薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA 女性

女性のAGAは男性とは違う?覚えておきたいAGAの基礎知識

公開日: 2019年2月4日


  
男性に多いというイメージのあるAGAですが、実は女性でもAGAによる薄毛の症状に悩まされる人は珍しくありません。
  
ただ、同じAGAでも男性と女性とでは発症のメカニズムも症状の進行具合、さらに治療の進め方も異なります。
  
女性のAGAに適切に対処するためには、女性の体質に合ったケアが必要です。
  
このコラムでは女性のAGAについて、症状の特徴や原因、さらに治療方法などについて詳しく解説していきます。
  
  

女性のAGAの原因は男性とどう違う?


  
女性のAGAは男性のAGA同様、男性ホルモンの影響が原因で発症します。
  
女性の体内では女性らしい身体を作るために必要な女性ホルモンが多く作られていますが、少量ながら男性ホルモンも作られています。
  
ただし、男性ホルモンが作られているといっても、通常は女性ホルモンのほうが優勢であるために、男性ホルモンの影響をそこまで受けることはありません。
  
女性ホルモンには毛髪の成長を促し、美しい髪を作ってくれる働きがあります。
  
女性の髪が美しいといわれるのは女性ホルモンのおかげなのです。
  
  
しかし、加齢やストレス、無理なダイエット、不規則な生活などの原因によって、女性ホルモンの分泌量が低下し、相対的に男性ホルモンの影響力が強くなってしまうことがあります。
  
その結果、男性と同じようにAGAの症状が現れることになるのです。
  
  
もっとも、女性の場合は女性ホルモンのおかげで男性ほど極端な症状が現れるケースは稀です。
  
特定の部位が脱毛するというよりは、頭全体の髪の毛が全体的に少しずつ薄くなっていきます。
  
症状の進行も緩やかで、悪化するまでなかなか気づかないという人もいるようです。
  
詳しくは、「女性と男性のAGA!原因や症状の共通点と相違点」をご参照ください。
  
  

女性の薄毛はホルモンの影響を受けやすい

先ほどの段落では女性の薄毛の原因としてAGAを取り上げましたが、女性の薄毛の原因はそれだけではありません。
  
女性の薄毛は大きく分けて、びまん性脱毛症、出産後脱毛症、牽引性脱毛症、頭皮環境の悪化による抜け毛、円形脱毛症の5つのタイプに分類することができます。
  
  
そのうち、主に女性ホルモンの影響で起きるのがびまん性脱毛症や出産後脱毛症です。
  
びまん性脱毛症は、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れてしまうのが原因。
  
女性のAGAもこのタイプの脱毛症に含まれます。
  
一方、出産後脱毛症は産後の急激なホルモンバランスの変化に伴い、一時的に抜け毛の増加が起きるのが原因です。
  
そのほか、びまん性脱毛については、栄養不足や血行不良、卵巣・甲状腺の病気などが原因で起きるケースもあります。
  
  
AGAを含め、女性の薄毛は普段の生活習慣やストレスが原因で起きる場合が多いといわれています。
  
女性の髪の健康を守ってくれるのは女性ホルモンです。
  
抜け毛を減らし、育毛を進めるためにもホルモンバランスを崩すような不摂生な生活は避けたいもの。
  
髪のボリューム感のなさや分け目の薄さが気になりだしたら、日頃の生活を一度見直してみましょう。
  
詳しくは、「女性にもあるAGA!男性ホルモンが影響しているって本当?」をご参照ください。
  
  

女性のAGA治療は他の薄毛の場合と何が違うの?


  
男性の薄毛の多くはAGAが原因で起こるといわれていますが、女性の薄毛の原因はもう少しバラエティに富んでいます。
  
ホルモンバランスの乱れやストレス、そのほかの病気などさまざまな原因が考えられるのです。
  
そして、原因が違えば対処法も変わってきます。
  
  
たとえば、治療が必要な同じ薄毛・抜け毛の悩みでも、AGAとそのほかの脱毛症とでは治療の進め方が全く異なります。
  
女性のAGAの治療では、発毛効果のある外用薬や女性用の薄毛治療薬などの内服薬を使ってケアを行うのが一般的です。
  
一方、円形脱毛症は免疫系の異常による炎症が原因といわれており、ステロイドや局所免疫療法を利用し、患部の炎症を抑えるための治療が行われます。
  
また、卵巣などの内臓の病気が原因で症状が起きている場合には、原因となっている疾患を治療する必要があります。
  
  
このように、薄毛の症状を効果的に改善していくためには、それぞれ原因に合った対策を考えることが重要です。
  
そのためにも、まずは自分の薄毛の原因が何かを突き止めることが大切と言えます。
  
詳しくは、「女性のAGAは何が違う?効果が期待できる治療方法と薬」をご参照ください。
  
  

AGA治療は女性が受けても効果はあるの?

AGAというと男性がなるものというイメージが強いためか、AGA治療も男性にしか効果がないと考えている人も多いようです。
  
ただ、実際には女性のAGAに悩む女性もいますし、女性のAGAに特化した治療法もすでに登場しています。
  
女性のAGAは男性よりも症状の現れ方が緩やかなため、治療効果がわかりにくい側面もありますが、男性のような効果が期待できないというわけではありません。
  
女性のAGAも男性と同じく進行性の脱毛症です。
  
放置しておくと症状が悪化してきてしまうおそれもあるので、早めに対策を始めることが大切です。
  
  
女性のAGA治療では、男性同様に外用薬と内服薬を併用する治療が主流となります。
  
外用薬は男性のAGA治療にも使われるミノキシジルが使われます。
  
一方、内服薬は女性用の薄毛治療薬やホルモンを調整する効果のある薬、医療用サプリメントなどが、その人の身体の状態に合わせて処方されます。
  
男性とは使われる薬が微妙に違うという点は知っておいてもよいかもしれませんね。
  
そのほか、医療機関によってはメソセラピーなどの治療が行われるケースもあります。
  
詳しくは、「薄毛に悩む女性必見!AGAの治療って本当に効果があるの?」をご参照ください。
  
  

女性のAGA治療には副作用はないの?

薬を使ってAGA治療を行う場合、薬の副作用が心配という人も多いのではないでしょうか。
  
AGA治療薬のなかには、重篤な副作用が報告されているものがあります。
  
特に、フィナステリドやデュタステリドといった男性用AGA治療薬については、女性が使った場合の安全性は確立されていません。
  
胎児の外性器異常などの重い副作用が出るおそれもあることから、女性に対して投与することは禁忌とされています。
  
  
もっとも、すべてのAGA治療薬が危険というわけではありません。
  
女性が病院でAGA治療を行うときには、女性でも比較的安全に使える薬を使って治療を行うのが一般的です。
  
内服薬であれば女性専用の薄毛治療薬などが使われます。
  
また、外用薬では男性にも処方されるミノキシジルが使われますが、ミノキシジルは外用薬として使った場合には比較的重い副作用が現れづらいといわれている薬です。
  
薬を使う以上は副作用が起きるリスクはゼロではありませんが、基本的に女性のAGA治療では重い副作用が出るような治療薬は使われません。
  
詳しくは、「ちょっと心配!女性のAGA治療薬に副作用ってあるの?」をご参照ください。
  
  

AGA治療薬を使ってみたい女性はどれくらい?


  
薄毛に悩み、AGAの治療薬を使ってみたいと考えている人はどれくらいいるのでしょうか。
  
全国の薄毛に悩む女性を対象にアンケート調査を実施しました。
  
  
【質問】
薄毛の原因がAGAだとわかったら専用の治療薬を使いますか?

【回答結果】
使う:76
使わない:26

調査地域:全国
調査対象:【性別】女性
調査期間:2018年12月25日~2019年01月07日
有効回答数:102サンプル

興味があるという人も多い

調査の結果、AGA治療薬を試したいと考えている人がかなりの割合に上ることが判明しました。
  

・いいと思うものは何でも試してみたいです。
  
(47歳/女性/個人事業主・フリーランス)
・AGAだと専門的な治療をしないと治らないと聞いたことがあるので、専用のものが欲しいです。
  
(33歳/女性/正社員)
・やはり専用の治療薬が一番効果的だと思うからです(49歳/女性/正社員)

AGA専用の薬ということで、効果に期待する声が多く寄せられました。
  
一方で、AGA治療薬を使うことに対して、慎重なスタンスをとっている人もそれなりにいるようです。
  

・育毛に関して本当に効果があるのか懐疑的です。
  
治療薬で髪が生えたとかあまり聞いたことないので。
  
(38歳/女性/派遣社員)
・副作用が心配なので。
  
あと、自然に任せたほうがいいと思っている。
  
(60歳/個人事業主・フリーランス)
・治療薬はリスクが高いし、頭皮トラブルが起きそうなので使いたくありません。
  
(53歳/女性/パート・アルバイト)

効果があるのかどうかわからない、副作用が怖いといった意見が挙がっています。
  

AGAの治療薬については「効果がある」というイメージが広く普及している一方で「副作用がありそう」などネガティブな印象を抱いている人も一定数存在しているようです。
  
医薬品は高い効果が期待できるぶん、一定の副作用リスクがあるのも事実です。
  
もしAGA治療薬を使うなら、その危険性についても理解しておくべきと言えるでしょう。
  

  

育毛専門サロンに行くのもおすすめ


ここまでの段落で紹介してきたように、AGA治療薬には副作用のリスクもあります。
  
たとえば、外用薬のミノキシジルの場合、本人の肌質によっては頭皮のかゆみや赤みといった症状が起きることが知られています。
  
医薬品は化粧品やサプリメントより高い効果がある代わり、副作用のリスクがあることも否定できません。
  
本人の体質によっては、治療薬が身体に合わないということもあるでしょう。
  

もし「副作用が怖い」というのであれば、病院での治療ではなく、育毛専門サロンでのケアを受けてみるのがおすすめです。
  
育毛専門サロンのケアでは医薬品を使わないため、副作用が起きるリスクも低めです。
  
クレンジングやマッサージ、独自配合の育毛剤の塗布といった方法によって、頭皮や髪に働きかけていきます。
  
丁寧なカウンセリングにより、育毛や髪の悩みに対するアドバイスがもらえるのもメリットです。
  

  

女性のAGAの症状や対策を知っておこう

AGAは男性だけではなく、女性もなる可能性のある病気です。
  
ホルモンバランスの乱れが影響しているとされるため、生活習慣などに何か問題があれば若い世代でも発症する可能性があります。
  
放っておくと薄毛の症状が進んでしまうおそれもありますので、もし気になる症状を発見したら早めの対策を心がけましょう。
  
セルフケアでの改善が難しい場合は、育毛専門サロンや医療機関でプロの手を借りるのも良い方法です。
  

女性がかかえる髪の悩みを相談できる、女性の育毛サロン「レディーズ・バイオ」

AGA 女性

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。