薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA

AGA対策は方法を選べる!何ができるか知っておこう

公開日: 2018年12月20日


  
AGAの原因は遺伝だけではありません。
  
生活習慣などもAGAを発症させる原因として知られています。
  
そのため、AGA対策の方法も複数あり、原因や症状、進行の度合いなどによって使い分けが必要です。
  
採れる方法のなかから正しい選択ができるように、あらかじめどんな方法があるかを知っておくようにしましょう。
  
特に生活習慣に関係する対策などは、取り入れやすさや続けやすさなどにも注目して選ぶことが大事です。
  
この記事では、AGA対策の方法について解説します。
  
  

もしもAGAになったら……対策はどうする?


  
まずは、薄毛に悩んでいる男性を対象に、もしもAGAになったらどんな対策をしたいと考えているのかを聞いてみました。
  
  
【質問】
もしも、あなたがAGAになってしまったら、どのように対策したいと思いますか?
  
【回答結果】
低コストで簡単にできるもの : 68
お金をかけてでも早期治療 : 32
  
調査地域:全国
調査対象:【性別】男性
調査期間:2018年10月10日~2018年10月17日
有効回答数:100サンプル
  
  

お金をかけずに手軽にできる対策がいい

  
今回のアンケートでは、低コストで簡単にできるものを選んだ人が全体の3分の2を占めました。
  
  
・お金をかければよくなるとは限らないので、治る可能性があるものから試したい。簡単にできて治療が見込めるなら、まずはそれから。(20代/男性/個人事業主・フリーランス)
  
・健康被害や命に係わるほどではないので、あまり費用のかかることはしたくないです(40代/男性/正社員)
  
・本当はお金をかけて治療したいのですが、お金に余裕がないのでそう思いました。(50代/男性/パート・アルバイト)
  
  
低コストで簡単にできるものと回答した人のコメントを見ると、AGA対策にあまりお金はかけたくないという人と、お金を掛けたくてもかける余裕がないという人がいることがうかがえます。
  
また、あまりお金をかけたくない人にも、とりあえずお金のかからないことから始めたい人と、お金がかかるなら対策をしたくないという人がいるように感じられました。
  
一方、お金をかけてでも早期治療と回答した人のコメントは次の通りです。
  
  
・少しでも早く対処することで、治療効果も上がると考えるからです。少しでも早く改善できるなら、お金をかける価値はあります。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)
  
・できるだけ早めに手を打ちたい。治るなら治したい。(30代/男性/正社員)
  
・なるべく、正確で、効果の高いほうが費用も一度で済むので、できる限り結果が期待できる処方に出費したい。(20代/男性/個人事業主・フリーランス)
  
  
お金をかけてでも早期治療と回答した人は、かかる費用よりも、AGA治療は早く対処することが大事だと感じているようです。
  
早期治療を選んだ方が、効果が表れやすく、結果的にお金を節約できると考えている様子もうかがえました。
  
  
今回のアンケートでは、薄毛対策はあまりお金をかけずに行いたいと考えている人が多いことがわかりました。
  
どちらを選んだ人にも、AGA対策は早期に取り組むことが大事だと思っている人がいて、限られた予算でできるだけ効果の高い方法を選びたいというコメントが見受けられます。
  
ここからは、お金をあまりかけずにできるAGA対策にはどんなものがあるかを詳しく見ていきましょう。
  
  

AGAの対策にはサプリを活用!どんな効果が期待できる?

サプリを利用すれば、特定の成分を効率よく体に取り入れることが可能です。
  
AGA対策では、頭皮や毛根に不足している栄養素を補う使い方以外に、AGAの原因を抑える働きが期待されている成分を効率よく摂る使い方もできます。
  
AGAの脱毛を起こす主な原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素でDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することだといわれています。
  
そのため、テストステロンや5αリダクターゼの分泌を抑える働きをする成分をサプリで補うことができれば、AGA対策にある程度の効果は期待できるはずです。
  
  
AGA対策に有効と考えられるサプリには、ノコギリヤシや亜鉛があります。
  
ノコギリヤシは、5αリダクターゼの働きを抑えるといわれている成分で、育毛剤などにも配合されている成分です。
  
一方、亜鉛はアミノ酸をたんぱく質に再合成する成分なので、髪の毛を育てるためにも必要な成分だといえます。
  
亜鉛が不足すると貧血や皮膚炎の原因にもなるといわれているので、サプリで補うことがAGA対策につながるでしょう。
  
詳しくは、「AGAの対策にサプリが有効?ホントのところは?」をご参照ください。
  
  

AGA対策はシャンプーで!正しい洗い方とケアが大事!


  
AGAは遺伝的な要素が大きいので、育毛シャンプーだけで対策することには無理があります。
  
しかし、頭皮の余分な皮脂や汚れを取り除いて清潔な状態にすることは、頭皮環境を高めることにつながりそうです。
  
ただし、頭皮は薄く傷つきやすいので、できるだけ刺激を与えないように優しく洗う必要があります。
  
シャンプー剤は刺激の強い界面活性剤ではなく、アミノ酸を洗浄成分としているシャンプーを選ぶとよいでしょう。
  
  
AGA対策として洗髪を取り入れるなら、シャンプー選び以上に大切なのが洗い方です。
  
爪を立てないように指の腹を使い、軽く頭皮をもみほぐすように洗うのが正しい洗い方だといわれています。
  
最初に頭皮を十分に湿らせ、シャンプーは手で泡立ててから使うのがポイントです。
  
髪の毛ではなく頭皮を洗う感覚で洗うようにしましょう。
  
詳しくは、「AGAの対策にシャンプー!薄毛対策用シャンプーは効果あり?」をご参照ください。
  
  

AGA対策には食事が重要!おいしくて効果的なレシピは?

AGA対策には生活習慣の見直しが重要だといわれています。
  
なかでも食生活の乱れは、頭皮の栄養不足や血流の悪化などに直接影響するものです。
  
食事内容の見直しは、AGA対策に欠かせないものととらえてよいでしょう。
  
AGA対策のために積極的に摂りたい栄養素には、たんぱく質、亜鉛、ビタミン類などがあります。
  
タンパク質は、髪の毛や頭皮、血管、血液などの材料になるものです。
  
アミノ酸に分解された状態で吸収され、必要な場所に運ばれてたんぱく質に再合成されます。
  
亜鉛はたんぱく質を合成する際に必要だといわれている成分です。
  
亜鉛は吸収率がよくないので、吸収率を上げるためにはビタミンCを一緒に摂るとよいといわれています。
  
毛細血管の働きを助ける役割をするビタミンB群や高い抗酸化作用があるとされているビタミンAやEもAGA対策には必要な栄養素と言えるでしょう。
  
  
簡単に必要な栄養素を摂れる食事のメニューは、カキやアサリなどの貝類と野菜をスープです。
  
タンパク質や亜鉛を多く含む貝類と、ビタミン類を豊富に含む野菜を同時に摂れるうえに、スープなら水に溶け出しやすい水溶性ビタミンも無駄なく摂取できます。
  
詳しくは、「AGAの対策に!毎日の食事を見直して体質改善を!」をご参照ください。
  
  

AGA対策は自宅でもできる!取り入れやすい方法は?


  
AGA対策を自宅で簡単に行うなら、まずは生活習慣の見直しから始めるとよいでしょう。
  
AGAが発症する直接的な原因ではなくても、症状の進行には生活習慣の乱れが影響するといわれています。
  
まずは日ごろの生活を振り返って、睡眠不足や運動不足、栄養の偏りなどがないかチェックしてみましょう。
  
  
特に注意したいのが飲酒や喫煙の習慣です。
  
飲酒をするとアルコールを分解するために肝臓に大量の血液が集中します。
  
頭皮や毛根に栄養や酸素を運ぶための血液もアルコール分解のために使われてしまうと、AGAの症状を進行させてしまうかもしれません。
  
また、アルコールの摂取量が多いと、アルコールを分解したときに発生する有毒物質のアセトアルデヒドが、有害な形のまま血中に残り、体の中を巡るといわれています。
  
一方、タバコはニコチンやタールなど有害物質を多く含む点が問題です。
  
特にニコチンの毛細血管を縮める作用は、髪に悪影響を与えることになるでしょう。
  
禁酒や禁煙も自宅で行うAGA対策として役に立つと考えられます。
  
詳しくは、「AGAの対策を自宅で!手軽にできる対策方法まとめ」をご参照ください。
  
  

AGA対策に運動を取り入れよう!有酸素運動が効果的

AGAの進行を抑えるためには適度な運動が有効だと考えられています。
  
ただし、どんな運動でもよいわけではありません。
  
有酸素運動が効果的だといわれています。
  
酸素を取り込みながら弱めの負荷をかけて筋肉を動かす運動が有酸素運動、酸素を使わず、強めの負荷をかけて筋肉を動かすのが無酸素運動です。
  
ウォーキングやジョギングは有酸素運動、筋トレは無酸素運動に分類できます。
  
有酸素運動がAGA対策によいといわれているのは、血流がよくなることと、汗をかくこと、リラックスできることという3つの理由からです。
  
  
運動によって心拍数が上がると血液の循環がよくなるので、結果的に頭皮や毛根へ運ばれる血流も増えることが期待されます。
  
また、運動で汗をかくと、脱毛の原因物質であるDHTも一緒に体の外に排出されるということです。
  
さらに、周りの人と話をできる程度の軽い負荷で有酸素運動をすると、ストレスが緩和され、縮んでいた毛細血管が緩まるといわれています。
  
頭皮の毛細血管が広がると、毛根辺お血流量も増えるので、AGA対策につながると考えられています。
  
詳しくは、「AGAの対策に運動が効果的!?有酸素運動の効果と方法」をご参照ください。
  
  

M字タイプのAGA対策!早期ならお手軽マッサージで


  
AGAは、症状が現れはじめる場所と症状の進み方によって複数の型に分類されています。
  
そのうち、こめかみの周囲から薄毛が目立ち始めるのがM字型と呼ばれるタイプです。
  
M字型は薄毛の部分が周りの人の目につきやすいわりに、本人は症状に気づくのが遅れやすいという特徴があります。
  
特に前髪を下した髪型をしていると気づきにくく、薄毛に気づいたときにはかなり症状が進行しているということがありがちです。
  
早期には気付きにくいM字型ですが、一旦気がつけばAGAのなかでは対策しやすい部位の薄毛と言えるかもしれません。
  
育毛剤や薬をつけるときも目で確認できるので、できるだけ早期に発見して対策を始めましょう。
  
両手の人差し指、中指、薬指の腹を使って、こめかみを軽く押しながらくるくると回すようにマッサージすると、血流アップに効果的だといわれています。
  
詳しくは、「AGAの中でもM字タイプは進行が早い!?対策はどのように?」をご参照ください。
  
  

AGAは初期の対策が重要!効果的な方法は?

AGAは放っておくと進行してしまいます。
  
そのため、初期段階で発見して対策を始めることが重要です。
  
しかし、AGAは症状が現れる部位や進行パターンの個人差が大きいため、初期段階で症状が出ていることに気づくのは難しいと言えます。
  
そこで注目したいのが、抜け毛や生えている髪の毛の状態です。
  
抜け毛や生えている毛に若い毛の割合が増えてきたのを感じたら、AGAの初期症状かもしれません。
  
成長の途中で髪の毛が抜けている可能性があります。
  
もしも初期の段階でAGAの症状に気づくことができたら、なるべく早めに対策を始めましょう。
  
初期段階なら、睡眠不足や食事の乱れなど生活習慣を見直すことでも、症状の進行を食い止められるかもしれません。
  
また、症状が進んでからだと限定されてしまう対策方法も、初期であれば多くの選択肢のなかから自分に合うものを選べます。
  
初期症状でAGAに気づけるように、定期的に生え際や抜け毛のチェックをしましょう。
  
詳しくは、「AGAの初期症状と治療開始後の初期脱毛を知る!それぞれの対策方法も!」をご参照ください。
  
  

自分に合う方法でAGA対策をしよう

AGAは放っておいても自然に完治するというようなものではありません。
  
放っておくと症状が進んでしまうものですから、症状の進行を遅らせたり食い止めたりするためには、何らかの対策をする必要があります。
  
AGAは初期症状が現れる部位や症状の進み方には個人差があるので、気づくのが遅れることもあるかもしれません。
  
しかし、症状や原因に合う対策方法がいろいろあります。
  
薄毛の症状に気づいたら、自分に合う対策方法を選んで対策を始めるようにしましょう。
  
日本初の育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

AGA

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。