薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

髪の毛

細い髪は薄毛に見えやすい…髪を太くする方法はあるの?

公開日: 2019年3月6日


  
頭皮や体の状態が健康な人なら、髪の毛の太さは一定の範囲内に収まっています。
  
多少は細くても心配する必要はありません。
  
しかし、もともとの状態から細くなったように感じる場合は注意が必要です。
  
なぜ、髪の毛の太さは変化するのでしょうか。
  
一度細くなった髪の毛は元の状態に戻せるのでしょうか。
  
今回は、髪の毛の太さによる違いや、髪の毛を丈夫にするポイントなどを紹介します。
  
髪の毛にハリやコシがない人でも、実践できる方法です。
  
  

髪を太くする方法…より効果的なのはどっち?


  
髪の毛を太くするには、食事とシャンプー、どちらを工夫するべきでしょうか。
  
薄毛や育毛に興味のある100名に質問してみました。
  
  
【質問】
髪を太くするために工夫するべきなのはどちらだと思いますか?
  
【回答結果】
食事:72
シャンプー:28
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年12月12日~2018年12月19日
有効回答数:100サンプル
  
  

太い髪の毛は食事の改善から?実はシャンプーの工夫も大切

  
7割の人が、太い髪の毛のためには食事が重要だと答えました。
  
・シャンプーはあくまで頭皮や髪の毛をきれいにするもので、髪の毛を作るのは体の中から。であれば食事がカギを握っているように思うため。(30代/男性/正社員)
  
・食事のほうが重要だと思う。植物と同じで、地面(地肌)に栄養がないと、良い髪は伸びないと思うから。(20代/女性/無職)
  
皮脂や汚れを除去するシャンプーより、体内から栄養を補う食事のほうが大切だとする意見が多く見られました。
  
  
・頭皮に直接働きかかけることが大切だと思います。
  
薄毛専用のシャンプーを使い、ブラッシング時や洗髪中に頭皮のマッサージをするように心がけています。(40代/女性/正社員)
  
一方、シャンプーと答えた人は、頭皮に直接働きかける点が重要だと感じているようです。
  
  
どちらの回答でも、薄毛を根本から解決するためにはどうすればいいかという点に、着目しているようでした。
  
実は、健康的な髪の毛には、食事とシャンプーのどちらが欠けても、丈夫な髪の毛を育むのは難しいです。
  
食事とシャンプーをどのように工夫すればいいのか、詳しく見ていきましょう。
  
  

「太い髪」と「細い髪」…その違いとは?

髪の毛の太さは男女差や個人差がありますが、一般的には0.05~0.15mmのあいだで収まっています。
  
平均的な太さの人は、0.08~0.09mm程度です。
  
髪の毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあり、毛周期の時期によっても太さが変化します。
  
もっとも太いのは成長期で、伸びている途中の髪の毛なら0.15mm程に、髪の毛が成長をやめて退行する時期には0.05mm程度まで細くなる場合があります。
  
  
髪の毛の内部は、外側からキューティクル、コルテックス、メデュラの3構造です。
  
この内、髪の太さを決めるのは繊維成分であるコルテックスの量です。
  
コルテックスの量は先天的な要素で左右されますが、紫外線のような外的ダメージや体内の栄養状態によっても影響されます。
  
もし、成長期の髪の毛が0.05mm程度の場合は、注意が必要です。
  
生まれつき髪の毛が細い人は、生活習慣やシャンプー選びの工夫が望ましいとされています。
  
  

髪が細くなってしまう原因

薄毛というと、髪の毛の量が少なくなってしまうイメージがあります。
  
しかし、量は変わらなくても髪の毛が細くなることで、髪全体が薄くなったように見える場合があります。
  
髪の毛が細くなるのは、外的要因と内的要因の2つが原因です。
  
外的要因とは、何らかの要因で頭皮がダメージを受けている状態のことです。
  
皮脂やフケ、シャンプーに配合されているシリコンなどが残って毛穴を塞いでしまうと、髪が生えにくくなり健康的な状態になりません。
  
  
内的要因とは、食生活からくる栄養不足です。
  
髪の毛は、毛細血管から運ばれる栄養分を受け取って成長していきます。
  
材料となる栄養素が足りないと、太くて丈夫な髪の毛を作れません。
  
頭皮環境の悪化で皮膚が固くなると、やはり必要な栄養素を届けにくくなってしまいます。
  
  

バランスが大切!健康な髪は食事で作られる


  
髪の毛の太さは、タンパク質が鍵を握っています。
  
髪の毛はケラチンというタンパク質でできており、ケラチンは18種類以上のアミノ酸からできています。
  
しかし、毛母細胞の分裂はタンパク質だけでは不十分です。
  
ビタミンB群や亜鉛など、タンパク質の代謝を助ける栄養素によって、髪の毛が効率的に作られるようになります。
  
タンパク質や必須アミノ酸を摂取するなら、牛肉や豚肉の赤身、鶏肉、卵、乳製品、大豆製品などを積極的に食べましょう。
  
ビタミンB群を摂取するならアジやサバなどの青魚、亜鉛なら牡蠣やウナギ、チーズ、卵黄などがおすすめです。
  
この他、各種ビタミンを摂取するために、緑黄色野菜を摂りましょう。
  
摂取した栄養素は、胃で消化されてから十二指腸を経て小腸へ送られ、吸収されます。
  
その後、腎臓や肝臓を経由して血流に乗り、血管を循環して髪の毛に送られます。
  
  

頭皮と髪に触れるものだからこそ!シャンプーの選び方

薄毛の悩みを持つ人は、さまざまなヘアケアを行っているのではないでしょうか。
  
ヘアケアのなかでも、シャンプーの選び方や使い方は重要です。
  
細い髪の毛は、少しの刺激にも敏感です。
  
頭皮に優しく刺激の少ないアミノ酸系シャンプーで洗い上げましょう。
  
頭皮は皮脂や汗が出やすく、毛穴詰まりが起きやすい部位です。
  
毛穴が塞がってしまうと、新しい髪の毛が生えにくくなってしまいます。
  
だからこそ、頭皮は常に清潔な状態を保つ必要があります。
  
  
特に、毛穴周辺はキレイにしておきたいものです。
  
アミノ酸系シャンプーかスカルプシャンプーでていねいに洗いましょう。
  
シャンプー中は、指の腹を使って頭皮マッサージを行うと、効率的に頭皮ケアができます。
  
頭皮全体の血流が良くなるように、まんべんなくマッサージするのがポイントです。
  
毎日の食事からしっかり栄養補給し、合わせて頭皮マッサージを行えば、健康な髪の毛が生えやすくなるでしょう。
  
  

細い髪を太くしたい!まずは食生活とシャンプー選びに注意


  
細くなってしまった髪の毛を太くするには、食生活とシャンプー選びが大切です。
  
外食が多くて脂っこい食事が続いている、しばらく野菜を食べていないなどの人は注意が必要です。
  
髪の毛の細さと同時に頭皮の乾燥や荒れなどが気になる場合は、シャンプーの見直しも検討しましょう。
  
アミノ酸系シャンプーやスカルプシャンプーなら、皮脂汚れをしっかり落としつつ、適切な頭皮ケアが可能です。
  
太く丈夫な髪の毛のために、普段の生活から少しずつ改善していきましょう。
  
関連記事:「髪の毛を太くするためのポイント!
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

髪の毛

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。