薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGAは遺伝だから仕方ないなんて思い込み!対策が無駄ではない理由とは?

公開日: 2019年11月27日
更新日: 2019年11月27日  

AGAは遺伝だからあきらめるしかない、と思いなにも対策をしていない人もいるでしょう。しかし、適切な対策を知り継続していくことは決して無駄にはなりません。もし、すでにあきらめてしまっていた人は、これから少しずつ対策をしながら様子をみてみることが大切です。ここでは、AGAの原因と考えられるもの、対策方法などについて紹介します。

AGAに遺伝が関与していることは事実

AGAは遺伝が多少なりとも関与している可能性が高いです。もし、自分の母方の祖父が薄毛の場合には、薄毛が遺伝する可能性は75%ほどになります。一方で、仮に自分がそのケースに該当していたとしても必ず薄毛になるともいえません。しかし、なぜAGAが遺伝に関与しているかというと、AGAの原因物質である5αリダクターゼとアンドロゲンレセプターには遺伝的な要因があるといわれているからです。5αリダクターゼの分泌量は遺伝する可能性があるといわれています。また、5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結合することで、ジヒドロテストステロンに変化させる働きをする物質です。その結果、アンドロゲンレセプターとジヒドロテストステロンが結合すると、抜け毛を発症させる働きをする可能性が高いといわれています。アンドロゲンレセプターの感受性も遺伝する可能性があるため、AGAが遺伝に多少なりとも関わっているといわれている理由のひとつです。

しかし、遺伝が関与するのはあくまでもAGAのなりやすさであり、AGAそのものが遺伝するわけではありません。そのため、仮に薄毛が気になってきたとしても、なるべく早く治療を始めれば90%以上の人は薄毛が気にならない程度になる可能性があります。AGAは遺伝だから仕方ない、とあきらめる前にしっかり知識をつけ、対策をたてて対処することが大切といえるでしょう。

親のAGAが100%遺伝するわけではない

身近な存在である両親のどちらかがAGAの場合、恐らく自分にも遺伝しているのではないか、と考えがちです。しかし、100%遺伝するわけではないので心配しなくても大丈夫です。それでも、父親が薄毛であれば自分も年齢を重ねるにつれて、同じような姿になるのではないかと心配になるかもしれません。しかし、薄毛が遺伝する原因と考えられている5αリダクターゼとアンドロゲンレセプターはX染色体に乗っています。父親からは基本的にX染色体ではなくY染色体が受け継がれるので、たとえ父親が薄毛であっても薄毛の性質は受け継がれないという説があります。

一方で、母親の5αリダクターゼとアンドロゲンレセプターなどの薄毛遺伝子が乗ったX染色体を子どもが受け継いだ場合、その子どもが薄毛の性質を受け継ぐ確率は50%ほどといわれています。そのため、どちらかというと母方の親族が薄毛の家系である場合は、多少遺伝の影響を受けやすい可能性があるといえるでしょう。

AGAの原因は遺伝だけではない

AGAの原因はひとつではありません。実際にはさまざまな原因が少しずつ関わっている可能性が高いでしょう。遺伝以外の原因には後天的な要因も大きいです。父親の薄毛自体は遺伝することがないといわれているものの、共に生活するなかで長い間同じような食生活を続けていることが、薄毛の間接的な原因になることもあります。さらに生活習慣も似ていることで、その生活習慣によって薄毛がすすむ可能性もあるでしょう。家族は食生活と生活習慣が似ている可能性が高く、このことがAGA発症の原因のひとつとなる可能性があります。

仮に遺伝が深く関与してAGAを発症したとしても、親と生活環境や習慣が大きく異なる場合などは進行のスピードに違いがでる可能性もあるでしょう。さらに、兄弟同士でもAGAの型が違ったり、進行のスピードが異なることもあります。このようにAGAは遺伝が関与しているといわれていますが、遺伝以外の原因も大きく影響している可能性が高いです。

遺伝以外の部分には対策が可能

AGAは遺伝に対しては対策が難しいですが、遺伝以外の原因である食生活や生活習慣が関与している場合には対策ができることもあるでしょう。まず、遺伝でなければ何がAGAの原因になっているかを知ることが大切です。

たとえば、食生活が乱れていると自覚している場合には、見直しをしてみましょう。忙しくてランチはファストフードが多かったり、自炊が面倒でレトルト食品などに頼りがちだったりするときは注意が必要です。このような食べ物は髪の毛をつくるのに必要な亜鉛が不足してしまう環境をつくりだしている可能性があります。亜鉛は体内で合成ができません。頭皮環境を高めるためには、毎日の食べ物に気を付けることが大切です。さらに、食事制限があるダイエットなども薄毛の原因になることがあります。なぜなら、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの髪をつくるために必要な栄養素が不足してしまうからです。

喫煙の習慣がある場合には、ニコチンの成分が薄毛になる原因をつくりだしていることが考えられます。ニコチンは血管を細くしてしまい、頭皮に必要な栄養素が届きにくくなるでしょう。その結果、髪が弱くなり抜けやすくなる可能性があります。さらに、ニコチンからは活性酸素が合成され、この物質を減らすために多くのビタミンが必要になります。ビタミンが不足してしまうと髪の毛の成長に影響を及ぼすでしょう。飲酒量が多い場合も注意が必要です。なぜなら、大量のアルコールを肝臓で分解しなければならないため、髪の毛をつくるためにつかうアミノ酸を消費してしまうからです。その結果、抜け毛が増えてしまう傾向があります。

睡眠が不足している場合も髪の毛の成長に影響しています。睡眠中は髪の毛を成長させるホルモンの分泌が盛んになるため、睡眠が足りないと抜け毛が増えやすくなり、薄毛になりやすくなるでしょう。また、仕事やプライベートで悩みごとがあり、常にストレスにさらされているような環境にいる人も注意が必要です。ストレスを感じると血流を減少させてしまい、頭皮環境を悪化させる可能性が高いです。さらに、ストレスを感じると深い眠りにつけない、というように睡眠不足につながることもあるので注意しましょう。ストレスと睡眠不足は薄毛がすすむ原因となり得ます。

ストレスを軽減するためには、運動する習慣をつけるとよいでしょう。血液の流れがよくなるために頭皮にもよい影響を与えます。また、適度な運動により体が疲れることでぐっすり眠れるようになります。運動習慣がない人は、この機会に少し体を動かすようにしましょう。そのほかの対策としては、自分だけで思い悩まずに客観的に状態を確認してもらうのもよいです。たとえば、医療機関で診察を受けたり、育毛サロンでカウンセリングを受けて話を聞いてもらいながら対策を考えていくのもひとつの方法です。

思い込みで対策しないことの方が問題

AGAは、自分で遺伝だと思い込んでしまい何も対策しないことが実は大きな問題です。薄毛の症状は少しずつですが進行していきます。そのままにしておけばしておくほど対策をするのが難しくなるでしょう。そのため、対策はなるべく早いうちに始めたほうが効果が期待できます。なぜなら、髪のハリやコシが無くなった時点であわてて対策するのと、抜け毛が進んでから対策をするのでは結果に差が出るからです。AGAは遺伝以外の影響が大きいため、できる対策を少しずつしていくことが大切です。ただ、悩んでいても症状は少しずつ進み、時間だけが経過していきます。積極的に専門家の意見を聞いてみましょう。たとえば、医師の診察で薬を処方してもらえます。副作用のリスクも少ないです。サロンであればカウンセリングやケアといった方法を行えるでしょう。

育毛サロンのケア体験から始めてみよう

薄毛が進んでくると、焦る気持ちはあるものの、自分ではなにから対策をしてよいか分からないという人もいるでしょう。しかし、AGAは遺伝だからとあきらめてしまう前に、育毛サロンで一度ケアを受けてみてはいかがでしょう。バイオテックでは無料でサロンのケアを体験することができるので、気軽に問い合わせしてみることをおすすめします。

薄毛のお悩みはプロに相談することが一番の近道です

薄毛、抜け毛の原因は遺伝、日常的なストレス、生活習慣など個人差があります。これらが原因で、頭皮環境が悪化し、毛穴の汚れや血行不良を引き起こし、薄毛に繋がってしまいます。

そのため、自分に合っていないケアをしていても改善はしません。
大切なのは抜け毛の原因を調べ、その原因にあった正しいアプローチをすること。

技術体験、原因究明まで完全無料

無料でプロにアドバイスをもらう

薄毛・抜け毛の原因は一人ひとり違います。
バイオテックの無料体験は10万人以上
育毛実績をもとに、トータルケアをアドバイス。

この記事の監修 株式会社バイオテック

育毛業界で35年以上、脱毛の原因究明に始まる科学的・総合的「育毛用処理剤セット」において、 業界日本初の特許を取得。全国に広がるサロンネットワークとプロの技術、 育毛商品で薄毛・抜け毛にお悩みの方に寄り添い、育毛力を呼び覚ます「スカルプケア」を提供しています。

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。