薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

AGA 食事

AGAの対策に!毎日の食事を見直して体質改善を!

公開日: 2018年12月20日


  
AGAは遺伝的要素が強いといわれていますが、遺伝だけがAGAの原因ではありません。
  
生活習慣の乱れも薄毛には大きな影響を与えます。
  
特に食生活に気を付けることは、髪の毛や頭皮を健康に保つために欠かせないことです。
  
AGA対策に必要なのは、髪の毛や頭皮に直接届く栄養素を摂ることだけではありません。
  
バランスの良い食事をして体調を整えたり、生活習慣病を防いだりすることも大事です。
  
この記事では、AGA対策のためにはどのような食事をすればよいかを解説します。
  
  

イメージ調査!食事内容と薄毛に関連性はあると思う?


  
まずは、食事と薄毛の間に何か関係があると考えている人がどれくらいいるかアンケートを取ってみました。
  
  
【質問】
食生活の乱れが薄毛に何らかの影響を与えていると思いますか?
  
【回答結果】
思う : 138
思わない : 18
  
調査地域:全国
調査対象:【性別】男性
調査期間:2018年10月10日~2018年10月17日
有効回答数:156サンプル
  
  

関係があるととらえている人が大多数

今回のアンケートでは、食生活の乱れが薄毛に影響を与えていると思うと回答した人が圧倒的多数でした。
  
  
・脂質が多い食事やアルコールを多く摂取していると、血流に影響を与え、頭皮も血流が悪くなり、薄毛が進行すると思う。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)
  
・1人暮らしを始めてカップ麺やスナック菓子、添加物の多い物をたくさん食べるようになり、その後ぐらいから薄毛が気になるようになってきたため。(20代/男性/正社員)
  
・ダイエットで野菜中心の生活、タンパク質や炭水化物を抜いていたらかなり毛髪が痩せ細りコシがなくなった。(20代/男性/学生)
  
  
影響があると思うと回答した人のコメントには、実体験から感じたという意見が目立ちました。
  
一人暮らしを始めて食生活が偏り始めてから薄毛が進行したという声や、脂っこいものを食べたときは抜け毛が増えるという声が多いようです。
  
また、髪の毛や頭皮も体の一部だから、血液によって栄養が運ばれるため、摂取する栄養が偏れば影響を受けるはずだと考えている様子も多くのコメントに見受けられました。
  
一方、影響があるとは思わないと答えた人のコメントは以下の通りです。
  
  
・知り合いは食生活が無茶苦茶だが薄毛ではない(30代/男性/正社員)
  
・全く関係ないとは言わないが、ほとんどが遺伝とか体質だと思う。(40代/男性/正社員)
  
・食生活よりも、日頃のストレスが大きく影響していると思います。精神的に追い込まれると無意識に頭をかいてしまうので。(20代/男性/学生)
  
  
影響があるとは思わないと回答した人のコメントを見ると、食生活よりももっと薄毛に影響を与えることがあるはずだと考えている様子がうかがえます。
  
また、身近に食生活が乱れていても薄毛ではない人がいるから関係がないと思うという意見も多く見られました。
  
  
今回のアンケートでは、どちらの回答を選んだ人にも、実体験に基づいて回答している人が多く見られました。
  
では、実際のところ、食事は薄毛に何らかの影響を与えるのでしょうか。
  
ここからは食生活の乱れとAGAの関係について見ていきましょう。
  
  

食生活の乱れがAGAを引き起こす?

AGAの原因のひとつに食生活の乱れがあるといわれています。
  
食事が偏ることで髪の毛や頭皮に必要な栄養素を十分に摂取できなくなるというのが理由のひとつです。
  
しかし、理由はそれだけではありません。
  
高脂肪・高カロリーの食事がメインだと太りやすく、そのことがAGAの原因のひとつになっていると考えられています。
  
血液中に脂肪が増えた場合、内臓や血管内に脂肪が蓄積しやすくなり、体のあらゆる部分で血行不良が起こるようになるでしょう。
  
太い血管でも詰まりやすくなる状況なら、皮や毛根の毛細血管はさらに血流が悪くなるとしても不思議ではありません。
  
  
血行不良になると、頭皮が柔軟性を失い、毛細血管が通常よりも細くなってしまうこともあり得ます。
  
そうなると、血液によって運ばれるはずの栄養や酸素が毛根まで届きにくくなり、頭皮や毛根が栄養不足になる可能性も出てきます。
  
もちろん、食生活だけでAGAになるわけではありませんが、AGAの原因のひとつに数えられるのは、このような可能性があるからなのです。
  
  

積極的に摂取したい栄養素4種類


  
AGA対策の際、積極的に採りたい栄養素はたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンC、亜鉛の4種類です。
  
タンパク質は髪の毛や頭皮を作るために使われます。
  
ただし、体に吸収される際にはアミノ酸に分解されます。
  
分解されたアミノ酸を再合成する際に役立つのがビタミンB群です。
  
ビタミンB群とはB1、B2、B6、B12に、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸を含めた8種類のことをいいます。
  
B群に属するビタミンはいずれも頭皮や毛細血管にとって必要な働きをするものです。
  
なかでも、ビタミンB6は、髪の毛の99%を占めるたんぱく質の一種ケラチンの生成を助けることが知られています。
  
  
ビタミンCは、強い抗酸化作用を持つビタミンです。
  
血行促進作用や炎症を抑える作用が期待できるといわれています。
  
また、ビタミンCには亜鉛の吸収を助ける働きやコラーゲンの生成を助ける働きがあるともいわれているので、薄毛対策には欠かせない栄養素のひとつです。
  
亜鉛は、ケラチンの生成を助ける成分としても、5αリダクターゼを抑制する成分としても、AGA対策に有効だといわれています。
  
  

AGA対策に!栄養満点お手軽レシピ!

AGA対策に有効な栄養素を効率よく摂れるレシピを紹介します。
  
まず、主食を玄米にすることで、ビタミンB群を摂りやすくしましょう。
  
5αリダクターゼを抑制する亜鉛や髪の毛のもとになるアミノ酸は高野豆腐の栄養を活かして摂るのがおすすめです。
  
高野豆腐には5αリダクターゼの抑制をするといわれる大豆イソフラボンも豊富に含まれています。
  
カロリーが低く、コレステロールや中性脂肪を抑える良質な脂質も多く含まれているといわれているので、AGA対策にはもってこいです。
  
  
高野豆腐は洋風の素材とも相性がいいので、サバの水煮缶やトマト缶と組み合わせてトマト煮にすると栄養を無駄にすることなく食べられます。
  
具材としては、玉ねぎや刻んだニンニク、パプリカなど抗酸化ビタミンを豊富に含むものがおすすめです。
  
トマトと玉ねぎでビタミンCを、サバでビタミンB2やB6、鉄分、カルシウムなどを摂れます。
  
サバには血液サラサラ成分といわれるDHAやEPAも豊富に含まれているので、血行不良の改善効果も期待できそうです。
  
  

できるだけ避けたい飲食物


  
AGA対策をするうえでは、できるだけ摂るのを控えたい食べ物や飲み物があります。
  
そのひとつがアルコールです。
  
アルコールを肝臓で分解するときには多くのエネルギーが必要です。
  
分解のために血液が肝臓に集中するため、髪の毛に運ばれる栄養もアルコール分解に使われてしまう可能性があります。
  
また、飲酒量が多い場合は、アルコールを分解したときにできる有毒なアセトアルデヒドが正常に体外に排出されず、血中に含まれて体の中を巡ることがあるといわれているので注意が必要です。
  
アセトアルデヒドにはDHTを増加させる作用があるとされているためです。
  
  
糖分や脂質の多い食べ物も、頭皮や毛髪に悪影響を与える可能性があります。
  
血中に糖や脂肪が多く含まれると、血液の流れが滞りやすくなり、頭皮や毛根に栄養が行き届きにくくなるためです。
  
糖分や脂肪分も体には必要な栄養素なので、摂ってはいけないというわけではありません。
  
しかし、適度な量を守って肝臓や血管に負担をかけないようにすることは必要でしょう。
  
  

AGA対策の生活習慣見直しは食事から

AGAは、遺伝的要素以外では生活習慣の影響が大きいといわれています。
  
そのため、AGA対策をするなら、生活習慣の見直しは必須です。
  
生活習慣を見直すなら、まずは食生活の乱れから直していきましょう。
  
栄養の偏りがあり、血液がうまく運ばれなければ、頭皮や毛根が栄養不足を起こすかもしれません。
  
髪の毛も頭皮も、食べ物から吸収した栄養素からできています。
  
AGAの予防や対策に有効な栄養素を覚えて、バランスよく取り入れるようにしましょう。
  
関連記事:「AGA対策は方法を選べる!何ができるか知っておこう
  
日本初の育毛専門サロン、バイオテックの「無料体験」

AGA 食事

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

バイオテックは万全のコロナウイルス対策に取り組んでいます

マスクの着用

マスクの着用

スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

手洗い、消毒の徹底

手洗い、消毒の徹底

スタッフは手洗いと消毒を徹底して対応させていただきます。

器具の消毒徹底

器具の消毒徹底

使用する器具に関しては消毒を徹底いたします。

スタッフの検温

スタッフの検温

スタッフは検温して体調に問題ないことを確認して対応させていただきます。

カウンセリング時のアクリル板使用

カウンセリング時の
アクリル板使用

カウンセリング時はアクリル板を使用して対応させていただきます。

フェイスシールドまたはゴーグルの着用

フェイスシールド
またはゴーグルの着用

技術時はフェイスシールドまたはゴーグルを着用して対応させていただきます。

  • スタッフは手袋・ゴーグルをつけた上で技術を実施することもございます。ご理解のほどお願い申し上げます。
  • 受付時に非接触体温計で検温をさせていただき、37.5°C以上の場合技術をご遠慮いただいております。
  • 体調の優れない方、感染が疑われる方、感染者との接触があった方にも、技術をさせていただくことができません。
  • ご来店の際に、マスクの着用をお願いいたします。
  • 技術中は、使い捨ての簡易マスクをお渡しさせていただいております。