薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

髪を早く伸ばす方法も解説!髪の毛が1ヶ月で伸びる長さはどれくらい?

公開日: 2019年9月19日


適した髪の長さというのは、時と場合により変わってくるものです。行事などに合わせて髪の長さを調整するためには、髪の毛がどの程度の長さで伸びているのかを把握しておくことが重要になってきます。また、髪の伸びるスピードは自分の髪の健康状態にも左右されるといわれています。そこで、今回は、髪の毛が1カ月で伸びるスピードや髪を早く伸ばす方法などについて紹介していきます。

髪の毛が伸びる早さはどれくらい?

髪の長さを調整したい人にとっては、髪の毛の伸びる早さを知っておくことは極めて重要です。また、髪の健康を維持したい人も目安としてその数値を把握しておきたいところです。結論からいうと、人間の髪は1日に0.3~0.4ミリほど伸びています。1週間で、2.1~2.8ミリ、1カ月では9~12ミリといったところです。したがって、おおよその目安としては月に1センチ伸びると考えればよいでしょう。ちなみに、人の髪の毛は約10万本存在し、その内の9割が成長中だとされているので、トータルすると1日に30メートル前後も伸びているという計算になります。

そもそも、なぜ髪は伸びるのかというと、髪の毛の根元に毛乳頭と呼ばれる特殊な組織があり、その周囲に位置する毛母細胞が毛乳頭から必要な栄養素や酸素を受け取って細胞分裂を起こすからです。したがって、理屈のうえでは、髪を早く伸ばしたければ毛母細胞の増殖を速めるようになんらかの方法で働きかければよいという話になります。ところが、いくら外的要因を変化させても、髪の毛の伸びる速度は遅くなることはあっても、一定以上に速くなることはないのです。これは細胞分裂の速度には限界があるためで、この事実から、髪の毛が伸びる速度にはある程度決まりがあることがうかがえます。

髪が伸びる早さには個人差も!季節によっても違ってくる


一定の上限は決まっているとはいえ、髪が伸びる早さに関しては個人差がかなりあります。これは髪が伸びるのが早い人と遅い人がいるというよりも、髪が正常に伸びている人と何らかの要因で髪が伸びるのが遅くなった人がいるというのが正確なところです。伸びる速度の上限は決まっているので、普通に伸びている人が伸びるのが遅い人と比べて、「自分は髪が伸びるのが早い」と感じているにすぎないというわけです。それでは、なぜ髪が伸びるのが遅くなる人がいるのかというと、そこにはさまざまな要因があります。代表的なものを挙げると、年齢・性別・食生活・ストレスといったところです。

そもそも、髪は永遠に伸び続けるわけではなく、ヘアサイクルと呼ばれる一定の周期があり、その周期のタイミングなどによっても伸びるスピードは変わってきます。ちなみに、髪の寿命は男性で約6年、女性で約8年と性差があります。しかも、その寿命も不動というわけではなく、血行不良などで髪に栄養が行き渡らなくなると、5年もしないうちに抜け落ちてしまうなどといったことも珍しくありません。そうすると、せっかく髪を伸ばしても途中で多くの髪の毛が生えかわってしまうので、伸びるのが遅いと感じてしまうのです。

また、髪の毛は季節によっても伸びる速度が変化します。一般的に、夏が最も伸びるスピードが速く、代謝が悪くなる冬になると伸びる速度も遅くなる傾向があるのです。さらに、頭の中の場所によってもわずかに早さが異なり、後頭部や側頭部は比較的速く、頭頂部や前髪は遅いといわれています。

髪を早く伸ばす方法

生活習慣

髪が伸びるのが遅くて悩んでいる場合、改善の鍵を握るのは日頃の生活習慣です。たとえば、万病のもとだといわれているストレスですが、これは髪の成長にも悪い影響を与えます。それどころか、円形脱毛症のようにストレスが直接症状となって現れることもあるほどです。そもそも、なぜストレスが髪の成長に悪影響を与えるのかというと、ストレスを溜めると血行が悪くなって血液によって運ばれるはずの栄養が十分に行き渡らなくなるからです。とはいえ、現代社会の中でストレスの全くない生活を目指すというのも無理があります。そこで、軽い運動をする・趣味に打ち込む時間を確保する・親しい友人とおしゃべりを楽しむなど、自分なりのストレス発散法を確立しておきたいところです。

また、睡眠の乱れも髪の成長を阻害する要因となります。睡眠中は成長ホルモンが分泌されるので、体のダメージ修復のためには欠かせない時間です。もちろん、髪にとってもそれは同様であり、良質な睡眠をとることで、髪は長くて太い正常な状態へと成長していきます。ちなみに、睡眠中の成長ホルモンは時間帯によって分泌量が変化することが知られており、その値がMAXになるのが一般的に22~2時の間です。この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれ、体の成長やダメージ回復のために極めて重要な時間帯だとされています。したがって、髪を少しでも早く伸ばしたいと思うのなら、夜更かしをしないのが望ましいというわけです。

食事

髪の健康のためには、もちろん食生活も重要なポイントとなります。同時に、髪の天敵ともいえる乾燥を防ぐために、水分補給を欠かさないことも大切です。まず、栄養の面からいえば、髪の成長のために特に重要とされているのがタンパク質・ビタミン類・ミネラルの3つです。ちなみに、髪の90%以上はタンパク質の一種であるケラチンで構成されています。そのため、タンパク質の摂取量が十分でなければ、髪が細くなったり、抜け毛や切れ毛の原因となってしまうのです。それを防ぐにはタンパク質が豊富に含まれているたまご・肉類・牛乳などを積極的に食事に取り入れる必要があります。

次に、ビタミン類ですが、新陳代謝を促したり、細胞分裂のサイクルを正常にしたりと体の成長や健康を維持する働きを担っています。そのため、ビタミンが不足すると髪や頭皮の健康が保てなくなってしまうのです。ビタミンの中でも髪にとって特に重要なものとしてはビタミンA・ビタミンB群・ビタミンEの3種類が挙げられます。ビタミンAはうなぎ・レバー・卵、ビタミンB群は豚肉・納豆・牛乳、ビタミンEはかぼちゃ・サーモン・アーモンドなどに多く含まれています。その他にも、ビタミン類をバランスよく摂取するには緑黄色野菜をたっぷり食べることが大切です。

また、ミネラルの中で、髪の成長と密接な関係をもっているのが亜鉛とヨウ素です。亜鉛はアミノ酸を髪の原料となるケラチンに再合成するときに必要ですし、ヨウ素は新陳代謝を促進させる甲状腺ホルモンの働きを正常に整える手助けをしてくれます。亜鉛が豊富に含まれている食品には生ガキ・煮干し・豚レバーなどが、ヨウ素が豊富なものには海藻類・大豆・イワシなどがあります。最後に、水分補給ですが、できればカフェインを含む緑茶やコーヒーなどではなく、ミネラルウォーターを1日1.5~2リットル程度飲むのが理想的です。

髪のケア


頭皮のトラブルは髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があるので、髪の成長のためには日頃のシャンプーをしっかり行うことも大切です。ただ、それも正しいやり方で行わなければ逆効果になりかねません。たとえば、爪を立ててごしごしと強くこすってしまうと、頭皮は大きなダメージを受け、シャンプーをよくすすがずに残してしまった場合は、頭皮の汚れや雑菌の繁殖につながってしまいます。そうならないためにも、髪は指の腹の部分で優しく洗い、シャンプーのあとは入念に洗い流すように心がけましょう。

なお、その際にはぬるま湯を使うことが重要なポイントとなります。お湯が熱すぎると余分な脂まで落としてしまい、皮脂を過剰分泌させる原因となってしまいます。さらに、健康的な髪を維持するには、定期的に散髪を行ったり、毛先をカットしたりするのも効果的です。ダメージのたまった髪の毛をなくすことで、綺麗な状態で髪が伸びていきます。

頭皮マッサージで健康な髪へ

髪の健康を促進するには頭皮マッサージを行うことも大切です。特に、シャンプー時にマッサージをすると、入浴によるリラックス効果を高め、髪の成長にとってさらによい影響が期待できます。また、頭皮マッサージの際には、両手5本の指をしっかり使い、生え際から頭頂部に向けてゆっくりと刺激し、揉むように行うのがコツです。そうすることで、血行が良くなって髪の成長を促進させるのはもちろん、頭皮の細胞に働きかけ、トラブルの改善にも効果が期待できます。

髪の毛が伸びる早さを理解して適切なケアを!

髪の伸びる早さは個人差があるものの、ある程度は決まっています。ただ、不健康な状態の場合は髪の成長に悪影響を与え、その結果、髪がなかなか伸びないということにもなりかねません。それを避けるには、生活習慣を見直し、睡眠や食事の内容に気をつける必要があります。髪が伸びる早さの仕組みを理解したうえで、適切なケアを行うことがなにより大切なのです。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。