薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

頭皮が硬いと薄毛につながる?硬くなる原因と柔らかくする方法とは?

公開日: 2019年11月27日

薄毛はさまざまな原因によって起こりますが、頭皮の硬さも原因の1つになるといわれていることを知っているでしょうか。薄毛の悩みを解決するには原因となっているものを取り除くことが有効です。今回は、頭皮が硬くなってしまう原因や頭皮の硬さと薄毛の関係性、頭皮を柔らかく保つためにはどのようにすればよいかを解説します。

頭皮の硬さチェックをしてみよう

頭皮の硬さについては、日常的にはあまり意識せずに生活している人が多いのではないでしょうか。しかし、美容院に出かけたときなどに頭皮が硬いといわれたことがきっかけで、頭皮の硬さが気になり始めたという人は少なくありません。頭皮が健康的な人は柔らかく、健康が損なわれている人は硬くなる傾向があります。頭皮が硬くなっている場合、そのままの状態にしておくのはあまり良いこととはいえません。できれば柔らかく弾力性のある状態に戻していきたいものです。頭皮を柔らかくする方法を試みる前に、自分の頭皮が硬いのかそうでないのかを知っておきましょう。

チェック方法はとても簡単です。両手の指を開いて頭全体を鷲掴みにして、円を描くようにゆっくりと動かしてみましょう。頭皮が柔らかい人の場合は、指の動きに連動して頭皮も一緒に動き、指を小刻みに動かしたとしても痛みなどを感じないです。また、頭皮が柔らかい場合は弾力に富んでおり、指で押してもそのままの状態ではなく戻ってきます。一方、頭皮が硬くなってしまっている場合は、指でつかんで動かそうとしてもうまく動かせません。動かそうとした場合に痛みを感じることもあります。弾力性も失われているため、触ったときの感触も柔らかさはなく、頭がい骨に直接触れているような感覚です。

頭皮が硬くなる原因とは?

頭皮が硬くなる原因は4つあります。

1つ目は、血行不良です。体内の栄養や酸素は血液によって体全体に運ばれますが、血行不良になると血液の流れが滞ってしまいます。頭皮は身体の他の部分と比べて筋肉が少ない部位であるため血液が循環しにくい場所です。血流が良くないと頭の筋肉に疲労物質がたまり、頭皮が硬くなってしまいます。血行不良の原因はさまざまな生活習慣です。運動をして筋肉を使うと血液の循環も良くなりますが、あまり運動をしない人は血行も良くありません。
また、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることが多い人も血行不良になりがちです。長時間座りっぱなしの姿勢を取っていると太ももからお尻の血行が悪くなります。ひいては、下半身だけでなく上半身も同様に血行が悪くなってしまうのです。目の疲れを感じやすい人も顔や首の筋肉が緊張してしまうため、血行が悪くなります。ストレスが多いと自律神経の乱れから血行が悪くなりがちです。冷え性の人も血液の循環がうまくいかないことが多いため、血行が悪いことが少なくありません。睡眠不足や食生活の偏りによる栄養不足も血行に悪い影響を及ぼします。

2つ目は、紫外線による影響です。紫外線を長時間浴び続けることによって、肌の弾力性に関係するコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまいます。屋外にいることが多い人は紫外線を浴びない工夫をしたほうがよいでしょう。

3つ目は、頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥するとターンオーバーが早まって未熟な角質が生み出されて角質化しやすくなり、余計に乾燥が進んでしまいます。乾燥肌の人は頭皮も乾燥しやすいです。また、洗浄力の強すぎるシャンプーは本来落とさないほうが良い皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮の潤いを損ねてしまいます。

4つ目は、老化です。頭皮が最も柔らかいのは男女ともに20歳頃といわれており、年齢を重ねることによって頭皮の血流が悪くなって硬くなります。

頭皮が硬くなるとどんな影響があるのか

血液によって栄養や酸素が身体の隅々まで運ばれるため、血行が悪くなると髪を生成するのに必要な栄養や酸素が頭皮に届きにくくなります。その結果、髪の栄養が不足して弱い髪になり、全体のボリュームが減って地肌が透けて見える薄毛や抜け毛の増加を引き起こす可能性があるのです。また、頭皮と顔の筋肉はつながっているため、頭皮が硬くなり弾力性を失ってしまうと顔を支えている筋肉もそれに連動してハリがなくなります。

その結果、顔のたるみやシワが目立つようになりがちです。さらに、頭皮が硬くなることによって肩や首の筋肉も引っ張られた状態が継続するため、肩や首がこりやすくなります。肩こりや首のこりは頭皮の硬さが原因で起こることも少なくありません。そのうえ、頭皮から肩や首がこると、緊張型頭痛と呼ばれる頭痛を引き起こしやすくなります。このように、頭皮が硬くなることによって、髪への影響だけでなく身体全体にさまざまな悪影響が出てくる可能性があるのです。

頭皮を柔らかく保つマッサージ法

頭皮を柔らかく保つためには、頭皮のマッサージを行うと良いです。マッサージは、入浴後の清潔な状態のときに行うと効果が期待できます。入浴して湯船に浸かることによって血行も良くなるため、マッサージを行うタイミングとして最適です。マッサージをするときは、頭皮だけではなく筋肉をつかむように意識して行いましょう。女性も薄毛に悩むことが多い前頭部は、親指と人差し指でつまみ上げるようにマッサージします。生え際からつむじの手前の部分まで場所を移動させながら行いましょう。側頭部は、手を開いて親指は耳の後ろ、小指はこめかみに置いて頭皮を頭頂部に向かって引き上げます。さらに、両手を組んで親指の第二関節を頭頂部に置いて、頭皮を頭頂部に集める感覚で寄せてきましょう。場所を移動させながらマッサージしていきます。

お酒やたばこも悪影響?日常生活の注意点

頭皮が硬くなるのは、日常生活の送り方が原因になっていることも少なくありません。日常生活を見直すことによって、頭皮環境を高めることにもつながります。まず、食生活を見直しましょう。人の身体は食べたものから作られており、髪を健やかに保つための栄養も食事が基本となっています。そのため、栄養が偏った食生活をしていては、十分な栄養を髪まで届けることができません。髪に栄養が十分に行きわたれば、ハリやコシが出てきます。特に髪にとって必要な栄養は、たんぱく質、ビタミン類、ミネラルです。髪は主にたんぱく質で構成されているため、不足すると髪を健やかに保つことができません。

また、たんぱく質は臓器やホルモンなどの元でもあるため、不足してしまうと髪まで栄養が届かなくなってしまうのです。ビタミンの中でもA、C、Eは頭皮を健康に保ち、Bは髪の細胞の成長促進に関係しています。ミネラルは、代謝にかかわる酵素を活性化し、栄養素を送り届ける働きがあり、体内で作り出すことができません。そのため、食べ物から摂取することが必要です。つづいて、タバコも髪にとっては良くありません。タバコを吸うことによって血管が収縮するため頭皮が硬くなってしまいます。喫煙習慣がある人は、なるべく控えるようにしましょう。

運動不足も血行が悪くなる原因の1つです。運動をすることによって体内の血液が循環しやすくなります。血行を良くするのに効果的なのはヨガやウォーキング、水泳などの有酸素運動です。また、ストレスも髪にとっては良くありません。ストレスがあると血液の流れをコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。その結果、血液が頭皮まで十分に行きわたらず、頭皮が硬くなることから薄毛の原因になってしまうのです。さらに、睡眠不足も髪にとっては良くありません。頭皮や髪のダメージは、寝ている間に修復されるため、睡眠が浅く質の良い睡眠がとれない人は、頭皮や髪のダメージが蓄積されがちです。

頭皮を柔らかく保つには毎日のケアが大切!

頭皮が硬いと薄毛の原因になることがあるため、頭皮を柔らかくすることが大切です。頭皮を柔らかくするには、日常生活を見直したりマッサージをしたりすると効果があります。しかし、自分でケアをすることはなかなか大変です。そこで、プロの頭皮ケアを受けてみてはいかがでしょうか。バイオテックなら、プロの頭皮ケアを無料で受けられるため、自分に合った頭皮ケアの方法を見つけられるかもしれません。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。