薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

頭皮がむけるのはどんな理由?考えられる原因から対策までを解説

公開日: 2019年7月3日


普通のケアをしているだけなのに、頭皮がむけてしまうことはあります。頭皮の環境は髪の毛のコンディションとも関係しているため、常に整えておくのが望ましいでしょう。原因を知らなければ、正しい方法で頭皮をケアできません。この記事では、頭皮に関するトラブルで考えられる原因や、適切な対処法について解説していきます。

頭皮に起こりやすいトラブルには何がある?


頭皮に関して、特に起こりやすいトラブルは「かゆみ」でしょう。頭皮が乾燥すると激しくかゆくなったり、フケが発生したりします。思わず強くかきむしりたくなっても不思議ではありません。しかし、そのことで頭皮を傷つけてしまう可能性も出てきてしまいます。次に、「睡眠不足」によっても頭皮のコンディションは乱れます。十分に寝ていないと頭皮が赤らんだり、皮脂分泌量が増えたりしがちです。その結果、頭皮全体がべたついて荒れやすくなるのです。

アレルギー症状の一種である「湿疹」も注意するべきです。頭皮は薄く繊細な部分なので、ささいな体調の変化が現れることも少なくありません。さらに、気候の変化などによって頭皮がかさついてむけるのもよくあるトラブルのひとつです。

季節によっても頭皮のトラブルが多くなる時期はあります。たとえば、春は秋と同じくらい抜け毛が多くなります。いわゆる「季節の変わり目」には体に負担がかかりがちです。そして、頭皮は自分だとなかなか気づきにくい箇所です。異変を感じたら、サロンなどで専門家に診てもらいましょう。細かく診察されたうえで、初めて頭皮のトラブルを自覚できるケースも珍しくありません。的確なケアを考えるうえでも、早い段階で症状を知ることは大切です。

頭皮がむける原因で考えられるものは?

より詳しく、頭皮がむける原因を探ってみましょう。自分では「普通にしていたはず」と感じていても、思いもよらないきっかけで不調をきたしているケースがあるからです。まず、皮膚には「角質」と呼ばれるバリア機能があります。角質自体はさまざまな刺激から細胞を守るために重要な役割を果たしてくれています。しかし、頭皮の表面にある角質が炎症を起こしてしまうと、頭皮ごとめくれていく危険も生まれるのです。

どうして角質が炎症を起こすのかというと、頭皮の構造と関係があります。基本的には、頭皮もほかの皮膚と同じつくりです。もっとも深い階層から、「皮膚組織」「真皮」「表皮」が重なり成り立っています。そして、表皮のもっとも表面にある部分が角質です。角質は皮膚膜によってカバーされているものの、皮膚膜が不足しているときには乾燥が起こります。その結果、炎症を発症してしまうのです。

シャンプーの選び方も炎症の原因になりえます。シャンプーの中には「洗浄力」を売りにしているものも珍しくありません。髪の毛を美しく仕上げられるので、洗浄力の強いシャンプーを優先的に使っている人は多いでしょう。しかし、洗浄力が強すぎると本来は必要なはずの皮脂まで洗い流してしまいます。シャンプーを選ぶときは洗浄力だけにこだわらないほうが無難です。

頭皮がむけるのはカビが原因の場合もある


カビが原因になっている皮膚炎で頭皮がむけ始めはじることもあります。正確には「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」という症状です。紫外線の量が増える梅雨から夏にかけて発症しやすくなります。本来、脂漏性皮膚炎は頭皮に限らず、皮脂が多くなる部分ほど発症率が高くなります。皮脂はもともと、皮膚や毛髪を守るために分泌される物質です。しかし、皮脂が過剰分泌されてしまうとニキビが増えたり、加齢臭を起こしたりといったデメリットも生まれます。脂漏性皮膚炎もこうしたトラブルの一種であり、頭皮が赤くなって激しいかゆみをともないます。

脂漏性はほかの皮膚炎と間違われてしまうことも少なくありません。ただ、大きな特徴は「カビによる炎症」という点です。頭皮にはもともと、「マラセチア」というカビが常在しています。それ自体は特に危険もなく、誰の頭皮にもあるものです。しかし、ホルモンバランスの乱れや栄養不足などによって皮脂が増えると、混ざり合って有害な存在に変わります。病原菌などが原因ではないので、ほかの皮膚炎なら効くはずの治療法があまり意味をなさないことも出てきます。そうやって対処が遅れていると慢性化する可能性も生まれます。即座に反応できるよう、フケが多くなったり頭皮がむけはじめたりするなどの異変には敏感になりましょう。

頭皮がむけることで心配される問題は?

実際に頭皮がむけていくと、どんなデメリットがあるのか知っておきましょう。まず、「薄毛」の心配が出てきます。頭皮がむけるということは、乾燥や炎症といったことに関係なく「頭皮のコンディションが乱れている」といえるでしょう。つまり、毛髪が生えるうえで理想的な状況が整っていないということです。放置していると、髪の毛が生える周期が遅くなっていき、薄毛になる可能性が生まれます。

また、頭皮がむけていくときには、かゆみをともなっているケースも珍しくありません。無意識のうちに、髪の毛をかきむしる癖が身についてしまう人もいるでしょう。しかし、頭皮のように繊細な箇所を刺激し続けていると、ますますコンディションは乱れていきます。さらに薄毛へとつながる恐れもあるので、早い段階で対応するのが得策です。

それでも、頭皮の異常を先送りにしてしまう人はたくさんいます。なぜなら、頭皮は自分では見えづらいので症状の重さを自覚しづらいからです。それに、重度の炎症であっても初期症状は軽いかゆみ程度であることが珍しくありません。深刻にとらえないまま、ケアをせずに放っておきがちです。気がついたときには、頭皮が荒れて薄毛が目立ちはじめている事態になりかねません。頭皮のささいな異常も見逃さないようにする意識が肝心です。

頭皮がむけるのを防ぐための対策とは?

もしも頭皮がむけていると自覚したら、できる範囲でブレーキをかける努力をしましょう。まずは「頭皮のリフレッシュ」です。乱れている頭皮の環境を整えていかなくてはいけません。たとえば、セルフで行える「頭皮マッサージ」などは手軽な方法です。頭皮の血行を促進させ、栄養が行き届くようにします。肩こりなどが血行を悪化させているケースもあるので、ストレッチや適度な運動も取り入れましょう。また、頭皮への刺激をなくしていくことも大切です。刺激の強いシャンプーを使わず、天然素材の商品に切り替えるなどします。

次に「生活習慣」へと目を向けます。個人差こそあるものの、不規則な生活リズムや年齢にそぐわない習慣などは頭皮に影響を与えかねません。たとえば、強いストレスはホルモンバランスの異常へとつながります。仕事や人間関係の悩みを抱え込まず、休日には気分転換に時間を割くことも大事です。また、睡眠時間にホルモンは分泌されるので、早寝早起きを心がけましょう。それでも、どうしても年齢を重ねると活力や代謝は落ちていくので、頭皮のコンディションを維持するのは難しくなっていきます。専門家に相談するなどして、自分の年齢に合ったケアの方法を見直してみるのもひとつの選択肢です。1人で悩むよりも、前向きな意見が聞ける可能性は高いでしょう。

専門のサロンで適切なケアを受けてみよう

頭皮がむける原因はいろいろなので、自力で判断しにくいでしょう。それでも、頭皮のコンディションが乱れているという事実は変わりません。サロンなどで専門家に診てもらい、しかるべきアドバイスをもらいましょう。無料体験を実施しているサロンも多く、不安がある人も気軽に申し込めます。早い段階で対処し、薄毛を抑えられるように努めましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。