薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛対策室TOP > AGA > 白髪を発見したら抜くべき!?おすすめの対処法を解説!

白髪を発見したら抜くべき!?おすすめの対処法を解説!

公開日: 2019年7月9日


白髪を発見した時のショックは大きいものです。特に目立つところに数本生えているなどの場合、まわりの黒い髪の毛の中で一層目立つ存在となるため、抜いてしまいたくなる気持ちもわかります。しかし、白髪は本当に抜いても大丈夫なのでしょうか。「抜いたら増える」という噂もありますが実際のところはどうなのでしょう。この記事では、白髪は抜いてもいいのかどうか、また、見つけた時の正しい対処法について解説します。

白髪ができる仕組みとは?

そもそも白髪はどうしてできてしまうのでしょうか。まず、髪の毛はメラノサイトという色素細胞がメラニンを作ることにより黒くなります。もともとの髪の毛は白いのですが、毛穴から出てくるまでの過程で黒くなって出てくるということです。ところが、何らかの原因によりこの毛穴にあるメラノサイトの働きが弱まってしまうと、メラニンを生成できなくなります。メラニンが生成できないということは、髪の毛が白いまま出てきてしまうこととなり、これが白髪の生える仕組みです。

メラノサイトの働きが弱まってしまう原因についてははっきりしていないのですが、主に加齢や遺伝、栄養不足、ストレスなどが関係していると考えられています。中でも加齢や遺伝が原因である場合、メラノサイトの働きが再び蘇ることはほとんどないとされています。というのも、メラノサイトの機能が寿命を迎えすでに停止していたり、メラニン生成の材料となるチロシナーゼ酵素が減少していたりすると、なかなか元に戻しにくいのが現状だからです。そのため、すでに生えてしまっている白髪を元に戻すことは難しいと考えるのが一般的でしょう。

栄養不足やストレスが原因の場合、生活習慣の見直しなどにより問題の部分が解消されることで白髪が元に戻ることは考えられます。この場合、マッサージなどで頭皮に働きかけ代謝をよくしたり、食べ物から頭皮の活性に良い栄養素をとったりすることで、効果が得られる可能性が高まります。

白髪は抜くと増える?


「白髪は抜くと増える」という話を聞いたことはないでしょうか。しかし、実際に白髪を抜いたからといって増えることはありません。抜いたら増えたと感じるのは、正確にいうと、白髪の生えるスピードが抜くスピードに追いつかなくなったことで「抜いたら増えた」と感じたのではないかと考えられます。白髪の生え始めに抜いて対処していた人がこのように感じたことで、この噂が広まったのかもしれません。ただし、髪の毛は一つの毛穴から複数本生えているため、抜いてもまたすぐに同じ毛穴から別の白髪が生えてくることはあります。黒い髪を作れなくなった毛穴からは、別の毛だとしても白髪しか生えてこないからです。

実は白髪を抜いて問題なのは増えることではなく、毛穴を傷つけてしまうことにあります。髪の毛を無理やり引っ張って抜くことで毛穴にダメージがいくと、形が歪んだりして次に生えてくる髪の毛がくせ毛のようになったり、弱くなったりと、健康的な髪の毛が生えにくくなってしまいます。また、一つの毛穴から髪の毛が生えてくる回数には限りがあるため、抜くことにより自らそのサイクルを早めてしまうことになります。新たな髪の毛を生やすことができなくなった毛穴が増えれば、何年後かに薄毛に悩まされることにもつながりかねません。今は髪の毛のボリュームよりも白髪のほうが気になるかもしれませんが、年齢が上がるにつれて健康な髪の毛1本1本が大事であることを実感するはずです。なるべく毛穴を傷つけないような白髪対策を日々心がけましょう。

白髪を発見したときのおすすめ対処法1:根元から切る

毛穴を傷つけたくないからといってそのまま放置するわけにもいきませんよね。特に、日光や照明に当たると光って目立つため、それだけで老けて見える原因にもつながります。この場合、まずは根本から切ることが一番手軽な対処法です。なるべく毛穴に近い部分から切ることで目立ちにくくなり、毛穴にかける負担も少なくて済みます。方法としては、まず白髪を持ち上げ、他の黒い髪の毛まで一緒に切ってしまわないようにハサミを滑らすようにしてピンポイントで白髪のみを切っていきましょう。頭皮に負担をかけないよう引っ張りすぎにも注意します。なるべく根元から切ることがポイントです。

ただし、白髪は普通の髪の毛よりも硬いことが多く、切った白髪が伸びてくると毛がツンと立って余計に目立ってしまうことも考えられます。白髪の本数が多かったり、つむじや分け目など短い毛が目立ちやすい部分だったりする場合は、ほかの方法を考えたほうがいいかもしれません。分け目を変えて目立ちにくくするというのも一つの方法です。

白髪を発見したときのおすすめ対処法2:黒染めをする


あまり本数が多い場合は、黒く染めてしまうのが一番手軽でしょう。ただし、白髪染めはおしゃれ染め用のカラー剤よりも色素が濃いためアルカリ度が強く、髪を傷めやすいという性質があります。市販のものは誰が行っても確実に染まるように、さらに色素が強くなっているため、ダメージを受けやすいとのこと。時々白髪が見つかる程度であれば、普通のカラー剤で明るめに染めてなんとなく白髪をぼかしたりする方法でも良いかもしれません。また、一部に白髪が密集している場合であれば、その部分のみを白髪染めすることも可能です。市販のものは費用が抑えられたり、小分けにして使えたりと便利なこともありますが、髪や頭皮の健康のことを考えるのであれば、美容院でプロに相談して施術してもらうほうが安心といえるでしょう。

白髪を増やさないための対策とは?

白髪の原因が加齢や遺伝である場合、一度できてしまった白髪が元に戻ることは考えにくいと説明しました。このことから、白髪は減らすことを考えるよりも、これ以上増やさないことや、メラノサイトの働きを良くするような対策をとることが現実的です。メラノサイトの働きを良くするためには、まずは頭皮の血行を促しましょう。頭皮に働きかけることで、必要な栄養素が血流にのってメラノサイトまで届き、メラニン生成の働きを活発にしてくれることが期待できます。

毎日できるケアとしては、まずシャンプーをしっかり行うことです。皮脂の汚れを落とすとともに、頭皮に働きかけマッサージするようなイメージで行うとより効果的です。指の腹で頭皮を傷つけないように優しく洗い、洗い終わったら、シャンプーが残らないようにしっかり洗い流すことも忘れないようにしましょう。すすぎが不十分だとフケやかゆみに繋がるだけでなく、毛穴に汚れが詰まることで頭皮の新陳代謝が悪くなり、血行不良につながります。その結果、メラノサイトの働きが悪くなり白髪が増える原因を助長させてしまいます。お湯やシャンプーで皮脂やホコリなどの汚れを落とすとともに、シャンプーのすすぎ残しがないようにすることは基本中の基本と考えましょう。

最後に、頭皮用のローションを使って頭皮に必要な栄養を補給すればより効果的です。特に生え際・頭頂部・側頭部などは白髪ができやすい場所とされているため、この3点を重点的にケアするとともに、マッサージをするなどして頭皮に働きかけましょう。特に頭頂部には筋肉がないため、外から刺激を与えることは血行促進のために大事なことです。シャンプー中や湯船に浸かっている間に積極的に押したり揉んだりしてみるなど、簡単にできることを継続する姿勢が大切です。

適切な対処で健康な毛穴を維持しよう!

白髪対策においては、いかに毛穴を傷つけないかがポイントです。ポツポツと出てきた白髪を「1本くらい大丈夫」と思って抜いてしまったら、数年後、もしくは数十年後に思わぬ後悔をすることにもつながりかねません。すでに生えてしまった白髪に関しては切ったり染めたりして対処し、健康な髪の毛を維持することを心がけましょう。