薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA対策・AGA予防。期間と費用はどれくらい必要?AGAの症状から具体的な頭皮ケアまで徹底解説

公開日: 2022年2月15日
更新日: 2022年10月19日  


「最近、抜け毛が気になる…」

「もしかしたら自分もAGAかもしれない…」

このような悩みや不安を抱えていませんか?近年では、20代で薄毛に悩む人が増えています。中には今のうちにしっかりと対策しておこうと考えている人もいるでしょう。

しかしAGAについて漠然とは分かってはいるものの、具体的にどういうものなのか理解できていない人も少なくありません。そこで本記事では、AGAの症状から施術法(頭皮ケア)まで、AGA対策・AGA予防について紹介します。

具体的には

  • AGAの解説および原因
  • 薄毛の深刻度をセルフチェック
  • AGAになる前にできる対策・予防
  • AGAの可能性がある場合の対処法
  • AGA治療とは異なるAGA頭皮ケアについて
  • AGA頭皮ケアにかかる費用と期間
  • 自宅でできる頭皮ケアの紹介

の順に、重要なポイントを詳しく解説します。

基本的にAGAは発症しているにもかかわらず何もケアしないで放置すると、薄毛が進行してしまいます。AGA予防には正しいAGA対策が必要不可欠ですが、それには専門家に相談することが改善の早道といえます。AGAについて理解し、しっかりと対策・予防ができれば、進行を遅らせることも期待できます。ぜひ諦めずにAGA予防・AGA対策に臨みましょう

AGAとは何か?なぜ起こるのか?薄毛になる基礎知識を知ることが先決

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性によく見られる進行型の脱毛症です。日本では「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」などとも呼ばれており、年齢とともに発症率が高くなるのが特徴です。一般的には30~40代に見られやすい脱毛症ですが、近年では10代や20代の若い世代で発症するケースも報告されています。

また日本では、20~69歳の成人男性は約3861万人(総務省統計局 人口推移 令和3年3月時点)います。AGAの発症率は全年齢平均で30%(一般社団法人 日本先端発毛再生医療学会  令和3年3月時点)なので、約3861万人のうち約1158.3万人がAGAを発症しています。すなわちAGAは「約3人に1人の割合」で発症しているほど、身近なものになっているのです。男性にとって、AGAは決して他人事ではないことが分かります。

ここまでAGAについて説明してきましたが、気になるのは「なぜ起こるのか?」ではないでしょうか。AGAの主な原因は、遺伝や男性ホルモンの影響が考えられています。特に、母方の家系にAGAによる薄毛の人がいる場合は、その遺伝を引き継ぐ可能性が高いといわれています。ただし、AGAの原因は必ずしも遺伝や男性ホルモンとは限りません。偏った生活習慣やストレスなど、生活環境が原因となるケースもありますので、たとえ母方の家系に薄毛の人がいなくても注意が必要です。

さらに、AGAの進行性には以下の3つのパターンがあります。

  • こめかみの生え際から後退する「M字タイプ」
  • 頭頂部から薄くなる「O字タイプ」
  • 2つのパターンを混合して進行する「U字タイプ」

このようにAGAは、こめかみの生え際や頭頂部、前頭部などから薄毛が始まるのが特徴といえます。

どのパターンにおいても、AGAの初期段階で見られやすい症状は「抜け毛の増加」と「抜け毛の形の異常」です。抜け毛が1日80本以上抜けている、抜けた髪の毛の毛根がやせ細っている、という場合はヘアサイクルが乱れている可能性があります。

続いて、ヘアサイクルとAGAの関係について詳しく解説します。

ヘアサイクルが乱れてきたらAGAを疑おう

ヘアサイクルとは、発毛と脱毛を繰り返す「髪の毛のライフサイクル」のことです。そもそも髪の毛の1本1本には寿命があり、「成長期→退行期→休止期」を繰り返しながら、抜けたり伸びたりしています。それぞれの周期において一定の期間を経ることで、頭髪量を正常に保てているのです。


ここで、各周期について解説します。

まず「成長期」とは、文字通り髪の毛が成長する時期のことです。毛母細胞が分裂・増殖することで、髪の毛が生まれて伸びます。一般的に成長期の期間は2~6年間といわれており、その間、毛母細胞は活動し続けます。しかし、AGAや生活習慣の乱れなどにより、成長期の期間が短くなると、髪の毛は太く長く育つ前に抜け落ちてしまいます。この状態が続くと、細くて弱々しい髪の毛へと変化して、次第に薄毛となってしまうのです。

続いて「退行期」とは、毛母細胞の活動が衰える時期です。期間は約2週間で、この間、毛母細胞は分裂・増殖しないことから、髪の毛の成長が止まります。次第に髪の毛の生成に重要な毛乳頭を包む「毛球」が退縮し始め、休止期へと移り変わります。

そして「休止期」とは、毛母細胞の活動が止まり、毛球が退化する時期をいいます。退化した毛球は皮膚表面の近くまで押し上げられ、新たに成長し始めた髪の毛に押し出されるように抜けていきます。約3ヶ月の休止期を経て、次の成長期に移ると、新しい髪の毛の成長が始まるのです。

一般男性の平均的な頭髪量は約10万本といわれていますが、そのうち10%にあたる約1万本が休止期に入っています。ブラッシングやシャンプーなどで髪の毛が自然と抜け落ちるのは、主に休止期に入った髪の毛です。通常、髪の毛は1日あたり50~70本ほど抜けますが、これらのほとんどが休止期に入った髪の毛で、寿命により抜け落ちたと考えられます。不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、自然に起こる現象なので、特に心配する必要はありません。

しかし、AGAになると成長期の期間が極端に短くなり、通常2~6年のサイクルが約1年となってしまうのが特徴です。髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうため、抜け毛が増え、次第に頭皮が目立ちやすくなってしまうのです。一定量の髪の毛を保つためにも、ヘアサイクルの乱れには注意しなければいけない理由を把握いただけたと思います。

AGAのメカニズムを知れば怖くない!

AGAを発症するメカニズムとして、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が大きく関係しています。DHTとは、体内の男性ホルモン「テストステロン」が、毛母細胞の中にある還元酵素「5aリダクターゼ」の影響を受けて変化した強力な脱毛ホルモンのことです。DHTには、髪の成長に不可欠な成長因子「インスリン様成長因子-1(IGF-1)」を減らし、毛母細胞の細胞分裂を妨げる作用があります。これにより、ヘアサイクルが乱れて、2~6年であるはずの成長期の期間が数ヶ月~1年ほどと極端に短くなります。さらに髪の毛の成長が抑制されて髪の寿命が短くなり、薄毛が進行してしまうのです。

またDHTの増加は、皮脂腺を刺激し、頭皮の皮脂の分泌量を増やします。皮脂が過剰分泌を起こすと、毛穴の中にある表皮と皮脂が混ざってできた「角栓様物質」が、毛穴を塞ぎます。すると、毛乳頭や毛母細胞へ栄養が運ばれにくくなり、育毛を妨げてしまうのです。

これらのメカニズムから、DHTを増加させない重要性を理解できたかと思います。つまりAGA対策・AGA予防は、いかに5aリダクターゼの働きを抑えるかがポイントとなります。

 薄毛・抜け毛の深刻度をセルフチェック!

「最近、抜け毛が多い…」

「以前に比べて、髪のボリュームが減ったような気がする…」

このような症状があらわれ薄毛・抜け毛が気になっている人は、現在どの程度深刻な状態なのかを把握することが大切です。

まずは、日常生活の中で、薄毛となる原因をつくっていないかを確認してみましょう。以下に該当する項目はありますか?

  1. 家族の遺伝が気になっている
  2. 巣ごもりで運動不足になっている
  3. お風呂はシャワーですませている
  4. 睡眠時間が不規則になっている
  5. 喫煙、飲酒を日常的にしている
  6. ストレスを感じることが多い
  7. 髪のセットに時間がかかるようになった
  8. スマホやパソコンを長時間見ることが多い

当てはまる項目が1つでもある場合は、年齢に関係なく薄毛になる恐れがあるので、ぜひ意識的に改めるようにしましょう。生活習慣の乱れや日常的なストレスなどは頭皮環境を悪化させ、毛穴の汚れや血行不良を招きます。すると、ヘアサイクルが乱れ、髪の毛は抜けやすく成長しにくくなります。毎日の生活の乱れやストレスの積み重ねも、薄毛を引き起こす要因となるため、日常生活の見直しも重要です。

 

AGAの原因6つを知り、薄毛・抜け毛を予防


髪の毛がやせ細り、毎日80本以上抜ける場合は、AGAを疑ったほうがよいでしょう。先述にAGAのメカニズムとして、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響が大きいと説明しました。しかしAGAはDHTだけではなく、以下の6つも原因として考えらます。

  1. 遺伝
  2. 血行不良・栄養不足
  3. 角栓物質
  4. ストレス
  5. 生活環境の乱れ
  6. 誤ったヘアケア

①遺伝

遺伝で受け継がれるのは、アンドロゲンレセプター(DHTをキャッチする受容体)の感受性の高さです。感受性が高ければ脱毛リスクは高くなり、逆に感受性が低ければ脱毛リスクも低くなります。アンドロゲンレセプターの感受性は遺伝によって決まっているので、生涯変化することはありません。ちなみに、自分から見て祖父や叔父(三親等)までに薄毛の人が1人でもいる場合は、遺伝を強く受け継いでいる可能性が高く、将来は薄毛になりやすい傾向にあります。

②血行不良・栄養不足

血行不良・栄養不足になると、細胞分裂が行われる毛母細胞に十分な栄養が行き届かなくなり、太くてたくましい髪の毛が生成されにくくなります。次第に細くて寿命の短い髪の毛ばかり増え、薄毛が目立ち始めるのです。血行不良・栄養不足が起こる原因には、睡眠不足やバランスの悪い食事、運動不足、喫煙、冷え、肩こりなどが考えられます。

③角栓物質

角栓物質とは、古い角質と毛穴から分泌した皮脂が混ざり合ってできたものです。DHTの増加や洗髪のし過ぎなどによって皮脂が過剰分泌を起こすと、角栓物質ができやすい状態になります。角栓物質は毛穴を塞ぎ、育毛を妨げる要因になります。

④ストレス

ストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態になります。すると、血管が萎縮してしまい、頭皮の血行不良を招いてしまうのです。また交感神経の優位な状態が続くと汗腺や皮脂腺が活発になり、皮脂の過剰分泌が起こります。結果、毛乳頭や毛母細胞へ十分な栄養が届かなくなり、髪の毛が生成に影響を及ぼすことが考えられます。

⑤生活環境の乱れ

睡眠不足が続くと、自律神経機能に影響を及ぼし、頭皮の血行不良を招くことがあります。また食生活においては、栄養不足はもちろん、カロリー過多も抜け毛や薄毛につながりやすくなります。というのも、髪の毛は毎日の食事によってできているからです。中でも、髪の成長に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂取することが大切です。さらに、カロリー過多は肥満につながりやすく、髪の成長に不可欠な成長因子「インスリン様成長因子-1(IGF-1)」の作用を妨げる恐れがあるため注意しましょう。

⑥誤ったヘアケア

誤ったヘアケアもまた、AGAの原因の1つです。例えば、爪を立てて洗髪したり、ワックスやジェル、スプレーなどを髪の毛に付けたまま寝たりしていませんか?これらのヘアケアは頭皮にダメージを与えるため、薄毛を招いてしまう可能性があります。

このようにAGAは、さまざまな要因が考えらます。必ずしも原因が1つとは限りませんが、それぞれの原因を十分に加味して適したAGA対策・AGA予防が必要になります。まずは、薄毛・抜け毛など自分の頭皮の状態を把握したうえで、それにふさわしいケアが大切といえましょう。改善するには1人で悩むのではなく、知識を有する専門家に相談するのが得策です。専門家はAGAに関して熟知しているので、頭皮環境をチェックしながら、その人に合ったケアを提案してくれます。

早めにAGA対策・AGA予防!AGAの可能性があれば専門家に相談を

AGAかもしれないと感じている人、AGAの疑いがある人は、専門家に早めの相談をおすすめします。「まさか自分が?」と思っている人ほど、相談を躊躇してしまうかもしれません。しかし、毛母細胞が細胞分裂できる回数には限界があり、無限に細胞分裂を繰り返せないのが現実です。限界に達すれば、髪の毛は生成されなくなるので、AGA対策やAGA予防は早ければ早いほどよいといわれています。逆に、何の対策もしないで放置してしまうと、これまでのような自分に合ったヘアスタイルを維持することが難しくなるかもしれません。

このように、AGAを放置すると手遅れになる危険性がある他、自己判断でケアすると悪化する恐れもあります。頭皮ケアは、毛根が生きている状態であれば、より良い結果が出やすくなるといわれています。1日でも早く施術を開始すれば症状の改善につながりますので、放置しないことが何よりも重要なのです。

とはいっても、何から始めればよいのか分からない人は多いはず。同じ薄毛でも、その人によって症状は異なるので、予防と対策は自分に合ったものでなければいけません。そこで紹介したいのが、育毛専門サロン「バイオテック」です。バイオテックではこれまであらゆる薄毛のお悩みを解消してきました。ていねいなカウンセリングと頭皮チェックをしっかりと行い、一人ひとりに合ったトータルケアを提案しています。これまでの経験に基づき考案した施術を受けられるのがメリットです。

薄毛で悩んでいる人の多くは、頭皮環境が乱れた結果、悪化して薄毛になる傾向にあります。そこでバイオテックでは、頭皮環境を整えることを重要視した、育毛ベースの施術を実施しています。ヘアサイクルを正常にして、短くなった成長期の期間が元の状態に戻ることで、太くてしっかりとした髪の毛が生えやすい環境へと導いているのが特徴です

AGAは専門家に相談するのが改善の早道。>「頭皮ケアの無料体験」を受けよう


薄毛になるのは理由があり、それぞれに適した対処法も存在します。改善するには、まずは頭皮の状態を把握して、それに合う専門家によるケアが必要です。
バイオテックでは「頭皮ケアの無料体験」を行っています。AGAを熟知したカウンセラーが90分もの時間をかけて、カウンセリングや頭皮チェックから、分析結果の報告とトータルケアの提案まで、以下の6つ流れで実施します。

①カウンセリング

カウンセラーがていねいにヒアリングし、原因を追究します。気になるところや不安な点、生活習慣などを詳しくうかがうことで、総合的にアドバイスできるのが強みです。しかし、薄毛というデリケートなお悩みだけに、初めての育毛サロンに対して不安になる人もいるでしょう。バイオテックでは、プライバシーを配慮し、個室でお話をお聞きしています。他人の視線を気にすることなくカウンセリングを受けられるため、聞かれたくないお悩みや不安も気兼ねせずに話すことが可能です。

②頭皮チェック

何より現状を把握することが先決なので、200倍に拡大できるスコープを用いて、肉眼では見えない頭皮や毛穴の状態をくまなくチェックします。さらにお客様と一緒に確認することで、今まで見えなかった頭皮の状態を詳しく把握することができます。

③独自のもみ出し技術

独自のもみ出し技術を行うことで、育毛の妨げとなる角栓様物質をしっかりと取り除きます。

通常、角栓様物質は毛穴にベッタリついているので、毎日のシャンプーではすべてを取り除くのは難しいのが実情です。そこでバイオテックでは、炭酸シャワーをかけ流しながら、毛穴の中で固まっていた角栓様物質を取り除き、頭皮環境を整えます。。

④血行促進・発毛促進

もみ出しをした後は、さらに頭皮全体をゆっくりともみほぐすことで血行を促進します。頭皮がサッパリとしたところで、浸透力のある発毛促進剤を塗布して、髪の毛の生成を促します。

⑤頭皮チェックとアドバイス

最後に施術後の頭皮チェックとアドバイスを行います。具体的には、施術によって環境が整えられた頭皮と施術前の状態を比較します。また「どんなケアから始めればよいのか分からない」ということがないよう、自宅で気軽にできる育毛ケアについてもアドバイスします。さらに脱毛の原因をより詳しく把握するため、施術中に抜けた髪の毛を研究室に送り、髪の毛や毛根の状態を調査します。分析結果は、次回の来店時にお伝えしています。

⑥分析結果の報告とトータルケアの提案

2回目の来店時には、髪の毛や毛根を分析した「現状報告書」をもとに、抜け毛の原因を確認します。報告書や頭皮環境の状態に沿って、その人だけの「トータルケア」を提案しているのが大きなポイントといえましょう。

バイオテックの「頭皮ケアの無料体験」は

・最近抜け毛が気になる

・自分の育毛ケアが合っているか不安

・将来のために今からケアしておきたい

など、髪の毛に関してお悩みや不安を抱いている人におすすめです。

「まだ大丈夫かな?」という初期段階の人から「すでに手遅れかもしれない…」と深刻に考えている人まで広く対応しています。薄毛の原因とAGA対策を把握できれば、薄毛の進行をペースダウンできる可能性もありますので、この機会に「頭皮ケアの無料体験」を受けてみてはいかがでしょうか?

AGAでお悩みの人が「頭皮ケアの無料体験」を受けたリアル声をチェック!

ここまで、バイオテックのAGA頭皮ケアについて紹介してきましたが、「頭皮ケアの無料体験」を受けた人の声を知りたいところ。そこで実際に体験した人たちはどのように感じたのか、その声をいくつか紹介します。

「ここまで自分の髪について客観的に知ることができたのはとても有意義でした。今の自分の髪の何が問題なのか、抜け毛の実物をもってきちんと観察し、どうすればよいかしっかりとした考察をあげてくれます。」(30代男性・Aさん)

「今回の体験で、気になるなら早めの行動ということを改めて感じました。手遅れになる前にまだ改善できる道があるということです。選択肢が多いか少ないか気になるなら、動いた方が良いです。」(20代男性・Tさん)

「体験でも手を抜かず、満足させるサービスだった。診断結果も細かく教えてくれて、自分の頭皮タイプ、これから起こるリスク、対策などアドバイスが的確だった。」(20代男性・Sさん)

「頭皮ケアの無料体験」に対して、評価している人が多いようです。さらにこの体験をきっかけに、自分の髪の毛と向き合うきっかけになったり、今後の対策が判明したり、さまざまなメリットを得たことが分かりました。

AGA対策・AGA予防は早めの開始が重要!施術の気になる費用と期間は?

AGAは進行型の脱毛症のため、何の処置もせずに放置してしまうと、症状はさらに悪化してしまいます。AGA対策・AGA予防は、早めに開始することが鍵といえましょう。

しかし、自分がAGAであることを認めたくない人、AGAと分かっているけれど「いきなり病院に行くのは抵抗がある…」という人がいるでしょう。そこで育毛サロンでの頭皮ケアから始めてみてはいかがでしょうか?しかし、費用や期間が気になるところ。バイオテックでは、以下のプランを用意しています。お客さまの頭皮状態とご希望に応じて、カウンセラーが技術内容や商品内容をカスタマイズしているのが特徴です。

エコノミープラン
毎月6,500円~(税込)

ライトプラン
:毎月16,600円~(税込)

ミドルプラン
毎月21,700円~(税込)

それぞれ詳しく説明します。

「エコノミープラン」とは、バイオテックが生み出した技術「スカルプエクスペリエンス」を、継続的に利用できるプランです。金額は、半年分のサロン技術とサロン商品(スカルプシャンプー・専用育毛剤)となります。

「ライトプラン」は、の「頭皮環境を清潔に保つ」「脱毛のブレーキ」「育毛のアクセル」を目的に、「スカルプエクスペリエンス」など、基本の商品を利用できるプランです。金額は、半年分のサロン技術とサロン商品(スカルプシャンプー・専用育毛剤・サプリメント)となります。

「ミドルプラン」は、ライトプランに「育毛のアクセル」を目標とした商品をさらに追加できたり、商品の使用量・回数を増やしたりできるプランです。頭皮を早く活性したい人に向いています。金額は、半年分のサロン技術とサロン商品(スカルプシャンプー・専用育毛剤・サプリメント)となります。

※すべて入会金は33,000円

またメンバーになると

・頭皮チェック、カウンセリング、お悩み相談 が永久無料

・商品をメンバー価格で購入可能(通常価格の約10%オフ)

という「永久メンバー特典」が付いているのも魅力です。

頭皮ケアを継続することで、より良い頭皮の状態を維持しましょう。

薄毛・抜け毛はホームケアもポイント!頭皮ケアと同時進行でAGAを改善しよう


AGA対策・AGA予防は頭皮ケアだけではなく、ホームケア(生活習慣の見直し)も行うことで、より結果が出やすくなります。特に意識して取り組んでほしいホームケアは、以下の8つです。

  1. 適度な有酸素運動を行う
  2. 飲酒や喫煙を控える
  3. 夜更かしせずに睡眠する
  4. ストレスを軽減する
  5. こまめに水分補給する
  6. シャンプーの種類や方法を見直す
  7. 育毛剤を使用する
  8. 身体にいい食事を摂る

有酸素運動はウォーキングやジョギングなど、負担なく続けられるものがおすすめで、体を動かすことでストレス解消にもなるでしょう。またホームケアの中には、毛母細胞に働きかけて育毛を促す「IGF-1」の増加につながるものもあります。例えば、湯船に浸かることや夜更かしせずに眠ることは副交感神経の働きが高まり、IGF-1の生成につながります。

薄毛・抜け毛の悩みをかかえてしまうと、憂鬱な気分になってしまったり、人と会うのが億劫になったりするのは当然のことです。解消して楽しい生活を過ごすためにも、頭皮ケアと同時進行で日々の生活習慣を見直して、AGAを改善しましょう。

シャンプーで髪・頭皮を洗う際も頻度を気を付けたり、ご自身に合った処方のシャンプーを使う事も大切です。また、頭皮はお顔同様に乾燥しているので、乾燥が気になる時は育毛剤を付けるなど保湿をしましょう。

髪は身体の一部なので身体に悪い事は髪にも悪い事です。ジャンクフードや甘い物を食べすぎないようにし、食事で栄養を摂れないならサプリメントに頼ることもお勧めです。

薄毛のお悩みはプロに相談することが一番の近道です

薄毛、抜け毛の原因は遺伝、日常的なストレス、生活習慣など個人差があります。これらが原因で、頭皮環境が悪化し、毛穴の汚れや血行不良を引き起こし、薄毛に繋がってしまいます。

そのため、自分に合っていないケアをしていても改善はしません。
大切なのは抜け毛の原因を調べ、その原因にあった正しいアプローチをすること。

技術体験、原因究明まで完全無料

無料でプロにアドバイスをもらう

薄毛・抜け毛の原因は一人ひとり違います。
バイオテックの無料体験は10万人以上
育毛実績をもとに、トータルケアをアドバイス。

この記事の監修 株式会社バイオテック

育毛業界で35年以上、脱毛の原因究明に始まる科学的・総合的「育毛用処理剤セット」において、 業界日本初の特許を取得。全国に広がるサロンネットワークとプロの技術、 育毛商品で薄毛・抜け毛にお悩みの方に寄り添い、育毛力を呼び覚ます「スカルプケア」を提供しています。

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。