薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

前髪の抜け毛はAGAの兆候?考えられる原因と予防方法とは?

公開日: 2019年11月27日


前髪のボリュームがなくなった、前髪の抜け毛が増えてきた気がすると悩んでいる人も多いでしょう。前髪が抜ける原因にはさまざまなことが考えられますが、もしかしたらそれは、薄毛の兆候かもしれません。前髪が抜けることと薄毛にはどのような関係があるのでしょうか。この記事では、前髪が抜ける原因や薄毛の原因、予防方法などについて詳しく解説します。

前髪が抜ける原因は何?

前髪から薄毛が始まる原因は複数あります。そのため、必ずしもAGAだとは限りません。まずは、無意識のクセによって前髪が抜けてしまうパターンです。普段から、ついつい前髪を触ってしまう人もいるでしょう。前髪を頻繁に触ることによって、毛根に力が加わってしまいます。繰り返すことによって毛根へのダメージが蓄積し、抜けやすくなってしまう場合もあるのです。自分では気づかないクセによって、薄毛を引き起こしている可能性もあるので注意しましょう。

食生活の乱れも原因として考えられます。動物性の脂肪を多く摂っていると、どうしても皮脂の分泌が多くなってしまうのです。過剰に皮脂が分泌されることによって毛穴に詰まりやすくなり、血流を悪くします。また、動物性脂肪の多い食事を続けていると、血液がドロドロになりやすいので、全身の血流が悪くなり抜け毛が増えてしまう可能性が高いのです。レトルト食品や加工食品を多く摂るのも抜け毛が進行する要因になることがあります。レトルト食品などに含まれている食品添加物が、健康な毛髪を作るために必要な亜鉛の吸収を阻害してしまうので、抜けやすい髪になってしまうことが考えられます。

スタイリングによる負荷も、抜け毛の要因です。前髪は、鏡を見たときなどに目に入りやすい部分です。そのため、何度もスタイリングをし直すでしょう。その際に、毛根に負荷がかかり抜け毛が起こりやすくなります。それだけではなく、スタイリング剤の流し忘れによって頭皮環境が悪化することも要因です。

睡眠不足も、薄毛を進行させる可能性があります。睡眠時間をしっかり取らない状態が続くと、成長ホルモンの分泌が減ってしまうのです。成長ホルモンにはタンパク質の合成や細胞分裂を促進する働きがあるので、健康な髪を保つためには欠かせません。また、睡眠が不十分だとそれだけでストレスになります。過度なストレスは、自律神経やホルモン分泌のバランスを崩す要因になる場合もあるので、髪にとっても悪影響です。

AGAが始まる部位は人によって異なる


AGAが始まる部位は人によって異なるのが特徴でしょう。AGAの脱毛パターンは大きく分けると、3通りです。「前頭部」「前頭部の両サイド」「頭頂部」のいずれかから薄毛が始まります。薄毛の症状が出始めるのは、一般的には前頭部の両サイドが多いようです。しかし、おでこが広くなって徐々に薄毛が進行し髪が後退していくパターンもあります。前髪から薄毛が進行していくパターンは、自分でも比較的気づきやすいのが特徴です。頭頂部や前頭部の両サイドとは違い、鏡を見たときに必ず目に入る部位なので、薄くなっていることが分かりやすい部位でしょう。

AGAが始まる部位が人それぞれ異なるように、進行パターンもそれぞれに違ってきます。ゆっくりと薄毛が進行していくパターンもあれば、スピードが早く、気づいたときには髪がだいぶ薄くなっていたというパターンもあるのです。ただし、抜け始めた部位から徐々に広がっていくのは、どのケースでも共通しています。抜ける部分は連続しているので、前頭部からいきなり後頭部へと進行するようなことはありません。前頭部から進行していく薄毛なら、前頭部から頭頂部、後頭部というように徐々に進行していくのがポイントです。

前髪の抜け毛を防ぐ方法は?

前髪の抜け毛は原因が複数重なって起こっていることも珍しくはありません。前髪は無意識に触ってしまう、スタイリングのために頻繁に触れるなど、手で触れることの多い部位なのです。そのため、AGAが原因となっている薄毛を、他の原因で進行させてしまっているケースもあります。

前髪の抜け毛を防ぐためにはまず、前髪の毛根に負担がかからないようにしましょう。たとえば、スタイリングの回数を少なくする、前髪を触るクセを直すように意識するといったことが重要です。鏡を見るとどうしても前髪が気になって直してしまうことも多いでしょうが、できるだけ触らないように注意します。スタイリング剤を過度につけると流しきれないこともあるので、適度な量に留めることも大切です。

生活習慣を見直すことも、重要になります。血流不足は抜け毛を悪化させる原因です。肉類やレトルト食品、加工食品ばかり食べるような、乱れた食生活を続けていると血流は悪くなりますから、野菜を多く摂るようにするなどバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。睡眠をきちんと取ることも大切です。良質な睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌され、しっかりとした髪を作ることができるでしょう。

シャンプーやスタイリング剤が頭皮に残らないようにすることも、前髪の抜け毛を防ぐ方法です。生え際は薬剤が残りやすい部位なので、シャンプーやスタイリング剤が残って頭皮環境を悪化させてしまうケースも少なくありません。そのため、正しいシャンプーを心がけることが大切です。正しいシャンプーの方法は次の通りです。洗う前にブラッシングしてホコリなどを取り除き、シャンプーをつける前に予洗いして汚れをある程度落としておきます。シャンプーは指の腹を使って優しくマッサージするようにおこないます。すすぐ際には、シャンプー液が残らないように丁寧に洗い流すことを意識するといいでしょう。このとき、熱いお湯だと頭皮に負担がかかるので、ぬるま湯でおこなうことが重要です。

前髪の抜け毛対策に育毛剤は有効?


前髪の抜け毛対策として、育毛剤の使用を検討している人も多いでしょう。実際に、前髪の抜け毛対策に育毛剤は有効なのでしょうか。

頭皮環境が悪化して、抜け毛が起こっている場合には、育毛剤を使用することで効果が期待できます。ただし、頭皮に余分な皮脂や汚れがたまった状態で使用しても、浸透しにくいので注意が必要です。育毛剤をしっかりと浸透させるためには、頭皮をきれいにしてから使用することが重要になります。そのため、育毛剤はシャンプーの後に塗布するといいでしょう。

また、育毛剤に含まれる成分によって効き目は異なります。さまざまな育毛剤がありますが、自分に合ったものを使わなければ意味がありません。刺激が強すぎる場合には、頭皮をかえって痛めてしまうケースもあるでしょう。炎症などが起こってしまうことで、抜け毛が悪化することも考えられます。育毛剤は強い成分を使っていればいいというものではありませんので、注意が必要です。

前髪の抜け毛対策として育毛剤を使うのなら、血流に働きかけるようなタイプのものが向いています。前髪は、血行不良による抜け毛が起こりやすい部位だといわれています。そのため、血行に働きかけるような成分が入っている育毛剤を選ぶといいでしょう。また、育毛剤は大量に使えばそれだけ効果が出るというものではありません。記載されている使用量を守って使うことが重要です。使用量だけでなく使用方法も含めて、正しい使い方をしましょう。

AGA以外の抜け毛にAGA対策したらどうなる?

AGA以外が原因で起こる抜け毛でも、頭皮環境を高めるような育毛サロンでのAGA対策なら問題ありません。しかし、医療機関の対策はAGAにだけ対応するため、他の原因の薄毛には効果が期待できないでしょう。また、医療機関で処方されるAGA治療薬はAGA以外では本来処方できません。AGAに有効だとされているミノキシジル配合の育毛剤を使用する際には副作用の心配もあるので、脱毛原因がAGAだとわかっているときだけにしましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。