薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

毛穴が詰まる原因とは?頭皮の角栓が髪の毛に与える影響や取り方

公開日: 2019年7月3日


毛穴が詰まる原因はいくつかありますが、代表的なものに角栓が挙げられます。美容に関心がある人などにはすでになじみの言葉ですが、いざどういうものなのか説明を求められると戸惑ってしまうのではないでしょうか。そこでこの記事では、角栓とはいったい何なのかを解説し、髪の毛に与える影響や取り除く方法について詳しく説明していきます。

角栓の正体は何?できる原因は?

角栓とは、わかりやすくいえば皮脂と角質が固まってできた老廃物のことで、基本的に誰でもできる可能性があります。抜け毛の根元を注意深く見てみると白い塊のようなものを発見することがあり、これが角栓です。角栓は皮脂が約30%、老廃物が約70%の割合でできることが多く、とりわけ脂性肌の人がなりやすいと考えられています。老廃物とはフケなどのはがれ落ちた皮膚や、汗に混じって排出される代謝産物などで、毎日洗髪しても少なからず頭皮にあるものです。

角栓ができる原因としては、皮脂の過剰な分泌やヘアコンディションの乱れなど、頭皮環境の悪化がひとつに挙げられます。そのため、角栓をできるだけ少なくするためには、肌のターンオーバーを整えたり皮脂の分泌を抑えたりするために、健康的な生活をすることも重要となります。食生活の改善や運動、質が高く十分な長さの睡眠などが肌や髪のコンディションを良くするポイントです。また、整髪料やシャンプー、コンディショナーが十分に洗い流されていないときも、角栓ができる恐れがあると考えられています。

これらのなかには肌を刺激する成分が含まれていることが多く、肌や髪に負担を与えます。さらに、皮脂を少しでも減らそうと洗髪をしすぎるのも禁物で、1日1回しっかりと洗髪するだけで基本的に不必要な皮脂や汚れを落とすことが可能です。洗いすぎると頭皮に必要な分の皮脂もなくなり、頭皮が乾燥しやすくなります。その結果、乾燥を防ごうと皮膚がより多くの皮脂を出すようになってしまい、結果的に状態が悪化する恐れもあるので注意が必要です。どうしても1日に2回髪を洗わないといけない場合は、そのうちの1回をお湯のみにするなどの工夫をしてみましょう。

角栓ができると髪の毛にどんな影響があるのか?


角栓があるとなぜ良くないのでしょうか。角栓は毛穴をふさいでしまい、頭皮に髪の毛が生えにくい環境を作ってしまいます。せっかく毛が生えてきても弱いものとなる場合が多く、頭髪全体が薄く見えることもあるのです。また、もしも現在、毛髪・育毛ケアをしているのなら、育毛剤などが毛穴のなかへ十分に浸透せず、思うような効果が期待できない点もデメリットといえますね。さらに、角栓がたくさんあると雑菌が繁殖しやすくなり、汚れやにおいの原因となるのにも注意しておきたいです。加えて、現在生えている毛が抜けやすくなることも角栓による悪影響です。角栓が毛穴に詰まると、生えている毛を圧迫したり、頭皮に血行不良をもたらしたりします。

栄養が行き届かない毛は弱り、抜けやすくなると考えられます。そのほかにも、状態がひどくなるとニキビや炎症、脂漏性皮膚炎にかかる場合もあり、こちらも薄毛につながる可能性が指摘できるでしょう。角栓が詰まると汗や皮脂の分泌が正常に行えなくなり、腫れや炎症につながります。特に、脂漏性皮膚炎では痛みや痒み、大量のフケをもたらすこともあり、日常生活にも支障をきたす恐れが高いので、早急に対応することが重要です。こちらは皮膚の病気なので、放置していれば自然に治るものではありません。脂漏性皮膚炎になったら専門のクリニックに相談しましょう。

角栓を取る方法1:シャンプーで洗い流す

角栓を頭皮から取り除くやり方のひとつに、シャンプーで洗い流す方法があります。まず、入浴前にブラッシングをして、頭皮や髪に付着した汚れをあらかた落としておきましょう。一見汚れなどが付いていないように見えても、毛と毛の間に複雑に付着していることもあるのです。この作業をきちんと行うことで、次のシャンプー剤をつけずにお湯でマッサージするように頭皮をもみほぐす作業の効率に差が出ます。お湯は毛穴を開かせるのに重要で、ブラッシングをしておかないと汚れがじゃまをしてうまく毛穴が開いてくれない恐れがあるのです。

続いて、指の腹を使って、頭皮を傷つけないようにシャンプー剤を使って丁寧に洗います。汚れがすでにあまりないことと毛穴が開いていることで、シャンプーでの洗髪が効率的となり、角栓が取れやすいと考えられます。爪を立てると頭皮が傷つき、そこからコンディションが悪くなる恐れがあるので、必ず指の腹を使ってもむように優しく洗いましょう。また、シャンプー剤が残らないようにしっかりすすぐことも重要です。シャンプーなどが残っている場合、炎症が起きたり状態が悪化したりするリスクが増えてしまいます。すすぎは洗いと同じ時間かそれ以上の時間をかけて、こちらも丁寧に優しく行うようにしましょう。

洗髪が終わったら、ドライヤーできちんと乾かすこともポイントです。基本的にドライヤーは髪から15〜20センチ程度離し、根元は乾かしすぎないように注意します。乾燥は肌バリアを壊したり、皮脂の過剰分泌をもたらしたりする原因となりかねないので、ドライヤーの使いすぎには気をつけましょうね。また、熱を加えすぎると頭皮にとってダメージになる恐れがあるので、ドライヤーは全体を満遍なく乾かすように動かすことがポイントです。

角栓を取る方法2:専門のサロンでもみ出す


もうひとつの角栓を取る方法に、専門のサロンでもみ出すやり方も挙げられるでしょう。頭皮の角栓は指先で取れてしまうこともあるものの、実際には自分できれいに取りきるのはなかなか難しいものです。どんなに毎日のシャンプーを頑張っていても、自分の頭部を自分で見ることは難しいため、洗い残しや不十分なすすぎなどが起こることもあります。手が届きにくいなどの癖で1カ所うまく洗えないところがあれば、長期間角栓がたまっている可能性が考えられます。洗髪はほとんど毎日のことなので、最近薄毛が気になってきた場合は、ぜひ専門家に相談してみましょう。

角栓を取る前に、まずは自分の頭皮がどういう状態か正しく知っておくことが大切です。専門のサロンでは、実際の頭皮の状態をプロと一緒に確認してくれるので安心です。プロも一緒に状態を見てきちんとした技術のもと角栓をもみ出すため、自分で洗髪するよりも効率的に除去できるでしょう。また、炭酸シャワーを使いながら効果的な角栓のもみ出しができるのも、専門のサロンに行くメリットです。これにより頭皮環境を高められ、強い髪づくりへの一歩を踏み出せます。さらに、角栓が詰まっている状態から除去できた状態まで、自分で確認できるのもサロンを利用したくなる理由です。

スコープによって自分の頭皮を拡大したものを映像として見ることができ、施術前と後でどのくらい頭皮に変化があったのかを実感しやすくなっています。なんとなく角栓が除去されたような気になって終わるのではなく、納得して施術を終えられるので、安心感や満足感が違います。加えて、角栓をもみ出すとはいえ、ヘアマッサージに似た気持ち良さを味わうことができ、シャンプーやすすぎもしっかりと行ってくれるのも、サロンならではの魅力といえますね。

サロンで角栓除去の体験をしてみよう

角栓は毛穴の詰まりの原因となる厄介なものです。角栓が常習化して毛穴に詰まると、髪の毛が生えにくくなったり雑菌が繁殖しやすくなったりします。自分できれいに除去するのは難しいため、角栓除去のプロがいる専門のサロンに行くなどの対策を立てるのも良い方法です。サロンには無料体験もあるので、気になる人はぜひ申し込みをしてみましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。