薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

薄毛の原因は毛周期の乱れが原因?毛周期の正常化を目指すケア方法とは?

公開日: 2019年11月27日

薄毛に悩んでいる人は、毛周期(ヘアコンディション)についてしっかり把握しておかなければなりません。なぜなら、薄毛の進行はそもそもこの毛周期の乱れが原因であることが多いからです。毛周期のサイクルを改善させることが、薄毛や抜け毛対策につながります。そこで今回は、毛周期の概要と毛周期を正常化に導くためのケア方法について詳しく解説します。

毛周期(ヘアコンディション)とは?

髪の毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあります。毛周期とは、髪の毛の成長期と退行期、休止期の3つの段階のことです。男性の場合で約3〜5年、女性の場合は約4~6年をかけて1本1本の毛が毛周期を繰り返しています。つまり、このサイクルにしたがって髪の毛は生えたり抜けたりを繰り返しているのです。成長期では頭皮の奥で毛母細胞(もうぼさいぼう)が分裂し、新しい髪を生み出します。そうして生まれた髪の毛は、毛乳頭(もうにゅうとう)が毛細血管から栄養を取り込むことで成長していくのです。この期間に髪の毛は1日で約0.3~0.4mm、1カ月で約8~10mm程伸び続けます。退行期になると髪の毛の成長は止まります。退行期にあたる期間はおよそ2~3週間です。退行期が過ぎると、約2〜3カ月の間休止期に入ります。シャンプーをした際などに抜け落ちる髪の毛はこの休止期の髪の毛です。

ヘアコンディションが良好な状態であれば、1日に抜ける髪の量は約50~150本程度です。つまり、どれだけ良好なヘアコンディションを保っていても、髪の毛は3~6年で成長期を終えて抜け落ちてしまうのです。それは髪の毛が成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しているためです。しかし、ヘアコンディションが乱れていると成長期や退行期の段階で髪の毛が抜けてしまうため、1日200本以上が抜けてしまいます。抜け毛が気になるというのはこの状態のことです。

髪の成長の仕方とは?

髪の毛の成長期は、男性が3~6年、女性が4~8年だといわれています。毛周期のうちの約8~9割の期間は成長期なのです。この成長期は、前期と後期に分けることができます。前期は休止期になくなってしまった毛母細胞が再び角化しながら髪の毛となり、頭皮の奥から表皮へと伸びていく時期です。前期の段階ではまだ、髪の毛は外に出ていません。後期は頭皮の外へ出た髪の毛の毛幹部分が太く、長くなっていく時期です。気をつけるべきポイントは、髪の毛は永久に成長し続けるわけではない、ということです。成長後期を終えると、髪の毛は退行期と休止期を迎えます。

成長後期の次に訪れる退行期は、毛母細胞の活動が弱まることで細胞分裂が減少する時期です。この時期になると髪の成長は止まります。そうして約2~3週間かけて退行期に入った髪の毛は毛母細胞から離れ、完全に成長をストップします。頭皮にある髪全体の中で、退行期の髪の毛は約1%ほどです。その後、約2~3カ月の間休止期になります。休止期は毛母細胞の細胞分裂が停止して頭皮から髪が抜け落ちる時期です。髪全体の中で休止期の状態にあるのは約10~20%といわれています。この休止期はただ髪が抜け落ちる期間ではなく、新しい髪が生まれる準備期間でもあります。そのため、休止期が長引くと新しい髪がなかなか生えづらくなるのです。髪には毛周期がある以上、抜け落ちることを防ぐことはできません。そうではなく、いかにして毛周期を正常化させるかが薄毛克服の重要なポイントとなるわけです。

毛周期が乱れる原因とは?

毛周期が乱れてしまう原因はいくつか考えられます。まず挙げられるのは、男性ホルモンです。男性ホルモンは別名アンドロゲンとも呼ばれており、睾丸や腎臓で生成されています。男性ホルモンの主な構成要素はテストステロンです。男性ホルモンは身体つきや思考回路を男性特有のものにする働きがあります。その一方、テストステロンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)には髪の毛の成長を抑制するという性質があるのです。そのため、DHTが増加すると毛周期が乱れて抜け毛が増える、といわれています。といっても、DHTそのものが抜け毛を促すのではありません。DHTが増加することによって促される働きが毛周期の乱れの原因となるのです。

男性ホルモンは女性にもあります。女性は卵巣で女性ホルモンを生成しており、男性ホルモンよりも女性ホルモンの影響をより強く受けています。しかし、なんらかの原因で女性ホルモンの働きが弱まったり卵巣の機能が低下したりしてしまうと、女性も男性と同じように男性ホルモンの影響を受けやすくなります。それが女性に見られる抜け毛や薄毛です。その原因としてはストレスのほかに加齢や出産、病気などが挙げられます。

ホルモン以外にも、過度なストレスによる自律神経の乱れが毛周期の乱れにつながるケースも多いです。自律神経が乱れると代謝が悪くなって血流が低下します。そうすると、頭皮に栄養が行き渡らなくなるからです。また、長時間紫外線を浴びたことが原因となる場合もあります。紫外線は髪の毛のタンパク質やコラーゲンを破壊します。髪の毛にダメージを与えることは、その成長の周期を阻害する大きな要因になるのです。そのほか、血行不良や栄養不足、ホルモンバランスの乱れにつながるような生活習慣も毛周期の乱れの原因になります。髪に十分栄養を届けるためには、睡眠不足や不規則な生活スタイルは改めるべきだといえるでしょう。

頭皮を正常に保つケア方法

頭皮を正常な状態に保つためには、適切なヘアケアが大切です。まずはシャンプー前にしっかりブラッシングしましょう。そうすることで髪や頭皮の汚れを浮かび上がらせることができます。髪を洗う際には、熱いお湯は厳禁です。熱いお湯だと頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうためです。皮脂は薄毛や抜け毛の原因にもなりますが、頭皮をホコリなどから守ってくれるという働きもあります。皮脂を落としすぎるとそういったバリア効果が弱くなり、逆に頭皮の状態を悪くしてしまうのです。シャンプーする際のお湯は38度前後に設定しましょう。

シャンプーする際には、髪にシャンプーをつける前にお湯でしっかり髪を洗い流しましょう。シャンプー前のすすぎだけで汚れの70%ほどは落とせるといわれています。そうして汚れを落としておけばシャンプーをつけた際の泡立ちがよくなり、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とせるようになるのです。また、髪を洗う際には爪を立てないことが重要なポイントです。そうすると頭皮に傷をつけてしまいます。爪ではなく指先でマッサージするように洗いましょう。

リンスなどのトリートメントは髪のケアを行うためのものであり、その主成分は油分です。そのため、トリートメントを頭皮につけないように気をつけましょう。髪をすすぐ際は、ぬめりがなくなるまでしっかりすすぎます。特に襟足や耳周りにシャンプーが残らないように気をつけることが大切です。最後に、髪を乾かす際はドライヤーを使用しましょう。自然乾燥は頭皮で雑菌が繁殖する原因となります。

髪を育てる生活習慣とは?

健康な髪を育てるためには、髪に必要な栄養を届けることが不可欠です。そのためにも、正しい生活習慣を心がけましょう。たとえば、過度なダイエットをすると栄養が偏ってしまいます。そうすると頭皮が栄養不足となり、そのことが原因で毛周期が乱れてしまうのです。ダイエットをする場合でも、栄養バランスをしっかり考えることが大切です。ダイエットをしていない人でも、冷凍食品やジャンクフードのように脂の多い食事ばかりしていると、その脂分が頭皮にたまって毛穴を詰まらせてしまいます。髪の成長を促すタンパク質や、頭皮の状態を健やかに保つビタミン類といった栄養素もしっかり摂取しましょう。

食事以外の生活習慣も気をつけるべきです。睡眠不足はホルモンバランスが乱れる大きな原因の一つです。とりわけ女性は睡眠不足が原因で女性ホルモンが減少するといわれています。そのことが薄毛や抜け毛の原因となるので気をつけましょう。成長ホルモンの分泌は入眠後の3時間程度までが最も盛んになるといわれています。しっかりと睡眠時間をとり、身体が休まる夜の時間に寝るよう心がけましょう。また、運動不足は血流の低下の原因となります。血の巡りが悪くなると、頭皮の状態にも悪影響を及ぼします。適度な運動はストレス解消にもなるので、頭皮の状態改善に効果的です。

最後に、飲酒や喫煙量が多い人はなるだけ制限することがおすすめです。タバコの煙には細胞を劣化させる活性酸素だけでなく、その発生を助長する有害物質が数多く含まれていることが分かっています。また、活性酸素は肝臓がアルコールを分解するときにも発生します。こうした活性酸素を分解するためには、ミネラルである亜鉛が必要です。亜鉛はDHTに働きかける作用があります。つまり、活性酸素を分解するために亜鉛が不足してしまうとDHTの働きが活発になり、薄毛が進行しやすいというわけです。

毛周期を理解して育てる努力を!

薄毛対策のポイントは毛周期です。毛周期を正常な状態に保つには、頭皮や髪を健康な状態に保つ日頃のケアが大切です。もしもプロからのアドバイスを受けたいという人は、毛根の状態を目で見て体験できる育毛サロンをチェックしてみましょう。育毛サロンにはさまざまなところがありますが、バイオテックは育毛一筋30年の歴史ある育毛サロンです。実績を重視するのであればバイオテックがおすすめです。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。