薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

前髪が伸びないのは薄毛のサイン?伸びなくなる原因と対策とは?

公開日: 2019年11月27日

なんだか前髪が伸びてきていないような気がすると心配になっている人もいるかもしれません。前髪が伸びないのは薄毛のサインなのでしょうか。ここでは、前髪が伸びなくなる原因と、その対策について紹介していきます。原因をしっかり知ることで、普段の生活の中でも注意しながら過ごせるようになるでしょう。薄毛が気になる人は、ここで紹介する対策を始めてみてください。

前髪が伸びないのは薄毛のサイン?

薄毛になりたくないと日頃から思っている人も多くいるかもしれませんね。薄毛と聞くと、頭頂部や毛量全体が少なくなってしまうことを想像する人もいるでしょう。しかし、薄毛の症状は、前髪から徐々に進行していくケースが多いといわれています。そのため、前髪の伸びが悪いと気が付いたときから、早めの薄毛対策を始めるのが良いのです。前髪が薄くなっているにもかかわらず、そのままにしておくと症状は進行していき、頭頂部付近まで薄毛になってしまう恐れがあります。なお、前髪が薄くなっている場合、前髪全体のボリュームが少なくなっているだけでなく、前髪の生え際が後退している可能性もあるのです。

また、薄毛のサインは前髪が伸びなくなったと感じることだけではありません。ほかにも、前髪に隙間が目立つようになった場合も薄毛のサインになります。前髪の薄毛は男性だけでなく、女性にも多い問題です。一般的には、薄毛の原因の1つに、男性ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンバランスの変化が関係しているといわれています。しかし、男性の薄毛、女性の薄毛の原因は、それぞれで異なっている場合も多いのです。なぜ薄毛の症状が出てしまうのかは、男性の場合、女性の場合、さらに男女共通の場合に分けて考えていく必要があるでしょう。それぞれの原因に応じた対策をすることで、薄毛の問題を解決できるかもしれません。

女性の薄毛はFAGAが原因かも?

女性の薄毛の場合は、FAGAが原因であることが多いといわれています。FAGAは女性男性型脱毛症やびまん性脱毛症ともいわれる、女性特有の薄毛症状のことです。原因は大きく分けて2つあります。1つ目は、女性ホルモンが低下することで男性ホルモンの影響が強くなり起こるケースです。そもそも女性は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響を受けています。エストロゲンには、髪の毛を成長させる効果があるのです。エストロゲンが分泌されていることによって、男性よりもコシやハリがある、しなやかな髪の毛を維持することができています。

しかし、女性ホルモンはさまざまな影響を受けることで、分泌量が減少するのです。女性ホルモンの分泌が減少する要因としては、ストレスや加齢などが挙げられます。もう一方の原因は、生活習慣の乱れによるものです。本来、髪の毛は毎日摂取している食べ物などの栄養素をもとに作られています。しかし、栄養バランスの偏った食生活を続けていたり、十分な睡眠時間が確保できていなかったりする場合には、前髪まで栄養が行きわたらずに、成長も止まってしまう可能性があるのです。また、運動不足や、ストレスの蓄積にも注意しなくてはいけません。

それらの影響によって、血管が収縮してしまうと、本来髪の毛まで運ばれるべき栄養素が運ばれなくなります。さらに、妊娠・出産時にホルモンバランスの乱れにより同様の現象が起こることもあるでしょう。FAGAは、髪の密度が減って、スカスカになった髪の間から地肌が見えるようになるのが特徴です。男性の薄毛症状とは異なります。なお、人によって症状の深刻さに違いはありますが、50代以降の女性の約半数がFAGAともいわれることがあるほど、多くの人に現れる症状なのです。

男性の薄毛はAGAが原因?

一方、男性の薄毛はAGAが原因で起こるといわれることが多くあります。AGAは男性型脱毛症ともいい、男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症のことです。髪の毛全体のコシやハリがなくなったり、分け目が目立ったりする女性の薄毛とは異なり、頭頂部と前頭部における脱毛症状が特徴になります。AGAには、DHTと呼ばれるホルモンが大きく関係しているのです。DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンに、還元酵素が結びつくこと生成されます。DHTは前髪や頭頂部など局所的に分泌されるもので、細胞に対して脱毛の命令を出す働きをする物質です。そのため、DHTが男性の薄毛に大きく関係しているといえるでしょう。

また、ヘアサイクルの変化も薄毛に影響を与えています。本来、髪の毛は、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返していて、髪の毛が成長する成長期は2年から6年ほどあるといわれています。しかし、AGAの場合は成長期が短くなってしまうので、髪の毛がしっかりと伸びる前に、退行期に入ってしまうのです。このようにヘアコンディションが乱れることで髪の成長期が短くなり、十分に成長しないまま抜け落ちてしまうことで薄毛が進行する場合もあります。

なお、AGAは発症するとまず髪のハリやコシが失われ、うぶ毛のような弱い毛が目立つようになります。その後、抜け毛が多くなったり、髪の毛全体のボリュームが少なくなったりという現象が起こるのです。AGAを治すには、外用薬や内服薬などを使いながら、適切な治療を受ける必要があります。

前髪が伸びなくなる人の特徴とは?

前髪が伸びなくなる人の特徴について、男性が発症しやすいAGAには、男性ホルモンの働きが大きく関わっているのです。アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体の感受性の高さは、AR遺伝子という遺伝子によって決まるといわれています。そのため、AGAになるかどうかは、遺伝によるところも多いのです。この遺伝子は、優性遺伝なので父親か母親のどちらか一方がその遺伝子を持っている場合は、遺伝される確率が高くなります。一方、女性の薄毛には女性ホルモンが大きく関わっているのです。女性は男性よりも生理、妊娠、出産、加齢などでホルモンバランスの変化が激しくなります。

数多くある女性ホルモンの中でも、皮膚や髪の生成などに深くかかわるエストロゲンは30代をピークに下がり続けてしまうので、その影響を受け、体調不良や薄毛症状に悩む女性が増えるのでしょう。なお、男性の薄毛にも女性の薄毛にもいえる問題には、血行不良が挙げられます。血行不良になり毛根が栄養不足になると、髪の毛に必要な栄養が行きわたらずに、抜けてしまう原因となるのです。

前髪が伸びない場合の対策法は?

前髪が伸びない場合の対策法として、まずは頭皮に負担の少ない髪形を意識すると良いでしょう。特に女性は髪をきつく縛ると頭皮に負担をかけやすく、引っ張られた髪の毛が抜けやすくなるので気を付けてください。また、男性は短く切りそろえるのがおすすめです。栄養不足も抜け毛の原因になります。無理なダイエットは避け、亜鉛、大豆イソフラボンなど、活性に良い栄養素を含んだ食事を積極的にとるように心がけることが大切です。しかし、亜鉛はサプリメントなどで摂取すると、過剰摂取になることもあるので、摂取の際は気を付けなくてはいけません。

洗髪の際は、頭皮マッサージを取り入れてみるのも良いです。頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くしたり、リラックス効果が期待できたりします。ほかにも、血管を収縮させる原因となる運動不足やストレスにも気を付けましょう。なお、スマホやパソコンで目を酷使する人は眼精疲労から血行不良を起こす可能性もあります。仕事上、パソコンで作業しなくてはいけない人もいますが、たまには体を動かし適度な休憩をとることが大切です。

前髪が伸びない人は頭皮の状態をチェックしてみよう!

前髪が伸びない原因は、生活習慣をはじめ、いろいろ考えることができます。ヘアコンディションが乱れている可能性もあるでしょう。薄毛の対策には、一度頭皮の状態をチェックしてみることが大切です。バイオテックなら頭皮状態の確認もできるので、頭皮がどのような状態なのか、また今後どのような対策が必要かを考える際の参考になります。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。