薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

ワックス 薄毛

手遅れになる前に知りたい!薄毛とワックスの気になる関係

公開日: 2018年12月27日


  
おしゃれに決めた髪型を長時間キープするには、ワックスなどのスタイリング剤を使うと便利です。
  
しかし、スタイリング剤は選び方や使い方を間違えると、髪や頭皮に悪影響を与えます。
  
日頃からスタイリングにワックスなどのスタイリング剤を使っているなら、一度自分の選び方や使い方をチェックしてみましょう。
  
この記事では、ワックスが頭皮や髪にどのような影響を与えるのか、どのような使い方をすれば髪や頭皮の負担になりにくいかなどを解説します。
  

ワックスが薄毛の原因になる理由


  
ワックスに配合されている界面活性剤が薄毛の原因になるとよくいわれます。
  
界面活性剤が頭皮に付くと、汚れや有害物質を吸着しやすいので、アレルギーや皮膚炎を起こしやすくなるというのです。
  
また、油分が多くコーティング剤としてシリコンが配合されているものもあるので、頭皮に付くと毛穴を塞ぐ心配があるといわれることもあります。
  
しかし、そもそもワックスは頭皮に付けないように使用するのが基本です。
  
注意書きにも頭皮には付けないように書かれています。
  
ですから、正しい使い方をしないと頭皮に悪影響があり、抜け毛につながることもあるということです。
  

ただし、ワックスはたくさんつけすぎてしまうと、洗浄力の強いシャンプーで何度も洗わなければいけなくなります。
  
分厚くワックスを付けた場合、なかなかワックスを洗い流すことができず、取り切れなかったワックスが残ってしまう可能性はあります。
  
その場合は薄毛の原因になるかもしれません。
  

詳しくは、「ワックスが原因で薄毛になるの?理由と対策方法」をご参照ください。
  

ワックスによって頭皮が受ける影響は?

ワックスは通常の使い方をすれば頭皮に重大な影響があるとは言えません。
  
しかし、付け方によってはワックスが頭皮に付いてしまうかもしれません。
  
その場合は、炎症を起こす可能性があるといわれています。
  
ワックスの主成分は油分です。
  
その油分を乳化して安定した状態にするために、界面活性剤が配合されています。
  
頭皮に悪影響を与えるといわれるのは、ほとんどが界面活性剤についてです。
  

界面活性剤は洗剤やシャンプーの洗浄剤としても使われます。
  
そのため、ワックスが頭皮に付くと有害物質を吸着したりたんぱく質を溶かしたりするのではないかといわれるのです。
  
頭皮に付けば炎症は起こす可能性はあるでしょう。
  
しかし、界面活性剤は種類が多く、配合されている界面活性剤によって頭皮への影響にも差が出るはずです。
  
もちろん、ワックスを落とさずに寝てしまうと頭皮に付くことになります。
  
その場合はアレルギーや炎症の原因になるかもしれません。
  

詳しくは、「ワックスが頭皮に与える悪影響!原因と対策方法」をご参照ください。
  

ワックスが髪のダメージにつながるのはなぜ?


  
ワックスが髪のダメージになるといわれる原因は主に3つです。
  
1つ目は界面活性剤が使われていることです。
  
界面活性剤が髪のたんぱく質が溶かすのではないかと心配されることがあります。
  
しかし、髪のたんぱく質を即座に溶かしてしまうほど強力な界面活性剤はワックスには使われません。
  
洗浄成分としてではなく油分の乳化のために配合しているからです。
  
界面活性剤は種類が多いので、髪に付けても問題がないものが使われています。
  

2つ目はワックスに粘り気があることです。
  
ほこりや有害物質を吸着してしまうことが心配されています。
  
3つ目は、付けたら毎回シャンプーで落とさなければならないことです。
  
ワックスは油分が多いので、分厚く付けてしまうとなかなか落とせません。
  
ワックスが残らないようにしっかり洗うためにシャンプーの使用量が増えたり、力を入れて洗ったりしやすいことがダメージにつながるといわれています。
  

詳しくは、「ワックスによる髪へのダメージ!影響はどの程度ある?」をご参照ください。
  

薄毛にはワックス以上に心配なジェルの影響

ジェルはきちんと特徴を理解して使用することが大事です。
  
ジェルの性質を無視して自己流の使い方をすると、ワックス以上に薄毛に悪影響を与える心配があります。
  
ワックスで懸念される界面活性剤は、ジェルにも含まれているうえに、ジェルのほうが1回の使用量が多いからです。
  
界面活性剤が汚れなどを吸着することも心配されますが、頭皮に付きやすいほうが薄毛には影響が大きいでしょう。
  

ジェルもきちんと手で伸ばしてから髪に付けるのが正しい使い方ですが、手に取ったら十分に伸ばさずにたっぷりつけてしまうことが少なくありません。
  
ワックスとは違い、ジェルは少し濡れた髪に付けるので、頭皮や髪の根元に付きやすく、そのまま固まってしまう可能性があります。
  
何よりも薄毛に影響が大きいのは強いホールド力です。
  
固まってしまうとスタイリングを治せないので、無理やり櫛やブラシで崩してスタイルを作り直すと、髪や頭皮への負担が大きくなります。
  

詳しくは、「ジェルの薄毛への影響!ワックスとの違いは?」をご参照ください。
  

薄毛の人に適したワックスの選び方

薄毛の人がワックスを選ぶなら、成分に注目した選び方をしましょう。
  
ワックスのなかには、界面活性剤やシリコンなどを配合していないオーガニックのワックスもあります。
  
肌に優しい成分を配合しているものは、主成分の油分にもこだわっているので安心です。
  
ハンドクリームやボディークリームに使うような油分を利用しているワックスを選ぶと、万が一頭皮に付いたときでもダメージが小さくて済むでしょう。
  
ただし、オーガニックのワックスでも、付けたまま寝たのでは薄毛対策になりません。
  
基本的な使い方は一般的なワックスと同じです。
  

一般的な市販のワックスを選ぶなら、薄く伸ばして使える付け心地が軽いものを優先するのがおすすめの選び方です。
  
伸びが悪く貝の表面に分厚く付いてしまうワックスは、1回のシャンプーではなかなか落とせません。
  
シャンプーをする際に髪や頭皮に負担がかかりにくいものを選ぶことも必要です。
  

詳しくは、「薄毛対策には欠かせない!ワックスの特徴と選び方まとめ」をご参照ください。
  

安心して使えるおすすめのワックスとは?


  
シャンプーで落としやすいワックスは、薄毛の人でも安心して使えるのでおすすめです。
  
ワックスはどうしても油分が多いので、厚塗りになると1回のシャンプーでは落としにくくなります。
  
特に、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーを使っていると、洗浄力が弱いのでなかなか落ちません。
  
シャンプーで落としやすいおすすめのワックスは、油分自体がさらっとしているホホバオイルを主成分としたワックスです。
  
シアバター配合のワックスは、刺激が少ない点はよいのですが、シャンプーはしっかりする必要があります。
  

また、薄毛の人には、ボリュームを出せて、付け心地が軽いドライタイプのワックスがおすすめです。
  
ファイバーが入ったものやクリームタイプはしっかりスタイリングができて便利ですが、落とすのに時間がかかります。
  

薄毛を目立たせないワックス使用のセット方法

薄毛を目立たせないためには、薄毛以外のところのボリュームを減らすことが大事です。
  
薄毛のところをボリュームアップするよりもすっきりと見えます。
  
薄毛の多い部分がトップやフロントなので、サイドやバックを刈り上げるなどしてすっきりさせた髪型を選びましょう。
  
薄い部分を不自然に隠すよりも、自然に見せたほうがかえって目立ちません。
  
薄毛の部分を目立たせないというよりも、薄毛以外のところに目が行くようなスタイルにすることがコツです。
  

ワックスを付けるときは、使用量に注意します。
  
ショートヘアなら1円玉大くらいを手に取って指の間や指先までこすり合わせてうすく伸ばしたあとに、バック、サイト、トップ、フロントの順番に付け、全体になじませてセットします。
  
毛先だけ付けていくよりも薄く付けられ、薄毛が気になるトップやフロントに付けすぎるのを防げます。
  
全体にワックスがなじんだところで、手櫛でスタイリングしていき、最後に毛束を作ってセットするのがポイントです。
  

詳しくは、「薄毛が気にならない!ワックスのセット方法と似合う髪型」をご参照ください。
  

意外と知らない!適切にワックスが使用できている人はどれくらい?


最後に、自分のワックスの使用方法が適切だと思っている人はどれくらいいるのかアンケートを取って調べてみました。
  

【質問】
ご自身のヘアワックスの使用方法は適切だと思いますか?
  
【回答結果】
適切に使えているかわからない : 52
適切に使えていると思う : 48
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年11月01日~2018年11月08日
有効回答数:100サンプル
  
  

適切な使い方ができていないと感じている人が多数派

今回のアンケートでは、適切に使えているかわからないと回答した人が若干多いという結果になりました。
  
  
・特に誰かに習ったわけでもないし、ヘアワックスの説明書きと美容院などを見て、見様見真似で使っているので本当に正しいかわからないです。(30代/正社員/女性)
  
・量の調節がわからず髪がべたついたり、逆にセットが短時間でとけてしまったりする。(40代/個人事業主・フリーランス/男性)
  
・美容室でヘアセットをしてもらったときのように毛束間を上手に出せず、どうしてもベトベトした見栄えになってしまう。(30代/パート・アルバイト/女性)
  
  
適切に使えているかわからないと回答した人のコメントを見ると、自己流の使い方が正しいかどうか自信が持てない様子がうかがえます。
  
特に、量が多すぎるのではないかと感じている人が多いようでした。
  
一方、適切な使い方ができていると思うと回答した人のコメントは次の通りです。
  
  
・美容院に行ったときに、ワックスの使い方を教えてもらいました。小指の先程の量で充分効果があると言われたので、その通りに現在も使っています。(30代/正社員/女性)

・ヘアワックスなどを買うときは、必ず美容師からのアドバイスをもらいます。つけるタイミングも商品によっては違うときもあるからです。また、単独で購入するときは、商品の裏面にある説明から適量などを必ず確認してから商品を使います。(40代/専業主婦(主夫)/女性)
  
・いつも使うわけではなく、使うときは地肌には塗らないように気を付け、使った日はその日のうちによく頭皮を洗うようにしているため。(40代/正社員/男性)
  
  
適切な使い方ができていると回答した人のコメントには、美容師から量や付け方を教えてもらったというものが目立ちます。
  
自己流の使い方を正しいと思い込んでいるのではなく、使い方を調べたり教えてもらったりしたことで、自信をもって適切だと言っている様子がうかがえました。
  

今回のアンケート結果から、ワックスを使うのであれば、適切なワックスの使い方を知る機会を持つ必要があるように感じられました。
  
逆に、ワックスの使い方を知る機会さえあれば、多くの人が自信をもって「適切なワックスの使い方を知っている」と言い切ることができるようになるはずです。
  

ワックスを上手に活かしておしゃれに見せよう

薄毛はワックスを使えないと思い込んで、スタイリングに苦労していませんか。
  
薄毛でも使いやすいワックスはあります。
  
ワックスがなぜ薄毛によくないといわれているのかをきちんと理解して、頭皮や髪に負担のかかりにくい使い方をすれば、心配ありません。
  
ワックスを頭皮に付けないこと、使ったその日にきちんと落とすことを守れば大丈夫です。
  
正しいワックスの使い方を覚えて、薄毛を目立たせないおしゃれなスタイリングにチャレンジしてみましょう。
  

日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

ワックス 薄毛

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。