薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

頭皮が痛いと感じる原因とは?それぞれの対処法と対処法について

公開日: 2019年7月3日


普通に過ごしているつもりなのに、頭皮が痛いと感じることがあります。頭皮は非常に繊細なので、ささいな刺激によって環境が乱れている可能性もありえます。また、深刻に考えていない場合でも、髪の毛が影響を受けるリスクもあるので注意しましょう。この記事では、頭皮が痛いと感じるときの原因や対処法について解説します。

ニキビが原因で頭皮が痛いときの対処法


頭皮が痛いとき、ありがちな原因が「ニキビ」です。頭皮も皮膚の一部には変わりがないので、ほかの部位と同じくニキビができます。むしろ、毛穴が集中している頭皮は皮脂分泌も多くなるので、特にニキビができやすいパーツだといえるでしょう。ニキビそのものは放置しておくと自然治癒することが多いので、悪性とまではいえません。しかし、頭皮のニキビは悪化しやすい特徴を持っており、ときにはひどく痛み出すのです。

頭皮のニキビが悪化する理由として、「ターンオーバーの乱れ」が挙げられます。ターンオーバーが正常に機能していると、古くなった頭皮の角質は垢として剥がれ落ちていきます。しかし、ターンオーバーが乱れると角質が頭皮にとどまり、どんどん厚くなっていきます。その結果、皮脂が毛穴につまってニキビとなり、雑菌を招いてしまうのです。次に、「間違ったシャンプー」も理由のひとつでしょう。シャンプーをしっかり洗い流さなかったり、髪を風呂上りに乾かさなかったりしているとアクネ菌と呼ばれる雑菌が増殖します。アクネ菌がニキビに侵入すると、腫れや痛みを引き起こすのです。

これらの原因に対処するためには、正しいシャンプー方法の実践が不可欠です。低刺激で肌との相性がいいシャンプーを選び、やさしく頭皮を洗うよう心がけましょう。爪を立てるのではなく、頭皮をマッサージする感覚でシャンプーするのがコツです。このとき、シャンプーは手の上でしっかり泡立ててから使うのが正しい方式です。そして、洗い残しがないようしっかりとすすぎ、風呂上りにはドライヤーを使って頭皮を乾かします。

頭皮を指で押すと痛いときの対処法

日常的には何も感じなくても、頭皮を指で押したら痛く感じる人もいるでしょう。こうした際の原因で考えられるのは「血行不良」です。頭皮は体の中でも特に薄い皮膚であり、そこに血管が集中しています。つまり、血行に問題が生じるとすぐ影響を受けてしまいがちです。血のめぐりが停滞すると血管がふくらんでしまうので、わずかに頭皮が盛り上がっていきます。指で無理に押すと痛みを感じるのは、血管に圧がかかってしまうためです。

頭皮が血行不良になるのは、「睡眠不足」が大きいでしょう。睡眠不足は自律神経を乱すので、血のめぐりやホルモンバランスに悪影響を与えます。次に、「眼精疲労」も見逃せない要因です。目が疲れるのは、長時間、同じ物を見続けていたり、姿勢を保ち続けたりしているからです。その結果、首や肩がこってしまい、頭皮の血行も滞っていきます。さらに、「ストレス」も血行と関係があります。ストレスもまた自律神経を乱すため、頭皮の痛みへとつながっていくのです。

頭皮の血行が悪くなると、皮膚がコリ固まっていくのでますます血行が停滞する悪循環に陥ります。当然、酸素や栄養が満足に供給されないので薄毛や抜け毛も招きかねません。すぐにできる対処法としては、生活リズムを見直すほか、眼精疲労に気をつけることでしょう。必要がないのにスマートフォンやパソコンを過度に使い続けるのは厳禁です。仕事などで使わざるをえないときも、定期的に離席したりストレッチしたりして筋肉のコリを予防しましょう。机や椅子の高さを調整するのも、目の負担を軽減します。

頭皮の色もチェックしよう


痛いだけではなく、頭皮が赤くなっているのは危険な兆候です。紫外線のダメージを受けているか炎症を起こしている可能性があるでしょう。紫外線のダメージとは要するに「日焼け」です。真夏日に、肌が黒くなって痛くなるのと同じ現象が頭皮に起きている状態です。なぜ頭皮が紫外線の影響を受けやすいのかというと、人体でもっとも太陽に近い場所にあるパーツだからです。「日焼け」だと思って甘く見ていると、頭皮の成分が奪われて髪の毛が生えにくくなりかねません。また、炎症の場合は花粉症の延長などによって引き起こされます。鼻水やくしゃみといった合併症状があるなら、高確率でアレルギー性だといえるでしょう。

紫外線の対処法としては、帽子をかぶって頭皮を保護するのが一番です。次に、炎症の対処法としては皮膚科を受診するのが賢明です。アレルギー体質に無自覚なままだと、特定の条件下で症状が再発してしまいます。徹底的に原因を突き止め、薬を処方してもらいましょう。

一方、薬剤の影響で頭皮が腫れているケースも考えられます。カラー剤やパーマ液、薬品やシャンプーなど、頭皮に影響のある成分を挙げていけばキリがありません。一般的には安全とされている成分でも、体質によっては拒絶反応が示されます。こうした原因を自力で特定するのは非常に困難です。症状があまりにひどいようなら医師に相談するか、ヘアサロンでカウンセリングを受けてみるのが得策です。そして、自分に合っていない成分を自覚し、今後の生活に役立てましょう。

髪にも影響する頭皮神経痛に注意

頭皮の痛みは「頭皮神経痛」の一種である可能性もあります。頭皮神経痛とは現代病に分類される症状であり、血管がふくらんで神経を圧迫された結果として引き起こされます。脳そのものに異常があるわけではないので、ほとんどのケースでは数日から数週間で痛みは消えていきます。ただし、常に痛みを感じながら生活をしなくてはいけないため、当人からすれば大きなストレスになるでしょう。

頭皮神経痛の原因はさまざまです。姿勢が悪かったり負荷が体にかかったりして血行不良を起こしていることもあれば、ストレスによる場合もありえます。さらに、騒音や大気汚染、気候の変化に体がついていけないときにも頭皮神経痛は発症します。生活環境が急激に変わったり、季節の変わり目が訪れたりしたときに、頭皮神経痛は起こりやすいといえるでしょう。ただ、原因はいろいろでも新陳代謝が邪魔されて頭皮が硬くなっている状況は変わりません。そして血液の循環が停滞し髪に栄養が行き届きにくくなるので、抜け毛や薄毛が増えることも考えられます。そのうえ、髪の質そのものが弱くなりもします。

頭皮神経痛は触れるだけでも痛みをともなうので十分なケアを行えません。頭皮だけでなく、髪の毛へのブラッシングもしにくくなります。そして、頭皮や髪の毛の状態がますます悪化していきます。頭皮は硬くなる一方で、放出されるはずの老廃物も毛穴にたまったままです。頭皮環境が荒れてしまい、健康な髪の毛が育たなくなっていくでしょう。頭皮神経痛は髪の毛を維持するために、無視できない問題です。少しでも頭皮が痛いと感じたら、自分で判断せず専門家に診断してもらうことも大切です。

頭皮の状態が悪化していないなら専門サロンに相談しよう

頭皮の痛みは敏感に対処したい問題です。もしも炎症が起きているようなら、皮膚科の医師か、髪や頭皮のプロフェッショナルである育毛専門サロンに相談してみましょう。頭皮が悪化していれば、病院で適切な治療を受けるのが得策です。まだ悪化する前であれば、育毛専門サロンの無料体験を通して正しい頭皮ケアを学びましょう。

無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。