薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > 実践編~今日から始める薄毛対策・予防~ > 正しいシャンプー・ドライヤー

正しいシャンプー・ドライヤー

ここまでやれば完璧!薄毛対策シャンプー術

頭皮を健康に保つことが薄毛や抜け毛予防のキメ手です。
  
だから、シャンプーでは、まず髪の毛ではなく頭皮を洗うという意識で行うこと。
  
頭皮についた汚れや余分な皮脂をシャンプーの泡に溶かし出すように、指の腹を使って頭皮を優しくなでるように洗うのが正しいシャンプーの基本です。
  
以下の順番と方法で、あなたもパーフェクトな薄毛対策シャンプー術を身につけてください。
  
1:事前準備
シャンプー前に軽くブラッシングしたり、手ぐしとぬるま湯で髪をすすぎながら、髪や頭皮についた汚れを落としておきましょう。
  
2:シャンプーの付け方
シャンプー剤は手の平につけてよく泡立てます。
  
3:洗い方
爪を立てず、指の腹でマッサージするようにして地肌を洗う。親指は添える程度に、後頭部の生え際、耳の後ろや襟足、耳の上のこめかみ、つむじのある頭頂部、前頭部、額の生え際など、下から上へ洗い上げるような意識で4本の指を使って洗います。
  
4:すすぎ方
すすぎの基本は頭の下から上へ。髪の毛が伸びる方向とは逆に向かって行うと、泡や汚れがきれいに落とせます。
生え際や後頭部、耳の後ろなど、泡が残らないようにていねいに流してください。
  
5:仕上げ
皮脂の過剰な分泌を予防するためにも、髪に潤いを与えるリンスなどのコンディショニングも重要。
タオルドライしてからドライヤーで完全に乾かせばパーフェクトです。

ドライヤーは時間をかけて

せっかく正しく、入念にシャンプーしても、最後のドライヤーの使い方を間違っては元も子もありません。
  
ドライヤーは、熱風で髪の毛や毛根を傷めないように、熱を一点に集中させず、なるべく離して使うのが常識。
  
髪の毛に良いのは自然乾燥。
  
できるだけ低い温度でじっくり時間をかけて乾燥させましょう。
  
比較的皮脂の量が少ない小さなお子様や高齢者の場合、毎日洗うと頭皮が乾燥しすぎることもあります。
  
また、大人でもシャンプーのし過ぎは頭皮がかさつき、傷みやすくなることにも注意してください。