薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

頭皮が赤いのは不健康な証!?原因と対策を知ろう!

公開日: 2019年7月4日


健康な頭皮の色は、通常やや青っぽい白色のはずです。もしこれが赤く腫れたような色になっていた場合、頭皮環境が不健康な状態になっていることが疑われます。頭皮の色が赤く変色していると、場合によっては薄毛や抜け毛を引き起こすこともあるため注意が必要です。ここでは、頭皮が赤くなる原因とその対策について解説します。

頭皮が赤い場合は健康状態が悪い!?

皮膚の色は、体の健康状態を把握するのに重要な基準のひとつです。通常、顔や首、手や足などの皮膚は、血色が良いことが健康の第一の条件になります。そのため、青白かったり、黄ばんでいたりすると、不健康に見えるだけでなく、何らかの病気が疑われることも珍しくありません。これに対して、ほかの大部分の皮膚とは違い、頭皮はむしろ青白い色をしていたほうが健康的だと見なされます。髪の毛に覆われている頭皮は、日に焼けることもほとんどないため、青白く見えるのが通常の状態なのです。

それにもかかわらず、頭皮が赤くなっているということは、頭皮の健康状態が悪化してしまっている証だといえます。頭皮の赤い変色は、単に色が変わっているのではなく、湿疹やブツブツを伴って起こる場合が多いです。もし赤くなっていたら決して放置せず、原因を究明してきちんとした対策を取ることが大切です。また、かゆみやフケを伴うことも多いため、そのような症状を感じたら、鏡で頭皮が赤くなっていないかどうかチェックしてみると良いでしょう。

頭皮が赤くなる原因とは?


頭皮が赤くなる原因はいくつかあります。まず、頭皮が炎症している場合です。頭皮の炎症は主にシャンプーや整髪料の成分によって引き起こされます。シャンプーが体質に合っていなかったり、整髪料の成分が刺激の強いものであったりすると、頭皮がそうした刺激に耐えることができずに、炎症を起こして腫れてしまうことがあります。これが頭皮が赤くなる原因のひとつです。

また、頭皮は外部からさまざまな刺激を受けています。その刺激のひとつである紫外線は、頭皮にとって大敵です。特に夏場は紫外線が強くなるため、頭皮がダメージを受けやすくなっている状態です。紫外線によるダメージが蓄積されると、やはり頭皮が炎症を起こして赤く変色してしまいます。冬でも紫外線は降り注いでいるため、紫外線による炎症は季節を問わず起こる可能性があります。

それから、血行不良も頭皮が赤くなることと無関係ではありません。何らかの原因で血流が滞っている場合、頭皮に十分な栄養が運搬されず、頭皮環境が悪化してしまうことがあります。頭皮の健康状態が悪くなることで、頭皮が通常とは違う赤い色に変色してしまうというわけです。もちろん、紫外線や血行不良だけでなく、皮膚の疾患が発生している可能性もあります。もし頭皮が赤くなってしまっているなら、まずは原因を特定するためにサロンなどでカウンセリングを受けるのが先決となります。

頭皮が赤くなったときに考えられるリスク

頭皮が赤くなっている状態は、頭皮環境が悪くなっている証です。頭皮環境が悪化すれば、髪の毛にさまざまなリスクが生じてしまいます。たとえば、健康な髪の毛が生えにくくなってしまうことです。髪の毛は頭皮から栄養を補給し、コシのあるしっかりした髪の毛を形成しています。しかし、赤くなった頭皮は血流が悪くなっていることが多いため、血液を通じて栄養や酸素を髪の毛全体まで行き渡らせることが難しくなってしまいます。そうなれば、髪の毛が頭皮から十分な栄養を補給できず、健康な髪が生えにくくなってしまうのです。

健康な髪が生えないということは、薄毛や抜け毛を進行させてしまうことを意味します。コシがなく、しっかりしていない髪は、すぐに抜け落ちてしまいやすいため、抜け毛の本数も必然的に増えてしまうでしょう。そうなれば、ヘアコンディションのバランスも崩れてしまうため、薄毛がどんどん進行していってしまうこともあります。すなわち、頭皮の赤みを放置することは、薄毛や抜け毛の原因を形成することにもつながるのです。

それだけでなく、頭皮の赤みが炎症によるものだとしたら、しっかり対策を取らないと強い痛みやかゆみを誘発してしまうこともあります。痛みやかゆみがあれば、頭皮を強く掻いてしまい、その結果ただれなどの二次被害をもたらしてしまう恐れもあります。アレルギー持ちの人は頭皮以外にも炎症が広がる場合もあるので、頭皮が赤くなっているときは放置せず速やかな対策を取ることが重要です。

頭皮が赤くなってしまったときの対策1:ヘアケアを見直す


頭皮が赤くなってしまったら、まずは自分のヘアケア習慣を見直してみましょう。頭皮の赤い変色は、間違ったシャンプーの仕方や整髪剤の強い成分によってもたらされることが多いです。特にシャンプーの仕方が悪いと、頭皮に深刻なダメージを与えてしまうこともあります。たとえば、熱湯で髪の毛を洗っていたり、爪を立てて頭をこすっていたりすると、頭皮はすぐにダメージを蓄積してしまいます。シャンプーをするときは、まず熱すぎないお湯で髪の毛をしっかり濡らすことが大切です。しっかり濡らすことで、無理にこすらなくてもシャンプーが泡立ちやすくなり、ゴシゴシこすることによる頭皮へのダメージを軽減することができます。

また、シャンプーを頭全体になじませる際は、爪を立てずに指の腹で優しく広げていくのが基本です。頭皮をマッサージするように軽く揉みながらシャンプーを泡立てると良いでしょう。このとき、くれぐれも力を込めてこすってはいけません。あくまで優しく、いたわるように洗うことが大切です。シャンプーをし終えたら、泡を残らず洗い流すことも忘れないようにしましょう。ぬるま湯でしっかり泡をすすぎ落していきます。すすぎが今ひとつだと、シャンプーが頭皮に残存して、毛根のつまりの原因になってしまうので注意が必要です。

シャンプーの仕方だけでなく、シャンプーや整髪料の種類にも気を配る必要があります。市販のシャンプーは刺激が強く、肌が弱い人はすぐにダメージを受けてしまいがちです。乾燥肌や敏感肌の人は、肌に優しいタイプのシャンプーを使うようにしましょう。整髪剤にも頭皮に優しいタイプがあるので、頭皮の赤みが気になる人は試してみると良いでしょう。

頭皮が赤くなってしまったときの対策2:生活習慣を見直す

赤くなった頭皮を健康な状態にするためには、生活習慣を見直すことも重要な対策のひとつです。頭皮の環境を高めるにあたって、生活習慣が与える影響は決して小さなものではありません。たとえば、紫外線は頭皮環境を悪くする原因のひとつになります。もし、今まで紫外線対策を何もしていなかったのであれば、少なくとも紫外線が強い日は帽子をかぶるなどして頭皮に直接紫外線が当たらないように対策をとりましょう。帽子をかぶるだけでも、頭皮が受ける紫外線はかなり軽減されるはずです。

また、血行不良も頭皮を赤くしてしまう原因なので、血流を良くするための生活習慣も重要になってきます。血液は食べるものから栄養を補給するので、血流が良くなるような食べ物を中心に献立を考えることは頭皮環境を高めることにつながります。特にタンパク質やビタミン、ミネラルは血流の促進に効果的であるといわれているため、積極的に日々の食事に取り入れるようにしましょう。睡眠不足やストレスも血行不良を引き起こす原因になります。睡眠をしっかりとることは、頭皮の環境を高めるのに不可欠ですし、良質な睡眠はストレスの軽減にも貢献してくれるといわれます。不規則な睡眠習慣を続けているなら、生活を改めて質の高い睡眠がとれるように心がけましょう。

健康的な頭皮環境をめざそう!

頭皮が赤くなるのは、間違ったヘアケアや不規則な日常生活に原因を探ることができます。赤くなった頭皮を良くしたいなら、まず正しいヘアケア習慣を身につけ、食事や睡眠の質を改善するなど、自分でもできることから始めていきましょう。ただ、それでも頭皮の赤みがなかなか良くならないなら、医師に相談するか、サロンでカウンセリングを受けるのが一番です。専門家に診てもらえば、頭皮の悩みの解決につなげられるでしょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。