薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

女性のAGAは何が違う?効果が期待できる治療方法と薬

公開日: 2019年3月20日


AGAは男性だけの薄毛の症状ではありません。ホルモンバランスの乱れという女性特有の事情によって、女性にも症状が発生することがあります。同じAGAでも女性と男性とでは原因や症状が異なるため、実際の治療やケアにあたっては男女それぞれの特徴に合わせたアプローチを取ることが大切です。ここでは、男女の性別によるAGAの違い、さらに女性のAGAに効果が期待できる治療法や薬について解説します。

女性のAGAの認知度はどれくらい?


女性もAGAになるということを知っている人は、いったいどれくらいいるものなのでしょうか。全国の男女100名に聞きました。

【質問】
女性にもAGAがあることを知っていましたか?

【回答結果】
知っていた:48
知らなかった:52

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年12月25日~2019年01月07日
有効回答数:100サンプル

知らないという人も多い

アンケートを採ったところ、およそ半分の人が「女性のAGAの存在を知っている」と回答する結果となりました。

・CMなどで見たことがあるから。(29歳/女性/専業主婦(主夫))
・身近な人でAGAの人がいるからです。(35歳/女性/専業主婦(主夫))
・以前テレビ番組で特集をしていました。あまり知られていないということで、なるべく多くの人に知ってほしいと医師が話していたのを覚えています。(48歳/女性/正社員)

テレビなどの情報源で存在を知ったという人も多いようですね。その一方で「存在そのものを全く知らなかった」という人もかなりの数に上っています。

・AGAは男性ホルモンの影響によるもので、女性の薄毛は全く違う要因だと思っていました。(50歳/男性/無職)
・ホルモンの関係で、主に男性が悩むものだと思っていた。今まで知らなかった。(28歳/女性/無職)
・男性だけがなるものだと思っていたからです。(41歳/女性/専業主婦(主夫))

男性のAGAがあまりにも有名であることから、男性だけがなるものというイメージが根強く残っていることがわかります。

今回の調査では、女性のAGAを知っている人と知らない人がほぼ半々という結果になりました。女性のAGAに対する認知度は男性のケースに比べると、まだまだ低いと言わざるを得ない状況と言えるでしょう。

女性と男性のAGAは何が違うの?


女性のAGAと男性のAGAは似ているようで、相違点も多い病気です。ともに男性ホルモンが原因で起きるという点では同じですが、具体的な症状の出方や進行の仕方が異なります。男性のAGAの原因は、DHTという物質です。DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが酵素5αリダクターゼと反応することで作られます。DHTは髪の成長サイクルに悪影響を与える作用があり、その影響を受けた毛根では太く、しっかりとした髪の毛を育てるのが難しくなってしまいます。その結果、抜け毛の増加、毛が産毛のような毛質に変わるといった症状が現れることになるのです。
一方、女性の場合はホルモンバランスの乱れによって、男性のAGAと同じような症状が起こります。男性ホルモンというと「男性のもの」というイメージが強いですが、実は女性の体内でも少量の男性ホルモンが分泌されています。しかし、通常は女性ホルモンの働きのほうが優勢なため、男性ホルモンがあるからといって男性のような薄毛の症状は出るわけではありません。しかし、何かの原因で女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンの影響が強まって男性と同じくAGAの症状が出ることになります。
女性の場合、体内に存在する男性ホルモンの量がもともと少ないため、男性のように頭皮が露出するほどの脱毛症状が出るケースはまれです。そのかわり、髪の毛が全体的に少しずつ薄くなる、分け目やつむじが目立つといった形で症状が現れることが多いようです。また、男性のAGAと同じく、髪が細くなる軟毛化の症状を伴います。

他の薄毛原因とAGA!いったいどこが違うの?

女性のAGAで現れるような、頭部全体に現れる薄毛の症状をびまん性脱毛症といいます。しかし、すべてのびまん性脱毛症がAGAによって引き起こされるわけではありません。
ストレス、甲状腺の病気、貧血、無理なダイエットといった別の原因で薄毛の症状が起きることも考えられます。特に、AGA特有の症状である軟毛化が起きていない場合には、AGA以外の原因で脱毛が起きている可能性を疑ったほうがよいかもしれません。
また、同じ女性のAGAでも人によって考えられる原因が違う点にも注意が必要です。女性のAGAは何らかの原因で女性ホルモンの分泌量が減り、体内のホルモンバランスが乱れることで起こりますが、ホルモンバランスが崩れる原因はひとつだけではありません。睡眠不足やストレス、加齢など複数の要因が指摘されています。
一見同じような薄毛の症状に見えても、人によって原因はさまざまです。適切な対応をするためにも、まずは薄毛の原因を見極めることが重要と言えるでしょう。

放っておいても自然治癒はしないのがAGA

AGAは進行性の脱毛症で、自然治癒は期待できません。男性のAGA同様、女性のAGAも放っておくと症状が進行していってしまいます。なるべく症状が軽いうちに専門医の診察を受けたり、育毛専門サロンに通ったりと適切に対処することが大切です。病院におけるAGA治療は薬物療法が中心となります。内服薬・外用薬を併用し、身体の外側からだけでなく内側からのアプローチも行うケースが一般的です。
なかでも、標準的な治療として行われているのが、ミノキシジルの外用と内服薬の組み合わせです。ミノキシジルの外用は日本皮膚科学会も推奨している治療法です。また、内服薬としては医療用のサプリメントやホルモンを調整する作用のある内服薬が処方されます。
なお、AGAの治療では健康保険の適用ができず、すべて自費診療になります。実際の治療にかかる費用は病院によっても違いますが、それなりの費用を覚悟しておいたほうがよいでしょう。

医療機関での治療ではなく育毛専門サロンでのケアで改善を目指すのもあり


AGAの治療薬には副作用のおそれがあるものがあり、人によっては体質に合わない可能性も考えられます。もし薬を使った治療に抵抗があるなら、育毛専門サロンでのケアもおすすめです。育毛専門サロンの特徴は、薬を使わない方法で頭皮をケアできることにあります。そのため、病院の治療とは違い、副作用が起きるリスクもほとんどありません。
育毛専門サロンではクレンジングやマッサージといったプロならではの技術で、頭皮のコンディションを整えていきます。髪の毛は頭皮から生えるものですので、育毛を考えるうえで頭皮のコンディションの良し悪しはとても重要です。頭皮のコンディションが悪いと、薄毛・抜け毛の症状が悪化しやすくなります。これ以上の抜け毛の増加を防ぎ、育毛に適した状態を作るためにも、徹底したケアで頭皮環境を整えることは大切と言えます。お試しでプロのケアを体験できる無料体験もありますので、まずはカウンセリングを受けに行ってみてはいかがでしょうか。

女性のAGAは早期発見・早期ケアを

女性は髪が長い人が多いため、薄毛の症状になかなか気づけないケースもあるかもしれません。しかし「今は目立たないから」といって症状を放置しておくと、薄毛の症状が進行してしまうリスクもあります。症状の悪化を防ぐためにも、早期発見・早期ケアが望ましいと言えるでしょう。生活習慣を改善してホルモンバランスを整える、育毛専門サロンや医療機関に通うなど、効果的な対策はたくさんあります。気になる症状を発見したら、早めの育毛ケアを始めましょう。
関連記事:「女性のAGAは男性とは違う?覚えておきたいAGAの基礎知識

女性がかかえる髪の悩みを相談できる、女性の育毛サロン「レディーズ・バイオ」

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。