薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

抜け毛と白髪の共通点はストレス?原因とケア方法まとめ

公開日: 2018年12月27日

抜け毛や白髪の原因には共通点が多いと言われていますが、亜鉛やビオチンなどの栄養素の不足や、加齢・ストレスの影響など人によって原因は様々です。
そこで、抜け毛と白髪に共通している原因と適切な対策方法について解説します。
  

抜け毛と白髪は同じ要因でなるもの?共通の原因に関する認知度は?


  
まずは、抜け毛と白髪の原因について、共通点が多いことを知っている人はどれくらいいるのかアンケートを取って調べてみました。
  
  
【質問】
抜け毛と白髪の原因は共通点が多いことを知っていましたか?
  
【回答結果】
知らなかった : 80
知っていた : 20
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年11月01日~2018年11月08日
有効回答数:100サンプル
  
  

抜け毛と白髪の原因は別だと思っていた人が約8割

今回のアンケートでは、知らなかったと回答した人が全体の8割を占めました。
  
  
・抜け毛はストレスや生活習慣が影響し、白髪は年齢と考えていたから。(20代/学生/男性)
  
・自分は白髪が多いが、抜け毛は多くないので、原因が同じとは思わなかったから。(30代/専業主婦(主夫)/女性)
  
・私は40代で、白髪もそれなりにあるが、抜け毛はそれほどない。また、ご高齢の方でも白髪のまま髪がたくさん残っている方もいるため、抜け毛と白髪の原因に共通点があるとは思っていなかった。(40代/無職/男性)
  
  
知らなかったと回答している人は、コメントの内容から、白髪が目立つ人は髪が十分にあるから、抜け毛と同じ原因とは考えにくいと思っている様子がうかがえます。
  
同じ原因で起こっているなら、白髪の人も抜け毛が多くなるはずだと考えているようです。
  
また、白髪と薄毛では思い浮かぶ原因が異なるというコメントも多く見られました。
  
一方、知っていたと回答した人のコメントは以下の通りです。
  
  
・白髪は栄養不足やストレスが原因で生える事も多く、抜け毛の原因と共通点が多いためです。(30代/個人事業主・フリーランス/男性)
  
・どちらも毛根の細胞が死んだり、細胞の一部が書き換えられたりするのが原因。白髪、抜け毛になると基本的に直らないのはその理由。(20代/専業主婦(主夫)/女性)
  
・以前、薄毛で抜け毛を気にしていた時期がありましたが、年齢を重ねてからは白髪が気になりました。どちらもストレスや生活習慣、血行不良、食事(栄養)の偏り、間違ったヘアケアなどが原因で、改善が可能だと知ったからです。(50代/専業主婦(主夫)/女性)
  
  
知っていると回答した人は、誰かから話を聞いたり、自分で調べたりした人が多いようです。
  
ストレスや生活習慣を原因として挙げている人が目立ちました。
  
  
今回のアンケートからは、一般的には白髪と抜け毛の原因が同じとは考えられていない様子がうかがえました。
  
また、白髪や薄毛が回復できるものだと考えている人とそうではない人がいるようです。
  
では、この結果を踏まえて、白髪と抜け毛の共通点について見ていきましょう。
  

抜け毛と白髪になる原因は何がある?


  
抜け毛と白髪には直接的な因果関係はありません。
  
しかし、栄養不足によって髪が正常な状態にないことは抜け毛にも白髪にも影響します。
  
その点では、原因が共通しているということは可能です。
  
一般的に、亜鉛とビオチンが不足すると、抜け毛や白髪になるといわれています。
  
亜鉛にはたんぱく質の合成を助ける働きがあり、そのうえ男性ホルモンの働きを抑制する作用もあります。
  
髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質なので、健康な髪を育てるためには亜鉛が不可欠です。
  
また、AGAの抜け毛は男性ホルモンがジヒドロテストステロンという抜け毛を促進する物質に変化してしまうことで起こります。
  
そのため、亜鉛が不足すると白髪ができやすく、抜け毛も増えるわけです。
  

ビオチンも、亜鉛同様体内のアミノ酸からたんぱく質を合成する働きをします。
  
髪のたんぱく質が正しい形で再合成できない場合、成長の途中で抜け落ちれば抜け毛、色素が作られないまま成長すれば白髪になるわけです。
  
ビオチンは、糖の代謝やほかの細胞の再合成にも必要な栄養素なので、不足すると髪の再合成は後回しにされてしまいます。
  

抜け毛と白髪の共通点は何?同時進行のリスクも?

亜鉛不足やビオチン不足の影響を受けること以外にも、抜け毛と白髪が起こるメカニズムには共通点があります。
  
加齢やストレスの影響を受けると発症しやすい点です。
  
男性の場合は、加齢によってAGAの症状が進みやすく、女性の場合は女性ホルモンが減少することで抜け毛のリスクが高まります。
  
一方、加齢によって白髪が増えるのは、メラニン色素を作るときに使われる「チロシナーゼ」という酵素の量も減るからです。
  
女性ホルモンの量もチロシナーゼの量も加齢に伴って分泌量が減るので、同時進行するリスクがあるといわれています。
  
  
ストレスによって抜け毛や白髪が増える原因はさまざまです。
  
まず、ストレスがかかると男性ホルモンが多く分泌されるようになり、皮脂が過剰分泌されるようになります。
  
頭皮環境が悪化して毛穴が詰まるようになると、毛がまっすぐ生えなくなるので白髪の抜け毛が同時進行するかもしれません。
  
髪の黒い色素メラニンを作っているメラノサイトという細胞がストレスに弱いからです。
  
うねった毛や色素を持たない毛など、リスクが高い毛が目立ち始め、うまく育たない毛は途中で抜けやすくなります。
  

今からできる対策方法!生活を見直してみよう

生活の見直しによって抜け毛と白髪を同時に対策するなら、まずはバランスのよい食事を摂ることが大事です。
  
健康な髪を作るためには、たんぱく質のもとになるアミノ酸が必要ですが、摂取した時点ではどこで使われるかが決まっていません。
  
しかも、髪は生命維持には関わらない部分なので優先順位が低く、アミノ酸が不足しているときは、ほかへ優先的に運ばれてしまいます。
  
アミノ酸を再合成する際に使われる亜鉛やビオチンも同じ理由で十分な摂取量が必要です。
  
  
ほかにも、十分な睡眠を取り、ストレスのかかりにくい生活をすることを心がけましょう。
  
十分な睡眠がとれないと、自律神経のバランスが交感神経優位に傾くため、心も体も休めることができず、ストレスが溜まります。
  
強いストレスがかかると、体内で活性酸素が発生するため、せっかく摂取した亜鉛が活性酸素を減らすために使われてしまう点も問題です。
  
食生活や睡眠を見直すことはストレスを減らすことにもつながり、ストレスが減れば、食生活や睡眠の乱れも解消される可能性があります。
  

抜け毛と白髪を改善する!頭皮と髪のケア方法


  
抜け毛も白髪も頭皮環境が悪化しているときに増えます。
  
過剰な皮脂分泌によって毛穴の詰まりや頭皮のべたつきがあるときは、余分な皮脂を取り除くことが大事です。
  
ただし、皮脂を取り除きすぎると、今度は頭皮の乾燥によって抜け毛や白髪が増えてしまいます。
  
適度な皮脂量を保ってきれいに洗うために、正しいシャンプー方法を覚えましょう。
  
  
過剰な皮脂を取り除くために、直接頭にシャンプーを付けてゴシゴシ頭皮をこすってしまうとますます頭皮環境が悪化します。
  
シャンプーは必ず手に取ってからよく泡立てて、頭皮を優しくマッサージするように洗い上げましょう。
  
すすぎ残しのないように洗い流したら、しっかり乾かすことが大事です。
  
シャンプー後の水分は蒸発するときに地肌の水分を奪ってしまいます。
  
頭皮の乾燥を防ぐためにも、シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かすようにしましょう。
  

同時進行しやすい抜け毛と白髪はまとめてケアしよう

抜け毛と白髪の原因は共通している部分がたくさんあります。
  
同時進行しやすいということは、裏を返せば同時に対策できるということですから一石二鳥です。
  
抜け毛と白髪の発生には直接的な関係がなくても、根本の原因が同じなら、どちらのためのケアという線引きをする必要はありません。
  
髪の成長を阻害することはできる限りやめて、よいことは積極的に取り入れていけば結果的に両方のケアに結びつくはずです。
  
対策をするなら一挙両得を目指しましょう。
  
関連記事:「抜け毛の予防と対策!原因を知ることから始めよう!
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。