薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

頭皮アトピーの悩みを少しでも軽くしたい!効果的な日々のケアとは

公開日: 2019年9月19日


頭皮アトピーとは、アトピー性皮膚炎の症状である皮膚の乾燥やかゆみを伴う湿疹が頭皮に起きてしまったものです。頭皮には髪の毛が生えているので一般的なアトピーとは症状や治療法が異なり、日常のケアについても頭皮特有のお手入れが必要となります。今回は、頭皮アトピーの特徴についてまとめたうえで、症状を軽減するために日々のケアで留意するべきポイントを紹介していきます。

頭皮アトピー特有の症状とは

頭皮アトピーとはアトピー性皮膚炎の症状が頭皮に出たもので、乾燥や強いかゆみなどが頭皮に現れます。頭皮アトピーでは髪が邪魔となって薬が塗りづらいので放置に近い状態となることが多く、一度かかると長引いてしまう傾向があります。ところで、頭皮アトピーにかかった人の多くを悩ませているのがフケの症状です。皮膚が生まれ変わる循環過程の一つに、死んだ皮膚が剥離する「落屑(らくせつ)」と呼ばれる現象があります。これは、肌が乾燥したときに皮が白く浮き出る、一般的に「粉を吹く」といわれている状態です。

アトピーにかかると正常に肌の代謝が行われなくなるため、絶えず落屑が起きて未熟な皮膚まで剥がれ落ちるようになる人が多くいます。これが頭皮に起こったのが、フケと呼ばれる症状です。さらに、アトピーによって頭皮が炎症状態になっていると、ストレスや緊張を感じたとき、あるいはリラックスしたときなどに血流が良くなり、頭皮がかゆくなります。そのかゆみから頭皮をかきむしってしまい、表皮が剥がれ落ちたり、かさぶたができたりして、より大きなフケが発生するようになります。それだけではなく、かきむしることで毛根が傷んで髪が抜けてしまう恐れもあるのです。

頭皮アトピーと抜け毛の関係


フケだけではなく、頭皮アトピーは抜け毛とも関係があるといわれています。例えば、顔にアトピーの症状が出て眉毛が抜けてしまうなど、頭皮以外の部位でもアトピーが起きると脱毛症状が見られることがあります。これは、皮膚をかくときに同時に毛根を傷めてしまうためです。また、炎症が起きている間は正常な代謝が行われにくくなっているので、一度毛が抜けると再び生えてくるまでに時間がかかります。頭皮アトピーは慢性的な症状になりやすく、頭皮環境も良い状態ではないため、抜け毛がさらに進行しやすくなるのです。

頭皮アトピーによる抜け毛の場合、炎症が治まれば再び生えてくる場合があるので、まずは頭皮の炎症を抑えることが先決だといえます。そして、円形脱毛症についても頭皮アトピーとの関連が認められています。突然発生することの多い円形脱毛症はストレスなどがその主な原因といわれていますが、詳しいことはまだわかっていません。しかし、円形脱毛症の患者の約4割はもともとアトピーの素因があるという調査結果が出ています。アトピー併発型の円形脱毛症の場合は優先的にアトピーのほうを治療する必要があるとされており、脱毛症の治療も長期化する可能性が高くなります。

症状の軽減のために日常の中でできること

頭皮アトピーに悩んでいるのであれば、日常生活の中で積極的に工夫をしていくことで症状を少しでも和らげ、快適に過ごせるように日々努めることが大切です。まず、なるべくストレスをためないようにすることを心がけましょう。ストレスは頭皮の血行不良を引き起こして症状を悪化させる原因の一つです。精神的なストレスの発散は難しいものですが、肉体的なストレスであれば十分な睡眠を取ったり適度に運動したりすることで解消できます。ウォーキングなどの有酸素運動には血行を良くする効果もあるのでおすすめです。食生活を整えることも効果的な対策だといえます。アレルギーを起こしやすい食べ物や添加物に気を付け、症状が少しでも軽減するように栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。

また、紫外線などの外的刺激はアトピーの大敵です。外出する際は日傘や帽子を利用して紫外線が直接頭皮に当たらないように気を付けましょう。血行不良を引き起こす体の冷えに注意することも大切なポイントの一つです。冬はいうまでもありませんが、夏でもなるべく内臓を冷やさないようにしなければなりません。冷たい食べ物や飲み物は控えめにし、食事の際はショウガやネギなどの体を温める効果があるものを一緒に食べるとよいでしょう。そして、基本的なことですが頭皮を清潔に保つことも重要です。頭皮を労わりながら適切な方法で洗髪をし、枕カバーやシーツなども常に清潔なものを使うように心がけましょう。

頭皮環境を整えるシャンプーのポイント

頭皮アトピーの対策としては、疾患部位に刺激を与えないということが最優先になります。そのため、洗髪は毎日行う必要はありません。また、シャンプーなどは使わず、36度程度のぬるま湯だけで3~5分かけて洗う、いわゆる「湯シャン」にするのもよい方法だといえるでしょう。市販のシャンプーやリンスの多くに使われている合成界面活性剤には、頭皮に保護膜を作る皮脂を分解する作用があります。皮脂が少なくなると頭皮が乾燥するようになり、その結果炎症を起こしてかゆみが生じます。そして、かきむしってしまうことでフケが増え、さらに洗浄力の強いシャンプーで念入りに洗うようになる、という悪循環に陥る人も多いのです。

頭皮アトピーに悩んでいる人は、合成界面活性剤無添加で、アトピーにも対応している低刺激のシャンプーやリンスを選ぶとよいでしょう。さらに、洗髪後はしっかりと髪をすすいで頭皮に成分が残らないようにすることが重要です。炎症が治まってかゆみが軽くなってきたら、シャンプーのついでに頭皮に働きかける指圧マッサージをすると頭皮環境改善に効果的です。首や肩の凝りをほぐして血行を促進させ、頭皮に新鮮な血液が流れるようにすることで、十分な栄養が行きわたるようになるでしょう。

日々のお手入れに悩んだらプロのカウンセリングを受けてみよう


頭皮アトピーに伴って抜け毛や薄毛が気になってきたときなどは、炎症が落ち着いたタイミングで育毛専門サロンに相談にいくのもおすすめの方法です。バイオテックのような育毛専門サロンには、先進の技術や充実した育毛剤などがそろっています。しかし、顧客の中には頭皮がデリケートで刺激の強い薬剤が使えない人も一定数います。そのため、さまざまな知識と技術を身に付けたプロのスタッフが丁寧にカウンセリングをし、一人ひとりに最適な薄毛対策を提案してくれるのです。また、カウンセリングの中で、湯シャンや頭皮マッサージなどの正しいやり方がわからにくい頭皮ケアについても適切なアドバイスが受けられるでしょう。

バイオテックでは、頭皮チェックと抜け毛防止のケアが同時に受けられる無料体験を実施しています。無料体験ではプロによる頭皮マッサージを受けることができ、後日、頭皮の状態を詳しく説明してくれるというアフターサービスも行われています。ちなみに、無料体験に申し込んで参加しても、その後でしつこい勧誘などを受ける心配は一切ありません。そのため、少しでも気になることがあるようであれば、気軽に無料体験に行ってみるとよいでしょう。バイオテックのこうしたサービスを利用し、症状の悩みを相談したり、自分でできるケアを教えてもらったりするのも役に立つ方法ですよ。

頭皮アトピーは一人で悩まずプロのサポートも受けて乗り切ろう

頭皮アトピーには完治しづらいという特徴があり、一度かかってしまったら根気よく向き合う気持ちが大切になります。ときには抜け毛や薄毛の悩みが加わって大きな不安を感じることもあるでしょう。ネットで情報を探しても、すすめられている方法が自分に合うとは限りません。不安を感じたときは、孤独に悩んだり、ネットの情報に惑わされたりする前に、プロのサポートに頼りながら少しずつ前進していきましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。