薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

すぐ実践!原因別のフケをなくす方法を押さえよう!

公開日: 2019年7月4日


フケがあると、どうしても清潔感が損なわれてしまいますよね。これは男性であろうと女性であろうと関わらずです。フケがあって悩んでいるけれどもなくし方がわからないという人もいることでしょう。対策の方法や、使いやすいシャンプーなどについてもさまざまな方法がメディアなどでも紹介されていますが、この記事では、すぐに実践できるフケをなくす方法を原因別に紹介していきます。

フケが発生する2つの原因

フケが発生する理由は2つあります。フケの状態によって、その原因を探ることができます。
まず1つ目に、パラパラと乾燥していて落ちてくる小さなフケであるという場合には、頭皮の乾燥が原因です。頭をかいたり、櫛で髪をとかしたりすると白い乾燥した小さなフケが出てくることがあります。また、特に髪の毛を触っていなくとも、肩にフケが落ちてくるということもあります。これは頭皮にある古い角質が落ちてきているのです。主にこうしたフケは乾性フケと呼ばれています。
2つ目に、粘り気があり髪の毛に付着する大きなフケについてです。これは頭皮の皮脂が多く分泌されていることが原因となっていることが多いです。雑菌が繁殖してしまっていて、脂性フケと呼ばれています。ベトベトしていて水分のあるフケであれば、古い角質の他に、頭皮の汚れやホコリなどが混ざってしまっていることもあります。もし、フケが気になっていたら自分のフケがどのタイプに属するのかということをまずは把握しましょう。

人間の皮膚は主に1カ月周期で生まれ変わるといわれています。そのため、少なからずフケがでてしまうということは仕方のないことでもあります。一般的にこうした周期ごとに出てくるフケは毎日の洗髪で洗い流されてしまうことが多いので頭皮には残りにくい傾向にあります。

乾性フケをなくす方法とは?


小さく細かいフケがたくさん落ちてくるという場合には、肌が乾燥していないか確認しましょう。乾性フケは、空気が乾燥する季節に起こりやすいのです。特に季節の変わり目や空気が乾燥しているときにこうしたフケが発生しやすくなります。また、自分に合わないシャンプーやコンディショナーを利用していることにより、頭皮が必要以上にきれいになりすぎていたり、刺激が強すぎて油分がなくなってしまっていたりすると乾性フケが発生しやすくなってしまうのです。

乾性フケをなくす方法として、保湿ローションを使用するということが挙げられます。保湿ローションを頭皮に塗る、散布することによって頭皮の乾燥を防ぐことで乾性フケを防ぐことが期待できます。また、お風呂からあがったら保湿ローションを塗布し、指の腹を使って軽くマッサージをするといいです。頭皮のマッサージをすることによって、髪の健康を保つことにも繋がるので、一石二鳥だといえますね。

脂性フケをなくす方法とは?

脂性フケはたくさん汗をかく夏などに起こりやすいと考えられています。体から、汗や分泌物が増えてしまうと頭皮からも不要になったものが体外に出ようとしてくるため、フケとなってしまうということが起こります。フケをなくす方法として、なるべく頭皮を清潔にするということが一番先決です。汗や皮脂をこまめに拭き取るようにするとフケになりにくいです。汗をかいたときにはタオルで拭き取り、可能であればシャワーを浴びてしまうのがポイントです。皮脂の分泌を抑えるスプレーも販売されているので、頭皮に散布するとフケが落ちにくくなります。

フケをなくすための対策1:ヘアケアを見直す


乾性フケにも脂性フケにも効果的な対策として、ヘアケアを見直すことが挙げられます。シャンプーを使う前に、しっかりと予洗いをして汚れを落としやすくするとフケになりにくいです。いきなりシャンプーを使ってしまうと、なかなか汚れが落ちず、シャンプーが頭皮に残ってしまうこともあり、余計にフケが増えてしまうということもあります。また、自分には合わないシャンプーやコンディショナーの利用によって、頭皮の毛穴に詰まりが生じてしまい、必要以上に油分が増えて、毛穴に刺激が加わり炎症を引き起こすこともあります。こうしたことから、古い角質と合わせて、頭皮の汚れやホコリ等がフケになってしまうということがあります。

こういった場合には指の腹を使って頭皮に刺激の少ないシャンプーでやさしくしっかり汚れを落とすということが大切です。刺激が強すぎると、頭皮の毛穴のつまりや乾燥の原因にもなってしまうので、刺激の少ないシャンプーやリンスを使うのがコツです。洗い終わりもぬるま湯で十分にすすぎ、シャンプー残りがないようにしましょう。残ってしまうとフケになってしまい、不衛生な状態になってしまうことも少なくありません。しっかりと洗い流すようにしましょう。このときに思いっきりこすって刺激を与えてしまうと頭皮の乾燥や傷みの原因になってしまい、フケが発生してしまう原因を増やしてしまうことになります。汚れを落としたいと思っても、できるだけ優しく丁寧に洗うということが大切です。

また、シャンプーやコンディショナー、整髪料などを見直すことも有効です。自分に合っているものを使っていない場合には、肌が荒れて抜け毛の原因にもなってしまうことがあります。フケを防ぐためのシャンプーやコンディショナーも販売されていますが、必ずしも自分の頭皮に合うとも限りません。一度サンプリングなどで試してみてから、自分に合うものを使うようにしましょう。

フケをなくすための対策2:生活習慣を見直す

乾性フケにも脂性フケにも効果的な対策として、生活習慣を見直すことも大切です。帽子などを活用して、紫外線によるダメージを軽減するということもフケをなくす方法として考えられます。紫外線ケアとはいっても頭皮に日焼け止めを塗ることは難しいでしょうから、帽子や手ぬぐい、日傘などで頭皮を守るようにします。また、自分の頭皮に合わないフケ対策スプレーなどを使用してしまい、余計な刺激を増やしてしまうと、フケが増えてしまうということも起こり得ます。いくら対策用スプレーだといっても肌に合わない場合もあります。フケのタイプによって合う・合わないということもあるのです。

また、タンパク質やビタミン、ミネラルを意識して、栄養バランスのいい食事をすることが大切です。ほうれん草や青魚、海藻なども髪や頭皮の潤いを保つのに効果的だといわれています。食生活の乱れがあると、髪や頭皮にも影響がでます。たとえば、お酒の飲み過ぎや油ものの食べ過ぎなどといった過剰な食生活が続いていると、頭皮にも負担がかかってしまい、脂性フケが発生してしまうこともあります。規則正しく、バランスの良い食事をすることがとても大切です。

睡眠をしっかりとるということも大切です。睡眠時間が短いと体にも負担がかかりますが、心にも負担がかかります。人は寝ている間に体の不調を治したり、バランスを整えたりします。しかし、睡眠時間が短いと肌に負担がかかり、フケが発生してしまうことに繋がります。また、ストレスが増えることで、頭皮が傷んでフケが増えてしまったり、髪の毛がどんどん抜けてしまったりすることもあります。心身の健康バランスが崩れることによって頭皮や髪にも大きな影響が出てしまうということを忘れずに過ごしましょう。

原因を知ってしっかり対策しよう!

一口にフケといっても、その種類によって発生する原因が違います。自分のフケがどのタイプに属するのかを把握したうえで基本的な対策をしながら、原因に合わせた対処をしていきましょう。特に生活習慣の乱れは頭皮や髪にも影響します。心身の健康にも気をつけながらストレスの少ない生活ができるように工夫するということも大切です。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。