薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGAの発症や進行に年齢は関係あるの?リスクの差について考えよう

公開日: 2019年11月27日


AGAは、年齢によって発症しやすさや進行の速さに差があるのでしょうか。何歳くらいから発症リスクが高まるのか気になる人もいるかもしれません。ここでは、年齢による発症リスクはどのくらいなのかや、発症を遅らせるにはどうしたら良いかなど、AGAと年齢の関係について解説していきます。AGAについて気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

AGAの発症年齢には個人差がある

そもそもAGAとは、男性型脱毛症のことを指し、頭頂部や髪の生え際が薄毛になってしまう症状が出てきます。発症の原因は男性ホルモンが関係しているといわれ、男性ホルモンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化することで、薄毛の症状を引き起こすと考えられているのです。AGAは年齢が上がるにつれて発症しやすくなると思っている人もいるかもしれません。しかし、AGAの発症年齢には個人差があり何歳で発症するかわからないのが特徴です。そのため、20代前半から薄くなり始める人もいれば、40代頃から始まる人もいるでしょう。若いからといって発症しないとはいえないのです。

なお、遺伝的なリスクを持っている人でも、発症時期は人によって異なります。また、脱毛が始まる部位や進行パターン、脱毛が始まる時期のいずれも個人差がある点もAGAの特徴です。AGAの対策で医療機関や育毛サロンを訪れる人の年齢層は20~40代前半が多く、それ以上の年齢になると、薄毛の割合が増えますが、年齢的なものとして対策せずに済ませる人も出てきます。ある程度の歳になると、加齢により薄毛になる人が増えてくるので、あまり気にならない人も多いのかもしれません。しかし、年齢が若いほど、周りに薄毛に悩む人が少なく1人で悩みを抱えやすいのが問題です。

薄毛は年齢が若くても発症することがあるので、自分だけと悩まずに相談相手を見つけましょう。同じ悩みを持つ人と交流し、悩んでいるのは自分だけではないのだと自覚する必要があります。そうすることで少し気が楽になるかもしれません。

年齢によって変わる発症リスク


AGAは年齢によって発症リスクに差があるのが特徴です。AGAのリスクは、遺伝だけで決まらないといわれていることからも、遺伝以外の影響も大きいといえるでしょう。たとえば、ストレスは発症リスクを高めると考えられています。ストレスを感じることによってさまざまな身体の不調が引き起こされるといわれていますが、ストレスによって自律神経が乱れると、血流が悪くなるうえに、亜鉛の消費が増え、結果的に髪を作るための亜鉛が不足することにつながる可能性があるのです。亜鉛が不足することで、健康的な髪が生えなくなり、弱くなったり、コシがない髪になったりする恐れがあります。

そのため、ストレスがかかりやすい年齢はAGAの発症リスクも高いといえるのです。つまり、生活環境が変化しやすい20代、仕事でのストレスがかかりやすい30代、40代はAGAのリスクが高まる年代となっています。また、一人暮らしが多く、食生活が乱れることによって頭皮の状態が悪化しやすい20代~30代前半も発症リスクが高まってしまいます。また、生活習慣病の予備軍が多い30代後半から40代前半もAGAリスクが高いといえます。なお、それ以上の年齢になると、成人病の治療薬を服用しているケースが増えるので、そのことも発症リスクを高めてしまうかもしれません。

このように、AGAはストレスや食生活など、生活習慣の乱れによって引き起こされると考えられ、それぞれの年齢によってその原因は異なるといえるでしょう。

発症を遅らせることは可能?

薄毛になると、実年齢よりも老けてみられてしまうこともあるので、できればAGAを発症したくないですよね。発症を遅らせたいという人も多くいるでしょう。AGAは発症してから治療を始めるため、発症を遅らせることができているかはわかりづらいのが現状となっています。しかし、予防対策することで抜け毛を起こりにくくすることは可能です。まずは、AGAを含む抜け毛の基本的な原因をできるだけ取り除くようにしましょう。具体的には、抜け毛は血流不足によって起こる可能性があるといわれています。そのため、できるだけ頭皮の血流を維持する働きかけを日常的に行うと良いです。

髪を洗うときに、髪の毛だけでなく頭皮をマッサージするように洗うようにしてください。頭皮の皮脂や汚れを取ることにもつながるので、ハリとコシのある髪になるかもしれません。また、生活習慣を規則正しくすることも重要です。十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけてください。仕事で忙しいと外食ばかりになってしまうという人も多いかもしれませんね。確かにコンビニやスーパーのお惣菜やカップラーメンなどは手軽に食べられるかもしれませんが、野菜やお肉、魚など、栄養バランスが偏らないような食事を摂取するのが良いです。

ほかにも、ストレスのかかりにくい生活をし、かかったストレスは定期的に解消するなど、理想的な生活習慣に近づけるようにしましょう。

年齢に関係なく行えるAGA対策とは?

年齢に関係なく行える可能性があるAGA対策として、まずは睡眠の質を高めることが挙げられます。一般的には最低でも6時間ほどの睡眠をとることが良いといわれています。しかし、なかには忙しくて長時間の睡眠はとれないという人もいるでしょう。そのような人は、長時間の睡眠をとらなくても良いので、できるだけ質の良い睡眠をとるように心がけましょう。質の良い睡眠をとることで疲れとストレスをためないことが大事です。また、タンパク質とビタミン類、亜鉛の摂取が対策の一種として存在するといわれています。これらの栄養素は髪にも良い影響を与えるようです。

頭皮の活性に良い成分を食事から摂ることで、しっかりとした健康的な髪に導くことができるかもしれません。なお、このような髪の健康に良い生活習慣を心がけるだけでなく、抜け毛の原因を確認することも重要です。抜け毛の原因が複数組み合わさっている場合や、時間の経過によって原因が変化することがあるので、どうして抜け毛を引き起こしているのか、考えてみましょう。そうすることで必要な対策が明確になるかもしれません。ほかにも、頭皮の環境を高めることも大切です。

頭皮を清潔にし、十分な血流を維持することが対策の一種として存在しています。頭皮をしっかりと洗い、清潔にすることが抜け毛を防ぐポイントですが、ブラシを使った自己流の頭皮マッサージは頭皮を傷つけることもあるため注意が必要になります。

「年だから仕方ない」と思う必要はない


AGAの対策で医療機関や育毛サロンを訪れるのは40代前半までが中心となっています。しかし、それ以上の年齢でも対策が不要というわけではありません。AGAが始まる年齢は人によって異なるため、スタートが遅い場合もあるのです。年齢だけで、今からでは遅すぎると自己判断するのは問題です。年齢のせいにするのは、育毛サロンなどで頭皮の状態などを確認してからでも遅くはありません。脱毛は人によって状態が異なり、原因もまちまちです。AGAだと思い込んでいる脱毛の原因が他にある可能性もあるので、薄毛が気になっている人は、まず、医師に相談または、サロンでのカウンセリングを受けてみましょう。

育毛サロンのケアを体験してみよう

育毛サロンのケアは、年齢に関係なく有効性が期待できるものです。バイオテックでは育毛サロンのケアを無料体験できるので、薄毛に悩んでいる人はぜひ体験してみてください。また、育毛サロンのケアを受けつつ、質の良い睡眠をとったり、正しい食生活を意識したりするなど生活習慣を改善していくのが良いでしょう。年齢のせいにせず、まずはやれることから始めてみてください。

薄毛のお悩みはプロに相談することが一番の近道です

薄毛、抜け毛の原因は遺伝、日常的なストレス、生活習慣など個人差があります。これらが原因で、頭皮環境が悪化し、毛穴の汚れや血行不良を引き起こし、薄毛に繋がってしまいます。

そのため、自分に合っていないケアをしていても改善はしません。
大切なのは抜け毛の原因を調べ、その原因にあった正しいアプローチをすること。

技術体験、原因究明まで完全無料

無料でプロにアドバイスをもらう

薄毛・抜け毛の原因は一人ひとり違います。
バイオテックの無料体験は10万人以上
育毛実績をもとに、トータルケアをアドバイス。

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。