薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA 生え際

AGAの改善と予防に!生え際の産毛を太くする方法!

公開日: 2018年7月23日


  
生え際に産毛のような細く短い毛を見つけてドキッとした経験はありませんか。   
産毛が増えると、地肌が透けて生え際が後退したよう見えてしまいます。
  
産毛は太く長く育つことはないとあきらめてしまいがちですが、しっかりした毛に育てることは不可能なことではありません。
  
正しい方法で対策を始めましょう。
  
この記事では、生え際の薄毛を太く育てる方法や、産毛が見つかった部分の育毛を促す方法について解説します。
  
  

みんなのイメージ!髪の毛が薄くなってしまう原因はどこにある?


  
まずは、世間一般のみなさんが髪の毛が薄くなる原因は何だと思っているのか、アンケートを取って調べてみました。
  
  
【質問】
髪の毛量が少なくなる原因はどのようなことだと思いますか?
  
【回答結果】
食生活の乱れ : 66
睡眠不足 : 48
不衛生 : 27
  
調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】0 – 20 20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2018年04月27日~2018年05月08日
有効回答数:141サンプル
  
  

食事の影響が大きいという意見が目立つ

今回のアンケートでは、食生活の乱れが薄毛につながると考えている人がもっとも多いという結果になりました。
  
  
・脂っこい食べ物が続くとなんだか髪も油っぽくなって抜け毛が増える気がします。(20代/正社員/男性)
  
・食生活の乱れがキッカケで、ホルモンバランスが大きく崩れると思っています。他の要因も関係していますが、基本の食生活が一番重要です。(30代/個人事業主・フリーランス/男性)
  
  
髪の毛や頭皮も体の一部なので、体を作る栄養素が不足したり偏ったりすることが抜け毛の大きな原因になると考える人が多いのも頷けます。
  
次に、薄毛の原因として選ぶ人が多かったのは睡眠不足でした。
  
  
・学生時代は規則正しい生活をしていたが、就職後睡眠時間が減りその頃から抜け毛が目立ちはじめたため。(20代/正社員/男性)
  
・睡眠時間が不足することで代謝能力が衰え、結果として毛量が減る(40代/派遣社員/男性)
  
  
睡眠不足を選んだ人のコメントを見ると、実生活で睡眠不足が髪の質や抜け毛の量に影響したのを感じたという意見が目立ちました。
  
また、直接的な原因でなくても、睡眠不足が生活時間の乱れや代謝の乱れなどを引き起こすことが最終的に抜け毛の量につながると考えている様子がうかがえました。
  
最も少なかった不衛生を選んだ人の意見は次の通りです。
  
  
・頭皮が不衛生であるということは、毛穴に油や汚れが溜まっているという意味であり、結果毛穴が広がり抜け毛につながっていると考えます。(30代/正社員/男性)
  
・薄毛になる前に多量のフケが発生していたものの大して気にしなかったため、徐々に悪化して薄毛になったんだと思っています。その他にも仕事上での精神的ストレスも原因になっている感じはしています。(30代/正社員/男性)
  
  
不衛生を選んだ人は、毛穴のつまりやフケが抜け毛の量に影響していると考えているようです。
  
実際に不衛生な状態のときに抜け毛が増えたというような、自身の経験を元にした意見も多く見受けられました。
  
  
今回のアンケートでは、食生活が薄毛の原因と考えている人が多いという結果でしたが、実際のところは何が薄毛に大きな影響を与えているのでしょうか。
  
ここからは、生え際の後退の原因や薄毛対策について詳しく見ていきましょう。
  
  

生え際の後退はAGAの前兆?原因は?


  
生え際が薄くなるとAGAが心配ですが、原因はAGAだけではありません。
  
生活習慣が乱れているときや頭皮環境が悪化しているとき生え際の抜け毛が起こります。
  
AGAは、テストステロンと生え際部分の毛根に多いα‐リダクターゼが結びつき、ジヒドロテストステロンという強力な脱毛ホルモンになることが原因です。
  
アンドロゲンレセプターがジヒドロテストステロンと反応することで、脱毛が進みます。
  
しかし、ジヒドロテストステロンが増えても、それを受け止めるアンドロレセプターの感受性が弱ければ抜け毛は起こりません。
  
  
それに対して、栄養の偏りや睡眠不足などの生活習慣の乱れ、不衛生な頭皮環境が影響している場合は、かゆみや痛みを伴った抜け毛になります。
  
皮脂の分泌が増えたり角質がはがれやすくなったりすることが原因なので、脂漏性皮膚炎や粃糠性脱毛症の悪化による抜け毛です。
  
  
AGAの場合でも、ジヒドロテストステロンの量が増えると、皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌量に影響が出ます。
  
皮脂の過剰分泌で激しいかゆみを伴うような抜け毛が発生しているのであれば、脂漏性氏皮膚炎の悪化によるものです。
  
その状態を放置すると、さらに頭皮環境が悪化するので、抜け毛の進行が深刻化するかもしれません。
  
  

生え際の産毛を太く育てる方法!

過剰分泌された皮脂と、頻繁に剥がれ落ちる大量の皮膚は、角栓様物質となって毛穴を塞ぎ、なかなか取り除けなくなります。
  
常に毛穴が詰まった状態が続くので、毛髪が生えてこられなかったり、細く手短い産毛になったりするのです。
  
髪の毛は毛穴の奥からところてんを押し出すような形で生えてくるので、毛穴が詰まった状態だと、太くて丈夫な髪の毛にはならないのです。
  
  
また、ストレスがかかると自律神経のバランスが乱れるので、頭皮トラブルが起きやすくなります。
  
睡眠不足によってストレスがかかると毛細血管が縮まり、栄養吸収毛根に十分な栄養を行き渡らせるのが難しくなります。
  
食生活の乱れで十分な栄養素を吸収できなければ、毛根に栄養が行き渡らなくて、産毛かした毛髪は大きく育ちません。
  
質の良い睡眠、食生活の見直し、育毛剤の使用、シャンプー方法の見直しなど、産毛化した毛髪へのアプローチ方法はたくさんあります。
  
  

AGA治療で生え際の育毛を促す方法はある?


  
皮膚科で受けられるAGA治療は、主に内服薬の服用と外用薬の塗布です。
  
治療薬として使われるのは、フィナステリドとミノキシジルタブレットです。
  
フィナステリドは、AGAの治療薬として有名なプロペシアのジェネリックとして使用される内服薬です。
  
プロペシアと成分はほぼ同じなのに、薬の値段が安いので、長丁場の薄毛治療では重宝します。
  
ただし、内服薬ですから副作用が出る可能性はあります。
  
あまり副作用がひどい場合は、服用を続けられません。
  
  
一方、ミノキシジルタブレットは血管拡張剤として使用されます。
  
市販の発毛促進剤にも使われている成分で、効果があると謳っていますが、もともとは高血圧の治療薬でした。
  
毛細血管を拡張するので、血行を促進し、毛根への栄養を効率よく運ぶ働きは十分理解できますが、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する働きについては未だはっきりと効果があると言い切れない部分があります。
  
分量によっては副作用が出やすいので、使用できる量や使用できる人などについて、細かい規定がある薬です。
  
  
副作用の影響が心配な人は、バイオテックのようなサロンで使用される発毛促進剤のほうが安心でしょう。
  
バイオテックでは、IGF-1という最先端理論に基づき、医学博士と共同開発した独自の発毛促進剤を採用しています。
  
  

産毛が目立ってもあきらめないで

生え際に産毛が見られると、ヘアサイクルが成長期に入ってすぐに退行期に移ってしまうAGA特有の乱れが起こり始めていることが疑われます。
  
しかし、まだ産毛の量が少なければ、ヘアサイクルを正常に戻せるかもしれません。
  
あきらめずに、サロンでカウンセリングを受けてみましょう。
  
頭皮や毛髪がどのような状態かを知り、症状に合った対策をすることが大事です。
  
あきらめずに、前に一歩進んでみましょう。
  
関連記事:「AGAは生え際から?今から始められる簡単チェックと効果的な対策方法
  
日本初の育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

AGA 生え際

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。