薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

髪の毛

髪の毛が生える仕組みとは?

公開日: 2019年3月6日


  
子どもの頃は丈夫だった髪の毛も、大人になって年齢を重ねると薄毛になってくる場合があります。
  
男女ともに悩む人は多く、特に男性は、20代から症状が出てくる人がいます。
  
薄毛対策は早ければ早いほど効果的です。
  
正しく毛髪・育毛ケアを行うために、髪が生える仕組みを理解しておきましょう。
  
今回は、健康的な髪の毛を育てるための仕組みや基本知識を紹介します。
  
食生活や髪が生えやすい時期など、さまざまなポイントをおさえていきましょう。
  
  

髪の毛のメカニズムを知っていますか?

薄毛対策に関心のある男女を対象に、髪の毛を生やすために心がけていることを聞いてみました。
  

髪の毛が生えるように自分に合った方法で工夫している!

・あまりカラーリングをしないようにする、刺激の強い整髪料などは使わないようにするなどです。(女性/30代/派遣社員)
  
・シャンプーの洗い残しが抜け毛の原因になると知り、すすぎをしっかりするようになりました。また、シャンプーに配合されている成分をチェックし、頭皮に悪い影響がないかを確認しています。(30代/女性/専業主婦(主夫))
  
・まず、不規則な生活習慣の改善をして、食生活に気を使っています。それと、ストレスをためないように気を付けています。そして、頭皮マッサージもしています。(50代/男性/経営者)
  
・とりあえず、食べ物には気を付けるようにしています。髪に良いといわれる、大豆などの植物性のたんぱく質やシナモンを摂取しています。(30代/女性/派遣社員)
  
・育毛剤や頭皮マッサージや亜鉛ビタミンのサプリメントなどを飲んだりしています。(20代/男性/個人事業主・フリーランス)
  
  
【質問】
髪の毛を生やすためにどんなことをやっていますか?
  
【回答結果】
フリー回答
  
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年12月12日~2018年12月19日
有効回答数:180サンプル
  
  
アンケートの結果、食べ物や頭皮の手入れ、洗髪の仕方など、さまざまな点で工夫をしていることがわかりました。
  
育毛ケアは毎日の積み重ねが大切です。
  
自分なりにできることを実践し、無理のない範囲で続けている人が多いようでした。
  
  

髪の毛が生えるまでの流れ

髪の毛が生えるまでの流れを知る前に、毛周期について理解しておきましょう。
  
毛周期は、髪の成長過程によって、成長期、退行期、休止期の3つに分類できます。
  
成長期は、髪の毛が成長して伸び続ける時期です。
  
毛根内では細胞分裂が行われており、タンパク質の一種であるケラチンが髪の毛に変化しています。
  
退行期は、伸び続けていた髪の毛が成長を止める時期のことです。
  
毛根がだんだん小さくなっていき、やがて休止期を迎えます。
  
休止期は、髪の毛が抜け替わる時期のことです。
  
寿命を終えた髪の毛は次々に抜けて、次の成長期に向けて準備に入ります。
  
  
成長期の毛根は、常に髪の毛を作り続けています。
  
毛乳頭は、毛細血管によって運ばれた栄養分を受け取って、毛母細胞に受け渡す組織です。
  
栄養分を受け取った毛母細胞は、毛乳頭の指示で細胞分裂を繰り返し、ケラチンというタンパク質に変わります。
  
ケラチンは少しずつ押し上げられて毛穴から顔を出し、私たちの目に見える毛髪という形で伸び続けます。
  
  
薄毛が気になる人は、髪が抜けると不安な気持ちになるかもしれません。
  
しかし、頭と体の健康を守るために、髪の毛は絶えず生まれ変わります。
  
髪の毛の働きは、頭部を防御したり、体内に入り込んだ重金属を排出したりすることです。
  
体にとって有害なものを適切に排出するためには、ヘアサイクルが正常に機能している必要があります。
  
毛髪・育毛ケアを始めたからといって、すぐに成果は出ません。
  
しかし、薄毛の症状は放置しておくと、どんどん進んでしまいます。
  
髪の毛が生えるまでの流れを理解したうえで、正しく毛髪・育毛ケアを行いましょう。
  
詳しくは、「育毛剤で薄毛対策を開始!髪が生えるまでどれくらいかかる?」をご参照ください。
  
  

髪の毛が生える時期とは?


  
健康な髪の毛の場合、1日に伸びる長さは平均0.35~0.4mmくらいです。
  
ただ、髪が生えるスピードは時期によっても変わります。
  
髪の毛は、気温が高いほど生えるスピードが高くなります。
  
スピードだけに着目すると、髪は夏に最もよく生えると言えるでしょう。
  
しかし、日本の夏は大半が猛暑に見舞われます。
  
湿気も多く、あっという間に汗をかいてしまいます。
  
頭皮にとって、湿気は大敵です。
  
皮脂が過剰分泌すれば毛穴詰まりの原因になりますし、高温多湿の頭皮は雑菌の温床にもなりやすいです。
  
夏にしっかり髪の毛を生やすなら、汗や皮脂、スタイリング剤などはしっかり洗い流す必要があるでしょう。
  
  
春は、夏に向けて気温が上昇する季節です。
  
暑すぎず寒すぎず、湿度もちょうど良い時期です。
  
健全な頭皮環境を維持しやすく、髪が生える時期としてバランスが良いと言えます。
  
春にしっかり髪を生やすには、冬場の育毛ケアが大切です。
  
日本の冬は気温が低く、乾燥が厳しくなります。
  
血行不良に陥りやすく乾燥も心配です。
  
お風呂から出たら、すぐにドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かして、頭皮用ローションで保湿をしましょう。
  
冬の静電気も頭皮や髪の毛にダメージを与える原因になります。
  
木製や豚毛のブラシを使うと、静電気が起こりにくくなります。
  
頭皮のマッサージにもちょうど良いのでおすすめです。
  
頭皮環境を高めて髪を生やすために、季節ごとの特徴を理解したうえで育毛ケアを行いましょう。
  
詳しくは、「シーズンによって成長スピードが違う…髪が生える時期ってあるの?」をご参照ください。
  
  

髪の毛が生える前兆とは?

毛髪・育毛ケアを始めると、人によっては髪が生える前兆のようなものを感じる人がいます。
  
育毛ケアの前兆としてよく知られるのは、初期脱毛です。
  
初期脱毛とは、薄毛で弱った髪の毛が押し出されて抜ける症状のことです。
  
髪の毛は成長期に伸び続け、退行期に成長を止め、休止期に抜け落ちます。
  
成長期は、通常は2~6年ほどです。
  
しかし、薄毛で頭皮環境が悪くなっていると、通常よりも成長期が早く終わってしまいます。
  
成長しきれずに抜ける髪の毛は、弱々しく細い状態です。
  
毛髪・育毛ケアは、頭皮環境を高めることで、健康的な髪の毛を生えるようにするのが目的です。
  
頭皮環境を健康な状態に戻すために、頭皮に優しいシャンプーや育毛剤を使ってケアをしていきましょう。
  
  
順調に毛髪・育毛ケアが進むと、毛根は新しい髪の毛を作り出そうと活動を始めます。
  
毛母細胞が活発に分裂を始めて、丈夫な髪の毛が作られるようになります。
  
弱い髪の毛の下からは丈夫な髪の毛が生え、やがて丈夫な髪の毛に完全に押し出されて抜けてしまうのです。
  
これが、初期脱毛の仕組みです。
  
薄毛で悩んでいる人にとっては、少々怖い現象かもしれません。
  
ただ、ここでケアをやめてしまうと、それまでの苦労は水の泡です。
  
薄毛を放置すると、どんどん症状が進行します。
  
毛根が死滅してしまえば、育毛ケアを行ってももう髪の毛は生えてきません。
  
初期脱毛は、ケアが正しい証拠です。
  
不安な気持ちはぐっとこらえて、淡々と続けていきましょう。
  
詳しくは、「いつもと何かが違う…髪が生える前兆ってあるの?」をご参照ください。
  
  

髪の毛の健康のために良いとされる食べものとは?


  
健康な髪の毛を育むためには、必要な栄養素をしっかり摂取する必要があります。
  
積極的に摂りたい栄養素は3つあります。
  
1つ目は、タンパク質です。
  
髪の毛の主成分は、ケラチンというタンパク質です。
  
タンパク質の摂取量が不足すると、薄毛の原因になります。
  
タンパク質が豊富な食べ物は、牛や豚の赤身肉や鶏肉、魚などです。
  
大豆製品には植物性タンパク質が豊富です。
  
動物性タンパク質と合わせて食べましょう。
  
  
2つ目はビタミン類です。
  
頭皮の血流を促すなら、ビタミンB2がおすすめです。
  
レバーや大豆、卵などの食べ物に豊富に含まれています。
  
タンパク質の働きを高めてくれるのは、ビタミンB6です。
  
サバやレバー、カツオなどに豊富です。
  
  
3つ目は、ミネラルです。
  
特におすすめなのは、亜鉛、マンガン、鉄分などです。
  
亜鉛はタンパク質の合成を助ける作用があり、マンガンや鉄は毛母細胞の活性化に役立ちます。
  
亜鉛が含まれるのは牡蠣やナッツ類、マンガンはショウガや玄米、鉄分はレバーやホウレン草などに多く含まれています。
  
  
このほか、大豆イソフラボンもおすすめの食べ物です。
  
髪の毛の成長には、女性ホルモンが大きく関わっています。
  
女性は年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌が減少し、薄毛になりやすいのです。
  
大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、みそなどの大豆製品に多く含まれていますので、積極的に食べましょう。
  
詳しくは、「あなたの髪を作るのは食べ物!?髪の毛に良い食べ物をご紹介」をご参照ください。
  
  

薄毛は早期発見がカギ!正しいケアで生えるようになる


  
毛根が完全に死滅していなければ、正しい毛髪・育毛ケアによって、髪の毛が育つ可能性があります。
  
正しいケアのためには、髪の毛が生えるまでの流れやヘアサイクルに関する知識を、しっかり理解しましょう。
  
毛髪・育毛ケアは、初期の段階から行うことが重要です。
  
普段の食生活の見直しや、季節に応じたケア方法などを実践して、健康な髪の毛を育てましょう。
  
日本初の発毛・育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

髪の毛

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。