1のために良い食事の摂り方についてお話します!

 

1つ目は、薄味・低カロリーの食事です。

 

知覚神経は、適度に刺激されるとIGF-1が作られるのですが、

塩分の慢性的な過剰摂取により、刺激が強すぎると

神経細胞を減らしてしまうリスクがあるのです。

 

その結果、全身のIGF-1が低下し、高血圧や胃炎・脱毛に繋がります。

 

ちなみに、健康維持のためには、1日の塩分摂取量は10gまでです。

 

塩分を摂り過ぎると、

胃の働きが低下する

満腹感を得にくく、過食になる

カロリーの摂りすぎで肥満になる

過剰な脂肪組織からは、IGF-1の作用を妨げる物質が作られる

などのリスクが

 

ファストフードやコンビニのお弁当などは塩分の含有量が多いので、注意が必要です。

 

2つ目は、温かいものを飲食することです。

 

知覚神経は、温度が高いとより刺激されやすく、IGF-1が増加します。

反対に、温度が低いと刺激されにくいため、IGF-1が増えにくくなります。

 

また、胃だけではなく身体を温めると、全身の知覚神経が刺激されるのでGOODです。

 

夏場は特に、毎日冷たいものを摂取したり冷房によって身体を冷やしやすいので、注意が必要です。

 

今回は、

 

薄味・低カロリーの食事

温かいものを飲食する

 

2つをご紹介しました。

 

IGF-1を増やすための色々な方法があるので、是非取り入れてみてくださいね✊✨

この記事の感想を教えてください
  • いいね! (2)
  • 面白い! (0)
  • 役立つ! (1)
  • すごい! (0)

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具は消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。