薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA 生え際

AGAの治療は生え際にも効果あり?髪の毛が後退しても諦めないで!

公開日: 2018年7月26日


  
生え際が後退してきたらもう止められないなどと思って諦めていませんか。
  
AGAは治療によって進行を止められる可能性があります。
  
諦めるのは治療してみてからでも遅くはありません。
  
「生え際が後退しているからAGA」「AGAなら仕方ない」などと思っているとしたら大間違いです。
  
諦めたらただ進行していくだけなのですから、できることはとことんやってみましょう。
  
この記事では、生え際のAGA治療の効果について解説します。
  
  

大切な髪の毛!絶対に薄くなりたくない部分とは?


  
まずは世間一般の男性に、髪の毛の中で薄くなったら困るのはどの部分なのか、アンケートを取って聞いてみました。
  
  
【質問】
突然髪の毛が薄くなってしまうとしても「ここだけは薄くならないで欲しい」という部分はどっちですか?
  
【回答結果】
頭頂部 : 74
生え際 : 26
  
調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】0 – 20 20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2018年04月27日~2018年05月08日
有効回答数:100サンプル
  
  

頭頂部の薄毛を嫌がる人が多数派


  
今回のアンケートでは、頭頂部を選んだ人が4人中3人という結果でした。
  
  
・頭頂部がカッパみたいにハゲてしまうのはカッコ悪いと思う。(40代/正社員/男性)
  
・頭頂部に髪の毛が残っていれば、まだ髪型を工夫することができますが。無くなるとどうしようもない気がするからです。(30代/無職/男性)
  
・頭頂部、特につむじのあたりは自分では見えず、進行具合も把握できないため。(40代/公務員/男性)
  
  
頭頂部が嫌だという人のコメントを見てみると、河童みたいで格好が悪い、ヘアスタイルが決まりにくい、自分では進行具合がわからず、整えにくいという3つの意見がほとんどでした。
  
自分の目が届きにくいのに、周りからは気づかれやすい点が嫌がられる理由のようです。
  
一方、生え際を選んだ人の意見は次の通りです。
  
  
・生え際が薄くなると正面からでもわかってしまうので。(40代/個人事業主・フリーランス/男性)
  
・最悪頭頂部はばれずにすむかもしれません。しかし、生え際は初対面でも一発でわかることなので、そうなると人に会うのも憂鬱になりそうだからです。(20代/無職/男性)
  
・頭頂部については、年齢とともにいずれは薄くなるものという感覚を持っています。しかし、生え際は鏡で見ても目立つと思うし、見る度に気にしてしまうような気がします。(40代/正社員/男性)
  
  
生え際を選んだ人のコメントを見ると、ほぼ全員が、正面から見て一発で薄いのがわかるからという意見でした。
  
初対面の人にも薄毛であることを隠せないし、鏡を見るたびに気になってしまうという点は皆さん視点が一致しているようです。
  
  
今回のアンケートでは、生え際を選ぶ人は少なかったものの、生え際の後退を嫌がる人は正面から見られることを気にしていることがわかりました。
  
ここからは、生え際の後退に効果のある対処法について解説していきます。
  
  

生え際が薄くても諦めない!AGA治療で復活の可能性も!


  
AGAは、一般的に一定の周期で毛髪が生え変わるヘアサイクルが乱れた状態だと言われています。
  
成長期に入ったばかりなのに、退行期に移行してしまうため、産毛が成長せずに抜け落ちてしまうのです。
  
生え際や頭頂部の毛根には5α‐リダクターゼという物質が多く、男性ホルモンであるテストステロンと結びついて、ジヒドロテストステロンに変化するのが主な原因と言われています。
  
ジヒドロテストステロンは、毛髪が成長するのに欠かせないインスリン様成長因子1の量を減らして、毛母細胞の分裂を阻害します。
  
脱毛効果の強い物質ですが、ジヒドロテストステロンが生成されるだけではAGAは進行しません。
  
どれだけの脱毛効果を発揮するかは、ジヒドロテストステロンを受け止めるアンドロレセプターの感受性に関係しています。
  
感受性が強ければ脱毛リスクが高く、感受性が弱ければ脱毛リスクが低くなります。
  
アンドロレセプターの感受性は遺伝によって決まり、生まれた後に変化することはありません。
  
ほかに、血行不良や栄養不足、ストレスなどもAGAに影響を与えます。
  
ですから、AGAが起こるメカニズムを抑えれば、AGAの進行を抑えることは可能なのです。
  
  

具体的な治療方法は?

AGAの治療方法はいくつかあります。
  
皮膚科等の医療機関を受診する場合は、基本的に内服薬や外用薬による治療が行われます。
  
その際用いられるのは、プロペシアやミノキシジルといった治療薬です。
  
プロペシアは男性ホルモンの生成を抑え、ミノキシジルは血管を拡張します。
  
プロペシアは内服薬ですが、ミノキシジルは内服のほか、外用薬に含まれることもあります。
  
量によっては副作用が出やすくなるので、慎重な扱いが求められる薬剤です。
  
  
薬剤によって抜け毛を抑えるだけでなく、育毛のための治療も同時に行うHURG療法が効果的といわれています。
  
休止期に入ってしまった毛母細胞を活性化させ、正常なヘアサイクルに戻す治療法です。
  
バイオテックのようなサロンによるケアも、AGAの進行を抑えるのに役立ちます。
  
サロンのカウンセリングで現状を知ったうえで、ケアによって頭皮の状態を整えたり、食生活の乱れを正したりするところからアプローチするので、副作用の心配がありません。
  
  

生え際のAGA治療で効果を期待できない人の特徴

生え際のAGA治療はすべての人に向いているわけではありません。
  
せっかく治療を行っても効果が出にくい人もいます。
  
たとえば、短期間で結果が出ないと、薬剤の服用や塗布をやめてしまうような人は効果を期待できません。
  
AGAの治療効果はゆっくり現れるものなので、長期間の治療に耐えられない人は効果が出る前に辞めてしまいます。
  
  
また、既にAGAが進行している人は効果が出ない場合があるので、対策はできるだけ早い段階で始めることが大事です。
  
  
なかには、おでこがもともと広いだけなのにAGAだと勘違いしている人もいます。
  
その場合は、AGAではないので、治療方法が合いません。
  
抜け毛があるとしても原因が異なるので、原因に合った方法で抜け毛を防ぐことが求められます。
  
AGA治療は早期のAGAに対して行えば大きな治療効果が見込めるものです。
  
しかし、時期を逸したり、原因が異なったりすると効果が見込めません。
  
まずは自分の薄毛について、原因や状態を正しく把握することが大切です。
  
  

普段の生活でできるAGA対策!


  
AGAは男性ホルモンや遺伝が大きく関わっていますが、食生活の乱れや血流不足、睡眠不足、ストレスなどさまざまな影響を受けて進行します。
  
ですから、食事内容の見直しや、頭皮環境の整備、生活習慣の改善などがAGAの大事な対策になるわけです。
  
サロンでカウンセリングを受けると、頭皮の状態を詳しく教えてくれるのと同時に、生活習慣の見直しなどのアドバイスをもらえます。
  
毛髪の成長に必要な栄養素を含む食材を取り入れたり、十分な睡眠を心がけたりすることも大事なAGA対策です。
  
過剰に分泌された皮脂や剥がれ落ちた角質を放っておくと、毛穴を詰まらせる角栓様物質になってしまいます。
  
頭皮環境を整えるシャンプーの仕方を覚えて実践することも有効です。
  
普段の生活で行える対策のヒントは、サロンのケアやアドバイスのなかにたくさんあるので、カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。
  
  

自分に合う方法がきっとある

生え際の薄毛の原因はひとつではありません。
  
AGAの場合もあれば、そうでない場合もあります。
  
AGAだとしても、進行具合によって効果的なアプローチ方法が変わるので、まずは現状を正しく把握することが大事です。
  
AGAは諦めた時点で進行を止められなくなります。
  
自分に合う方法があると信じて、対策方法を考えましょう。
  
何から始めてよいのかわからない場合は、皮膚科やサロンで専門家のアドバイスをもらうことから始めることをおすすめします。
  
関連記事:「AGAは生え際から?今から始められる簡単チェックと効果的な対策方法
  
日本初の育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

AGA 生え際

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。