薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

頭皮クレンジングってどうやるの?期待できる効果や注意点について

公開日: 2019年9月23日


頭皮は、顔の皮膚と同じように皮脂や汚れがたまりやすいところです。顔の毛穴が詰まるとニキビなどの肌トラブルが起こるように、頭皮の毛穴にも皮脂や汚れがたまってかゆみなどを引き起こす恐れがあります。頭皮の汚れが気になり出したら、頭皮クレンジングがおすすめです。頭皮ケアは、頭皮だけではなく髪の毛の健康を保つことにもつながるでしょう。この記事では、頭皮クレンジングのやり方と効果、注意点を解説していきます。

シャンプーとは違う!頭皮クレンジングとは

頭皮クレンジングとは、顔をクレンジングするのと同じように頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れをすっきりと落として毛穴詰まりを防ぐことです。頭皮ケアの商品にもシャンプーやオイル、ジェルなどさまざまなタイプが存在します。スカルプケアと呼ばれるシャンプーを使用すれば、洗髪と同時に頭皮クレンジングも行えますが、シャンプーは洗浄力が強く頭皮への刺激にもなってしまうので、特に女性は髪の毛のキシキシ感が気になってしまうかもしれません。

また、洗浄力が強すぎるものは頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性があるため、オイルやジェルタイプのクレンジング剤で頭皮に必要な潤いを残してくれるタイプがおすすめです。週1~2回のスペシャルケアとして行うだけなので、生活にも取り入れやすいのがメリットですね。頭皮は顔などの皮膚と比べても皮脂腺が多く、髪の毛もあるため汚れがたまりやすいところです。シャンプーだけでは落とし切れない汚れを頭皮クレンジングによって落とすことで、男性も女性も健康的な頭皮を目指せます。

頭皮クレンジングで期待できる効果


頭皮の皮脂や汚れは、頭皮からの臭いや髪の毛のべたつき、ボリュームの減少などを招く原因となることが少なくありません。頭皮もターンオーバーという肌の新陳代謝が行われています。しかし、頭皮へ刺激を与えたり毛穴の詰まりを放置したりすると、生活習慣などの影響も受けてターンオーバーの周期が乱れてしまいます。刺激の強いシャンプーなどで必要な皮脂を落としすぎると、頭皮の乾燥がフケの原因になりかねません。かといって洗いやすすぎが足りていなければ、毛穴に詰まった汚れが臭いやべたつき、脂っこさにつながりニキビなどを発生させてしまうのです。

頭皮クレンジングをすることで臭いなどの原因である皮脂に残った汚れを取り除き、毛穴からの老廃物の排出をスムーズにしてくれます。リラックス効果もあるマッサージで頭皮に働きかけを行うため、ニキビやフケ、抜け毛などへのアプローチも可能になるのです。定期的な頭皮ケアは、必要な皮脂を残して潤いを与えつつ毛穴をクレンジングしてくれるのでより良い頭皮環境や、ハリとコシのある髪の毛へと導いてくれるでしょう。

頭皮クレンジングに使うオイルはどう選ぶ?

オイルを使った頭皮クレンジングをするなら、オイルの種類によって効能が違うことを意識していると、使い分けもできるのでおすすめです。料理などでも便利なオリーブオイルは、オレイン酸という成分が人の皮脂に近いので頭皮によくなじみます。頭皮の潤いは守りながら、余分な皮脂汚れを落とせるため健やかな頭皮環境の実現が期待できるでしょう。椿オイルはアウトバストリートメントとしてもよく使われていますが、その潤いは頭皮クレンジングでも切れ毛や枝毛、パサつきを防ぐ効果があるといわれています。

ココナッツオイルは、殺菌力の高いラウリン酸という成分が豊富です。抗炎症作用があるので雑菌や細菌から頭皮を守り、清潔で美しい素肌を保ってくれる効果に期待できるでしょう。ホホバオイルはさらっとした軽めのオイルなので肌になじみやすく、フケやかゆみを軽減させて潤いを与えてくれる働きがあると考えられています。

しっかりマスターしよう!頭皮クレンジングのやり方

ここで、正しい頭皮クレンジングの方法を紹介します。使用するオイルは必ず自分の腕などでパッチテストを行って、肌に合うものを選んでおきましょう。まずはブラッシングをして、髪の毛についた汚れを落とします。マッサージの感覚でブラッシングを行うと頭皮に働きかけ、頭皮の汚れも浮いてきやすくなります。ブラッシングを終えたらオイルを手に取り、頭皮につけましょう。乾いた手で行うことと、なるべく髪の毛にはつけないように注意してみてください。

頭皮全体になじませたら優しくマッサージをします。そのあと頭皮に少量のぬるま湯を加え、お湯と油をなじませて乳化させたら、いつものようにシャンプーやトリートメントをして終了です。油が残っている感覚があったらシャンプーは2度に分けても良いでしょう。洗い残しのないようにしっかりすすぐことが大切です。

オイルを使わない炭酸クレンジングもできる!


オイルを使用しない炭酸クレンジングという方法もあります。炭酸水は、甘味料などが入っていない水と二酸化炭素だけのものを用意しましょう。500mlのペットボトルに50mlの炭酸水と、普段使っているシャンプーを1~2プッシュ分入れます。ペットボトルに蓋をして、ペットボトル内が泡立つまでよく振りましょう。炭酸クレンジングでは、泡をつける前に頭皮を中心に予洗いをして汚れを落としておきます。この予洗いにも炭酸水を使うと、よりクレンジング効果が期待できますよ。泡を手に取り頭皮につけ、毛穴汚れを浮かすことを意識しながらマッサージをします。

オイルと同じように優しくもみ洗いしてお湯でしっかりと洗い流したら、トリートメントをしましょう。頭皮の汚れがすっきりと落ちて、いつもよりもトリートメント成分の浸透が良いことを実感できるかもしれません。

頭皮クレンジングをするときに気をつけたいこと

頭皮クレンジングには、いくつかの注意点があります。一番大切なのは、頭皮マッサージのときに爪を立てないようにすることです。頭皮の汚れを落とそうと懸命にマッサージをしたくなりますが、爪を立ててしまうと頭皮に傷がつき、そこから雑菌などが入ってしまうため危険です。指の腹を使って優しくマッサージすることを心掛けましょう。汚れを落としたいからといって毎日行うのも頭皮の負担になってしまうので、週に1~2回リラックスしたいときなどに取り入れるようにしてください。

メイク用のクレンジングオイルで代用したいと考える人もいるかもしれませんが、メイク用は素肌に塗り込んだメイクの油分を落とすほど刺激の強いものなので、使用はおすすめしません。健康的な頭皮のためにも、しっかりと頭皮用のクレンジング剤を選びましょう。

頭皮クレンジングをするなら!健康的な生活も心がけよう

頭皮の健康は、頭皮クレンジングだけではなく健康的な生活を心掛けることが大切です。例えば、適度な運動を日ごろから取り入れていれば血行が良くなり、頭皮のみならず体全体の老廃物の排出につながります。バランスの良い食事は、心身ともに健康を目指すために欠かせないものです。皮膚や髪の毛を美しく保ってくれるビタミンや活性酸素を取り除いてくれるポリフェノールなど、たくさんの栄養素を意識しながら摂取していきましょう。十分な睡眠を取ることも健康的な頭皮を作るためには欠かせません。

熱すぎるお湯やドライヤーの熱、紫外線なども頭皮にダメージを与えることがあります。毎日の洗髪は36~38度くらいの温度で行い、ドライヤーは近づけすぎないようにしてみましょう。頭皮も皮膚と同じく日焼けをするので、毎日の髪形や分け目などを変えてみるのもおすすめです。頭皮は顔や体とつながった1枚の皮膚なので、健やかで美しい頭皮を心掛けることで表情筋や素肌、髪の毛がより一層生き生きとしてくるかもしれませんよ。

頭皮の毛穴の掃除ができる!育毛サロンの無料体験もおすすめ

頭皮クレンジングを取り入れることで、健やかな頭皮を保ち続けることが期待できます。しかし、週に1回やるだけでも面倒だと思ってしまう人もいるでしょう。そんなときは、プロにお任せしてしまうのはいかがでしょうか。育毛専門サロン「バイオテック」では、髪の毛の悩みについて予防と対策をアドバイスしてくれます。「頭皮の大掃除」の無料体験ができるので、自分へのスペシャルケアとして体験してみるのもおすすめですよ。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。