薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA対策は20代で始めても早すぎない!早期に始めることの有効性とは?

公開日: 2019年11月27日


「AGA(男性型脱毛症)は20代の人には関係ない」と思ってはいませんか。薄毛は30代以降の問題と思われがちですが、実は薄毛対策を20代から始めることは決して早くはありません。できるだけ早くから対策をすることは、適切なケアにつながることもあるといわれています。そこで今回は、20代から薄毛対策を始めた方ほうがよい理由について解説します。

AGAの症状は20代で現れることもある

成人男性によくみられる薄毛として知られるAGAは20代でも現れることがあり、それには大きくわけて2つの要因があるといわれています。

ホルモン

男性ホルモンには体毛を増やしたり濃くしたりする役割があるいっぽうで、髪の毛に関しては脱毛や薄毛を促進させるという性質があります。したがって、男性ホルモンの分泌がある男性なら薄毛になる可能性がありますが、AGA(男性型脱毛症)の人は特に男性ホルモンの分泌量が多いので、薄毛や脱毛のメカニズムにおちいりやすい傾向にあります。思春期以降の男性は、特に男性ホルモンの分泌量が多く、環境などによって分泌量が変動することがあります。ゆえに、年齢にかかわらず、たとえ20代のような若年層であっても薄毛になることは十分にあり得ることです。

遺伝

薄毛になる遺伝的なリスクをもっていて、男性ホルモンの分泌量が多ければ、20代で薄毛を発症してもおかしいことではありません。男性ホルモンは主にこう丸から分泌され、血液を通して頭皮の5αリダクターゼ(ステロイドの代謝に関する酵素)と結びつくことで強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)となります。したがって、5αリダクターゼの活性度が高く、アンドロゲンレセプター(男性ホルモンに関わる受容体)の感受性が高いと、DHT を過剰に作りだす体質となり、薄毛を発症するリスクが高くなるのです。5αリダクターゼは優性遺伝なので両親のうちどちらかがその遺伝子をもっていると、子どももその遺伝を引き継ぐといわれています。

AGAの進行には生活習慣が影響する

薄毛を始め、脱毛には生活習慣が関与しているとされています。これは生活習慣によって、頭皮環境が大きく影響を受けるためです。特に、20代は進学や就職などで生活環境が変わりやすい時期です。学生から社会人になったり、結婚したりする時期なので、ストレスがかかりやすく、頭皮の血流も悪くなりがちです。このように頭皮にストレスがかかると、ストレス解消に亜鉛が使われてしまいます。亜鉛が不足すると、アミノ酸をケラチン(髪のタンパク質)に再合成ができなくなる可能性があります。再合成に必要な栄養素が不足すると、いくらタンパク質があっても髪の毛を作りだすことが難しくなります。また、亜鉛には5αリダクターゼ酵素のはたらきにブレーキをかける役割があるとされており、足りないことはこちらの面からもよくないと考えられます。

AGA対策の多くは生活の見直しから

薄毛の対策のためにできることは、生活習慣の見直しです。遺伝の部分に対しては、根本的な解決は難しいですが、生活習慣の乱れを直すことで、薄毛の発症や進行を遅らせる可能性があります。また、生活習慣を改善させることで、頭皮環境を高められるので髪の毛が抜けにくくなるという期待もあります。睡眠が不足している場合は睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠の質を向上させることも大切です。寝具の見直しや入眠前の行動を確認するなどして客観的に生活をチェックしてみましょう。

寝具に関しては、枕の高さやマットレスがあっているかなど、自分の体へのフィット感を重視します。寝具は1日のなかでも多くの時間を過ごす場所です。これらは血流や疲労の回復度にも関わることなので、必要であれば専門家に自分にピッタリな寝具の高さや硬さを相談するようにしましょう。また、入眠前の行動に関しては、入眠の妨げになっているものがないかをあらいだしてみます。たとえば、スマホやテレビなど光の強い画面を寝る直前に見ていないか、熱い風呂に入っていないかなどを確認しましょう。就寝前はできるだけ交感神経が活発になるような活動を避け、リラックスした状態で寝ることができるルーチンを心がけるようにします。

1人暮らしなどにより、急に生活習慣が変わると、抜け毛が増えやすい傾向にあります。しかし、薄毛が原因の抜け毛ではない場合もあるため、まずは生活習慣を見直しながら、抜け毛量にどのような変化があるかを確認することがポイントです。

20代だからこそ気をつけたい食事の中身

食事内容は抜け毛に影響を与えます。栄養の偏りや高カロリーなどが顕著な場合、髪の毛に栄養が届かないので薄毛の原因となるからです。食事の量は少なすぎても多すぎてもよくないとされており、少なすぎる場合は、頭皮の乾燥や栄養不足が抜け毛の原因になります。また、ファストフードやインスタント食品のとり過ぎも抜け毛に影響します。このような食品を摂取しすぎると、ビタミンや亜鉛が不足しやすいからです。したがって、ファストフードやインスタント食品をよく食べる人は、ビタミンやミネラルのバランスも考えて栄養をとることが大切です。このように、食事の中身に気を配ることで、髪と頭皮に栄養がいきわたるようにします。

ファストフードやインスタント食品のなかには、糖質や炭水化物が多く含まれているものもあり、それが疲労感へつながるといわれています。たとえば、パンを食べる場合ひとつとっても、糖度の高いジャムやチョコレートのペーストを塗って一緒に食べることが考えられます。砂糖は糖質以外をほとんど含んでおらず、ビタミンを消耗しやすいという特徴があります。また、ラーメンは麺がメインなので炭水化物が多く、ビタミンやタンパク質が不足になりがちです。したがって、ラーメンだけを食べるとビタミンB1やB2などのビタミンB群が少なくなります。加えて、炭水化物をエネルギー源に変えることが大変になるので、疲労感を感じやすくなることにつながります。

亜鉛不足を解消させるために摂取するべき食材としては、生カキ、煮干し、豚肉・レバーなどがあげられます。生カキには、100mgあたり13.2mgの亜鉛が含まれており、生カキを食べるだけで成人男性が1日に摂取するべき亜鉛の量(10mg)をまかなうことができます。煮干しは特に、カタクチイワシの煮干し(100gあたり7.2mg)を摂取すると効率的に亜鉛を摂取することが可能です。豚の生レバーは100gあたり6.9mgの亜鉛が含まれていて、スモークレバーであれば100gあたり8.7mgの亜鉛が摂取できるとされています。もし、食材から亜鉛を摂取することが難しい場合には、サプリメントをうまく併用するとよいでしょう。

早期のスタートが進行を遅らせる

薄毛対策は早く始めればそのぶん早く効果が出る可能性が高いといわれています。これは、薄毛を放置しているあいだに、毛母細胞の状態が変化するためです。しかし、髪の毛の生え変わりが休眠状態に入ったばかりなら、活性化させることでまた生えてくる可能性があります。完全に機能を失ってからでは復活させることができなくなることがあるため、早めの薄毛対策が肝心なのです。20代の薄毛は、男性型脱毛症が原因ではない場合もありますので、早めに対策することで原因を明確にすると、対策の方向性がたてやすいです。20代は細胞も若いため、生活習慣を見直した場合、改善の効果も早いというメリットもあります。

まずは育毛サロンの体験から

早期に薄毛対策を始め、自分の頭皮について知ることが薄毛予防につながります。もし薄毛対策に興味がある場合は、そのファーストステップとして、育毛サロンでのケアを受けてみることがおすすめです。バイオテックでは、薄毛に関するサロンのケアを無料で体験できます。これを機に、サロンでのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。