薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

前髪 薄毛

前髪が薄いのも魅力的!かっこよく見える男の髪型は?

公開日: 2019年3月6日


男性の薄毛の悩みのなかでも、前髪に関する悩みはありがちなものです。
  
実際に前髪が薄くなってきて困っているという人も多いのではないでしょうか。
  
薄毛の悩みを根本的に解決するなら、育毛専門サロンなどによるケアがおすすめ。
  
しかし、実際にケアをするには時間がかかるため、今すぐに前髪の薄さを隠したい人のニーズには応えられないかもしれません。
  
そこで推奨したいのが髪型を変えること。
  
髪型の選び方を工夫するだけで、気になる前髪をカバーできます。
  
このコラムでは、前髪が薄くてもかっこよく決まる髪型を紹介します。
  
  

薄毛男性に聞いた!最も気になるのはここ


  
薄毛の悩みを抱える男性にとって、最も気になりがちな部位はどこなのでしょうか。
  
全国の男性を対象にアンケート調査を実施しました。
  
  
【質問】
あなたが気になるのはどちらの薄毛ですか?
  
【回答結果】
前頭部(生え際):107
頭頂部(つむじ周り):82
  
調査地域:全国
調査対象:【性別】男性
調査期間:2018年12月25日~2019年01月07日
有効回答数:189サンプル
  
  

前髪の薄さに悩む人はかなり多い

調査の結果、生え際に悩む人のほうがやや多いという結果になりました。
  
まずは、生え際の薄毛に悩むみなさんの声を紹介しましょう。
  
  
・生え際は相手からあからさまに見えるので(46歳/男性/個人事業主・フリーランス)
  
・元々おでこが広めなので、前頭部の薄さも目立ってしまうからです。(34歳/男性/派遣社員)
  
・毎朝、髪をセットするときに薄いと感じるのが前頭部です。(28歳/男性/派遣社員)
  
  
自分でも確認しやすい場所だけに、余計に気になるという事情もあるのかもしれません。
  
  
一方、頭頂部の薄毛に悩む人もかなり多いようです。
  
  
・真後ろに人が立つと薄毛を見られているように感じ、生え際以上に気になるからです。(47歳/男性/パート・アルバイト)
  
・全体に薄くはなっていますが、頭頂部が特に目立っているからです。生え際は気になるほどではありません。(68歳/男性/無職)
  
・最初に気になりだしたのが頭頂部です。鏡を使わないと見えない部分で、普段は気にしてなかった所が薄くなりだすと、更に気になってしまいます。(58歳/個人事業主・フリーランス)
  
  
頭頂部を中心に薄毛の症状が進行するという人も少なからずいるようです。
  
アンケート調査の結果からは、もし薄毛の症状が現れた場合には、本人にとっては場所に関係なく気になりやすいと結論付けることができるのではないでしょうか。
  
ただ、人によって薄毛が進行しやすい部位が異なるために、前髪に症状が現れるタイプではとりわけ前髪が、そうでないタイプでは頭頂部などの部分が目立つということになりそうです。
  
  

前髪の薄毛のタイプを知ろう


  
男性の薄毛の症状の原因として、かなりの部分を占めるのが男性型脱毛症です。
  
男性型脱毛症は進行の仕方によっていくつかのタイプに分けられます。
  
前髪が薄くなってしまう場合、額の生え際がM字型に後退するタイプ、全体的に髪が薄くなっていくタイプという2つのパターンが考えられます。
  
  
M字型では、アルファベットのM字のような形で前頭部の薄毛が進行します。
  
特にこめかみのあたりから薄毛の進行が始まり、最終的には後頭部と側頭部を残して脱毛が起きます。
  
  
全体的に薄くなるタイプは、前頭部全体で薄毛が進行します。
  
やがて頭頂部にまで広がります。
  
最終的には、M字型の場合と同じく後頭部と側頭部の毛を残して薄毛の症状が見られるようになります。
  
  

前髪の薄さを目立たせないポイントは?

前髪の薄さは髪型の工夫によってある程度カバーできます。
  
前髪の薄さを目立たせない髪型のポイントは、あえて隠さないことです。
  
そのかわり全体的に短髪にし、特にサイドや襟足は短めにしてボリュームを抑えます。
  
残った髪の毛で薄毛を隠そうとする人もいますが、そうするとかえって目立ちます。
  
髪の毛の間から地肌が透けて見える、部位によって髪の長さが違うといった理由から、髪の毛がある部分と薄毛の部分の境目がわかりやすくなってしまうからです。
  
  
薄毛の部分を隠そうとしないほうが、かえって薄毛が目立たたなくなります。
  
薄毛の部分に合わせる形で全体的な髪の毛のボリュームを抑えれば、全体のバランスもよくなりますよ。
  
このテクニックは頭頂部が薄い人にも応用が効きます。
  
  
また、トップを目立たせてサイドを抑える、といったテクニックも有効です。
  
たとえば、多少前髪のボリュームがなくなってきたという程度の人であれば、ブローでごまかすことも可能です。
  
トップから後頭部にボリュームを出し、前髪のすき間から額が見えないようにすることで前髪の薄さをカバーできます。
  
  

どんな薄毛もかっこよく見えるオールマイティな短髪

スポーツ刈りや坊主、スキンヘッドといった全体的に髪を短くするタイプの髪型は、どのタイプの薄毛とも相性の良いヘアスタイルです。
  
  
前髪以外に髪の薄くなっている部分がある人にもおすすめできます。
  
普段のシャンプーやセットが楽、セルフカットできるので節約になるといったメリットもあります。
  
ただ、その一方で頭の形がはっきり出るといった特徴があるため、頭の形を見せるような髪型を好まない人にはあまり向いていないかもしれません。
  
また、短髪にするとすぐに髪が伸びてしまうため、まめにお手入れをしないとヘアスタイルが崩れてしまいます。
  
清潔感のある印象をキープするためにも、こまめに髪をカットしてきれいな状態を維持していく必要があります。
  
  

頭頂部に髪があるならソフトモヒカンがおしゃれ


  
おしゃれな印象のソフトモヒカンも、前髪の薄毛に悩む人にはおすすめの髪型です。
  
トップにボリュームをもたせてサイドを抑えるという前髪の薄毛を目立たせないためのポイントをおさえています。
  
ただし、トップにボリュームを出すヘアスタイルなので、頭頂部の髪の毛の量がある程度残っていないと難しいかもしれません。
  
そのほか、似たタイプのヘアスタイルとしては、トップの髪を長めに残し、サイドを刈り上げたクールツーブロックもおすすめになります。
  
ソフトモヒカンもツールブロックも清潔感があるため、極端に走りすぎなければビジネスにも向いている髪型です。
  
前髪のスタイリングに悩むビジネスマンにおすすめです。
  
  

長めにするならショートレイヤーに

前髪の薄さをカバーするなら、基本的に短髪がおすすめという話をしてきました。
  
しかし、どうしても短髪に抵抗感がある人や額を見せたくない人もいると思います。
  
そんな人にはショートレイヤーがおすすめです。
  
ショートレイヤーとは、トップから毛先に向かって毛を長めに残し、髪に段差を作ったショートカットのことです。
  
トップにレイヤーを入れた結果髪の毛に動きが出て、生え際の薄さが目立ちにくくなります。
  
ツーブロックと組み合わせたり、パーマを掛けたりとアレンジしやすいのも魅力です。
  
  
ただし、ショートレイヤーは前髪を垂らす髪型になるため、ある程度前髪の量が残っている人向きの髪型です。
  
髪を自然に垂らせるだけの量が残っていないと、きれいにバランスを取るのが難しくなります。
  
  

髪型の工夫で上手にカバーを

気になりがちな前髪の薄毛も、髪型を見直すことで上手にカバーすることができます。
  
最近前髪や生え際が気になるという人は、一度髪型を見直してみてはいかがでしょうか。
  
あくまでも応急処置的な方法にはなりますが、毎日のスタイリングで苦労せずに済むのはありがたいですよね。
  
薄毛の悩みは本人にとっては気になりがちなものですが、ストレスを溜めすぎるのは育毛にもよくありません。
  
少しでも髪に関するストレスを減らすためにも、育毛専門サロンなどでのケアと合わせて上手にカバーする方法も取り入れていきましょう。
  
関連記事:「前髪が薄いと悩む人必見!今すぐ見た目を変える方法
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

前髪 薄毛

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。