薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGAには治療の選択肢が複数ある!自分に合う方法を選べるようにしよう

公開日: 2019年11月20日


思春期以降、男性ホルモンの変化や遺伝の影響などによって引き起こされるAGA。日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれ、男性の75%が発症するといわれています。AGAは進行性であり、放っておくと徐々に髪の毛は弱っていってしまうので、早めのケアが重要です。AGAを治療するときには、薬を飲んだり頭皮を直接刺激したりとさまざまな方法があります。自分に合ったものを選ぶためにも、それぞれの特徴について知っておきましょう。

AGAの治療を受けられる場所は?

いざ、AGAの治療を受けようというときにはどこに行くべきなのでしょうか。まず挙げられるのは、AGA治療を専門に行う医療機関です。ホームページやクリニックの看板などに「AGA治療専門」あるいは「薄毛治療専門」などと書いてあることが多いので、見つけるのは容易でしょう。専門家によるアドバイスを受けることができ、また受けられる施術の幅も広いため集中的にケアしたい人に向いているといえます。ただ、自分の症状がAGAによるものかどうかわからない段階では行きづらいと思う人もいるかもしれませんね。そんな人は、美容皮膚科や美容外科、形成外科に行ってみてはいかがでしょうか。

頭皮も「皮膚」に含まれますから、こういった皮膚を専門に扱うクリニックでも診てもらうことができます。これらのクリニックでAGAを治療する際には、保険の効かない自由診療で行うことがほとんどです。また、皮膚の疾患全般を診てもらえる一般皮膚科でもAGA治療の取り扱いがあるところもあります。一般皮膚科では保険診療の施術がメインになるので、他のクリニックとはアプローチ方法が異なることも少なくありません。ちなみに、美容皮膚科と一般皮膚科、美容外科と形成外科のそれぞれの違いはその目的にあります。「美容~」は名前の通り、見た目の美しさを重視してケアしていくのに対し、他の2つは「身体の異常を正すこと」に重点を置いています。

AGA治療の主な選択肢は?


どのクリニックを選んだとしても、AGAの治療として提案されることが多いのは大きく分けて3つです。その3つとは、投薬治療、注入治療、そして自毛植毛です。投薬治療では、医師の診察を受けて必要な薬の処方箋を出してもらいます。薬の種類はさまざまで、内服薬もあれば外用薬もあります。どういった薬が処方されるかは、症状の進行状況や本人の体質、あるいは本人の希望などによって決まるので千差万別です。また、それらの薬に対しどのような反応が出るのかも個人差があるため、どの薬が効果がある、というのは一概にいえるものではありません。医師と相談しながら、自分に合ったものを探していきましょう。

注入治療では、有効成分を頭皮や毛根に直接注入していきます。AGA治療の先進技術として注目されており、これまでの治療方法とは違った効果が期待されています。しかし、先進治療ゆえに高額な費用がかかることが多いのが難点です。自毛植毛は、側頭部や後頭部など毛量が十分にある部分から、自分の髪を頭皮ごと薄毛が気になる部分に移植していきます。自分の頭皮ですから拒否反応が起こることもなく、スムーズに治療を進めていけるのが特長です。しかし、こちらも高額な費用が必要になる上大がかりな手術が必要になるため、負担に感じる人は少なくないでしょう。

治療にかかる期間や費用は?

通常、人間の毛は一定のサイクルで生え変わっています。髪の毛もその例外ではなく、AGAの治療はそのサイクルに合わせて行っていきます。そのため、効果が出るまでに時間を要することは事前に知っておきましょう。早い人でも効果を実感するには6カ月かかりますので、長期戦になることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。完治までにどれくらいかかるのか、というのは答えるのが非常に難しい質問です。なぜなら、AGAは進行性であるため、治療をしていたとしても症状が進行する恐れがあるためです。完治と言い切るのは難しく、本人の希望によって治療の終了時期が決まります。

費用は治療内容によって変わります。投薬だけであれば数千円で済みますが、先進治療の場合は10~100万円と費用は高額です。クリニックに通う期間が長くなれば必然的に払うお金を払う回数は増えていきますので、どこまで治療を続けるのかはよく考える必要があるといえるでしょう。医療機関で治療を受けるときには、保険が適用されるケースも中にはあります。その場合は上記で示した金額よりも安く済む可能性がありますが、残念ながらAGAの治療はほとんどが保険適用外です。

AGA治療に副作用はないの?

AGA治療によく使われるのはプロペシア(フェスナリド)とミノキシジルという薬です。これはアメリカの厚生労働省にあたるFDAによる認可を受けており、日本においてもAGA治療に有用な治療薬であることが認められています。しかし、身体にきちんと作用するがゆえに人によっては副作用が出てしまうことがあります。AGA治療薬に限らず、強い効果がある薬には副作用があることは珍しくありません。使用方法を間違えると、重篤な症状を引き起こしてしまうこともありますので、それぞれの薬について注意事項を確認しておきましょう。

内服薬であるプロペシアは、男性ホルモンに作用して抜け毛予防を促す治療薬です。男性しか服用することが認められておらず、女性が飲んだり薬に触れたりした場合には下痢や腹痛などの症状が出ることがあります。他にも食欲がなくなったり、抑うつ状態になったりすることもあります。また、男性であっても20歳以下の場合は服用が認められていません。ミノキシジルは内服薬と外用薬の両方があり、どちらも循環器系の疾患を持つ人は使用することができません。ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療のために作られた血管拡張薬です。血管を広げることが薄毛ケアにも役立つということが後々わかり、AGA治療薬として転用されたのです。低血圧の人、他の高血圧の薬を飲んでいる人などは服用すると重篤な症状が出る恐れがあります。

また、塗るタイプのミノキシジルは頭皮のかゆみや痛みが発生することがあります。その確率は全体の8%と、決して少なくない数字ですので注意深く使用していきましょう。ちなみに、日本では外用薬しか認可されていません。海外の内服薬を個人で輸入しようかなどと考える人もいるかもしれませんが、医師の判断がないまま服薬するのは非常に危険ですのでやめましょう。

サロンで受けるケアとの違いは?


育毛サロンでもAGAへのアプローチは行いますが、それは「治療」ではなく「ケア」の範囲内においてです。クリニックで医師によって行われる医療行為とは一線を画すものですから、両者の違いは認識しておきましょう。しかし、対応してくれるスタッフは毛髪や頭皮について十分な専門知識を有しています。クリニックとはまた違った角度から、さまざまな提案をしてくれることでしょう。クリニックの場合、使用されるのは非常に強い薬です。にも関わらず、どのような効果が出るのかは実際に使ってみないとわからないことが多く、人によっては効果が出づらかったり、副作用が出てしまったりということがあります。せっかくお金を出したのにそんな事態になってしまっては、悔やんでも悔やみきれませんよね。

対して、育毛サロンで使用されるのは処方薬ほど強いものではありません。頭皮を清潔にしたり、頭皮環境を高めたりすることが目的で、誰でも安全にトライすることができます。また、金額も処方薬ほど高くないため、気軽に試してみることができるでしょう。自分がAGAなのかわからなかったり、まだそれほど悩んでいなかったりする場合には、サロンの方が相談しやすいのではないでしょうか。本格的に悩んでいる、という人でもサロンのケアはクリニックの治療薬と併用できますのでご安心ください。

治療の前にサロンのケアを受けてみよう

AGA治療は早く始めるほど効果が出やすいため、早めの動き出しが重要です。しかし、薄毛の原因がAGAではない場合、逆効果になってしまうこともあります。「何から始めればいいのか」と悩む人は、バイオテックの無料体験を受けてみてはいかがでしょうか。頭皮の状態や日頃の生活習慣の影響などを確認することができ、適切なケア方法を考えていくことができるはずです。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。