薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

ヘアカラーの頻度はどのくらい?おすすめの間隔とカラーを長持ちさせる方法

公開日: 2019年9月23日


ヘアカラーを活用して髪を美しくしている方は多いでしょう。ただ、ヘアカラーは一定の間隔で繰り返して行う必要があり、どのくらいの間隔がいいのかという悩みも少なくありません。そこで、ここではヘアカラーをどれくらいの間隔でしたら良いのか知りたい人に向けて、おすすめの間隔やヘアカラーをできるだけ長持ちさせる方法を紹介します。

髪色をきれいに保ちたいならヘアカラーは1カ月に1度

カラーリングをする間隔について考える場合は、カラーリングにどのくらいの効果を求めるかがポイントになります。常に全体をきれいな色で染めておきたいのか、髪がなるべく傷まないように染めたいのかなど、ニーズによって最適な間隔が異なるのです。髪色をきれいに保ちたいときのカラーリングなら、1カ月に1度くらいの頻度で行うとよいでしょう。なぜなら、染めた直後が最も美しく染まっており、ヘアカラーは施術後からどんどん退色して色が抜けていくからです。

明るい色合いに染めた場合や、個性的な色合いで染めた場合などは、色の変化が気になりやすくなります。そのため、きれいな色を維持したいなら、こまめにカラーリングをし続けることが必要になります。髪色をきれいな状態にしておくには、早めにカラーリングするとよいでしょう。特にブリーチをしている場合は、明るい髪色と新しく生えてきた根元の黒さとのコントラストが目立ってしまうため、早めにカラーリングするのがポイントです。

カラーリングの回数が多いと髪が傷みやすくなる可能性もあるので、トリートメントも忘れずに行いましょう。カラーリングとトリートメントをしっかり行うことで、いつもきれいな髪色を保つことができます。

根本を目立たせたくないならヘアカラーは1~2カ月に1度

髪は日々伸びているので、カラーリングをすると新しく生えてきた根元との髪色の違いが気になります。根本を目立たせたくないときのカラーリングの頻度については、1〜2カ月を目安にするとよいでしょう。髪は1カ月で約1~1.5cm伸びますから、カラーリング後1カ月もすると、1cm前後、髪色が違う部分ができてしまうことになります。頭頂部の色の違いは特に目立つので、明るい色に染める場合はかなり気になってしまいます。

髪が伸びる早さは個人差が大きいので一概には言えませんが、1~2カ月ほどでカラーリングすると根本が目立ちにくくなります。あまり頻繁にカラーリングすると髪や地肌によくないので、早くても1カ月程度を目安に染め直すほうが無難です。ダークな色合いに染める場合や、もとの髪色に近い色合いに染める場合などは、2カ月に1回程度でも根本が目立たずきれいな状態を維持することも可能です。

髪や頭皮のダメージを抑えたいならヘアカラーは3カ月以上空ける


髪や頭皮のダメージを抑えたいときなら、カラーリングの頻度はできるだけ少なくしたほうが安心です。髪のダメージは蓄積されてしまい、ダメージの上にカラーリングをしてしまうと、どんどんダメージを受けてしまうことになります。髪だけでなく、頭皮もヘアカラーにより角質層が削られてしまいます。ある程度の期間を空けて、頭皮がきちんと再生してからカラーリングするのがダメージを少なくするコツです。具体的には、最後にカラーリングをしてから3カ月以上空けるのが安心でしょう。

白髪染めなら白髪の割合によって頻度は異なる

ヘアカラーにはおしゃれ染めだけでなく白髪染めもあります。白髪染めの場合、全体の髪に対して白髪が3割以下なら、1カ月半~2カ月ほどの間隔で染めるのがよいでしょう。3~5割と白髪が比較的多い場合は、髪が伸びてくると白髪が目立ちやすくなるので、もう少し早めに1カ月ほどで染めるときれいな状態を保てます。白髪が全体の5割以上あるなら、2~3週間に1回のペースでこまめに染めるのがよいです。

男性と女性によっても頻度は違う?髪の長さも関係する!

性別や髪の長さによっても、カラーリングの頻度は異なります。たとえば、男性の短髪なら根元が目立ちやすいので、目安のペースよりもやや早めに染めるときれいな状態の維持が可能です。女性のショートヘアも同じで、早め早めに染め直すのがポイントになります。一方、ロングヘアは根元が目立ちにくいので、目安のペースより間隔を空けても気になりにくいでしょう。髪の量が多く染めるのに手間と時間がかかることを考えても、長めのスパンで染め直すのがよいといえます。

知っておこう!カラーリングが髪と頭皮に与える影響

髪色を自由に変えることができるのが魅力のヘアカラーですが、染めることによるダメージが気になる人も多いでしょう。カラーリングが髪と頭皮に与える影響については、カラー剤の種類によっても異なりますが、基本的に髪と頭皮へのダメージは避けられません。カラー剤にはアレルギー物質が含まれていることもあり、人によってはかぶれや湿疹などが起こる可能性もあります。そのため、市販のカラー剤の説明書には染める前に毎回パッチテストを行うように記載されています。

ヘアカラーは、髪や地肌に何らかの影響があるということをよく理解して使用することが大事です。サロンで染める場合は、心配な点があれば、事前によく説明を受けるようにしましょう。

伸びたところだけ染めるリタッチのメリット


ヘアカラーには、伸びたところだけ染めるリタッチというものもあります。リタッチとは、髪の根元の新しく生えてきた部分だけを全体の髪色と合うようにピンポイントで染めることです。施術部位が限定されるので、髪のダメージが少ないのが大きなメリットです。また、部分染めなので施術時間も短くて済み、料金も安いのもメリットといえます。忙しくて毎月フルカラーできない人や、ヘアカラーの費用を抑えたい人に向いています。

ただし、ずっとリタッチだけしていても全体的にきれいな髪色を保てないので、2~3回のうち1回はフルカラーをするのがよいでしょう。リタッチをうまく取り入れながらフルカラーの間隔を上手に空けるというイメージです。

ヘアカラーをできるだけ長持ちさせるには

最後に、ヘアカラーをできるだけ長持ちさせる方法を説明します。ヘアカラーは髪を染めるものなので、一定期間ごとに染め直さないと元の髪色に自然と戻ってしまいます。とはいえ、染め直し過ぎても髪や地肌にダメージを与えることがあるので、できるだけ長持ちさせることがポイントです。

まず、ヘアカラーはやや暗めの色にしましょう。明るい色にしてしまうと伸びてきた根本との色の差が気になって、何度も染め直すことになってしまいます。元の髪色に近いダークな色合いであれば、髪が伸びてきても、いわゆるプリン頭という状態になるのを避けることができます。

ハイライトやローライトを入れて立体感を出すのもポイントです。ローライトとは、ベースとなる色よりも暗い色を加えることをいいます。一色に染めてしまうとどうしてもムラが目立ちやすくなるので、最初から色に変化をつけて染めることで、きれいに見せるのがポイントです。

また、セルフカラーではなくサロンで染めたほうが、きれいな状態を維持しやすいでしょう。市販のカラーリング剤で自宅でヘアカラーをする人もたくさんいます。しかし、自分では見えにくい場所も多く、ムラなくキレイに染めるのは意外と難しいものです。また、サロンのほうがカラー剤の種類が多いので、その人の髪質や髪色に合ったカラーリングをしてもらえます。そのため、染め上がりの美しさやヘアカラーの持ちという点では、サロンに任せたほうがよいということになります。

ダメージ補修などヘアケア効果の高いシャンプーを使うのもよい方法です。髪が傷んでいるとどんな色をのせてもきれいに仕上がりません。髪を健康に保つには紫外線対策をすることも大事です。紫外線を浴びると髪が傷んでしまうので、外出時には帽子を被ったり、日傘を使ったりして紫外線を浴びないように心がけましょう。

きちんとお手入れしてきれいな髪色をキープしよう!

いろいろな色を選んで髪色を変えられるヘアカラーは、大切なおしゃれの一部です。きれいなヘアカラーを長持ちさせるには、染めたあとに適切なお手入れを自分で行うホームケアが欠かせません。コツを押さえれば、セルフケアは十分可能です。知識をしっかり身につけて、きちんとお手入れをし、いつまでもきれいな髪色を保ちましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。