薄毛対策室薄毛が気になるあなたのために、目指せ改善!!

髪に優しくなるために知っておきたい!シャンプーの成分や機能を解説

公開日: 2019年9月23日


シャンプーは毎日のように使う身近なヘアアイテムです。しかし、シャンプーにどのような成分が含まれているか説明できる人はあまりいないのではないでしょうか。髪に合った成分が配合されたシャンプーを選ぶことは、髪の健康のためにとても重要です。そこで、今回はシャンプーにどのような成分が配合されていて、どのような機能があるのかといったことを詳しく紹介していきます。自分に合ったシャンプー選びの参考にしましょう。

シャンプーは何でできている?

シャンプーはさまざまなメーカーから非常に多くの商品がでています。しかし、基本的な構造はどれも大きく異なることはありません。水分が大半を占め、そのほかに界面活性剤、オイル、添加物が含まれ、商品独自の特徴を出すための植物エキスやスクラブなどの成分が入ります。界面活性剤は、汚れを落とすための洗浄成分です。オイルは、植物オイルのように髪にツヤを与えたりシリコンのようにつるつるとした質感を出したりするのに働きます。添加物の主なものとしては酸化防止剤や防腐剤などが挙げられるでしょう。

シャンプーに含まれる成分のなかには、髪の健康にあまり良くないものや体質に合わないものなどもあります。パッケージにある成分表示をよく確認し、自分に合ったものを選ぶことが必要です。

界面活性剤は主に3種類

シャンプーを選ぶ際、特に注意したいのが界面活性剤です。これは、大きく次の3種類に分けられます。
1.高級アルコール系界面活性剤
安価で洗浄力が強く、泡立ちも良いため、一般的なシャンプーによく配合されています。すっきりした洗い上がりになりますが、化学的に合成されているため肌に残りやすく、トラブルのもとになることがあります。よく洗い流すことが大切です。また、洗浄力が強すぎて頭皮に必要な皮脂まで取りのぞき乾燥を招くことあるため、注意しましょう。なお、高級とついていますが、これは分子中の炭素が多いという意味です。良質や高品質ということではありません。

2.アミノ酸系界面活性剤
高級アルコール系界面活性剤などに比べ、肌に優しくなじみがよく、低刺激なことが特徴です。デリケートな肌質でも使いやすい一方、洗浄力が弱く泡立ちもあまりないため、頑固な皮脂汚れなどは落ちにくい傾向があります。

3.石鹸系界面活性剤
天然の素材から作られていることが多い成分です。洗浄力が強いため、さっぱりした洗い上がりになります。人によって合う・合わないに分かれる傾向がありますが、添加物が少ないことが多く、選びやすいでしょう。

シリコンとノンシリコンの違い


シャンプーの成分を理解するうえで外せないのが、「シリコン」と「ノンシリコン」の違いです。ノンシリコンシャンプーというと、なんとなく髪にいい、頭皮に優しいというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、シリコンが入っているからといって髪や頭皮に悪いシャンプーというわけではありません。シリコンは、ケイ素を化学的に合成して作った樹脂です。ファンデーションなどの化粧品に配合されていることもあります。大量に使用することがなければ基本的に人体に害はありません。ただし、化学的なもののため、肌に合わずトラブルの原因になることはあるでしょう。

シャンプーに配合されているシリコンは、髪の表面をコーティングしてつるつるとした手触りに変え、ツヤを与えます。高級アルコール系シャンプーに配合されていることが多いです。なぜなら、高級アルコール系シャンプーは髪から必要な皮脂まで取りのぞいてパサつかせることがあり、それをカバーするコンディショニング剤が必要になるからです。

ノンシリコンシャンプーは人工的な化合物が入っていませんので、髪や頭皮への負担が軽く、ふんわりとした自然な洗い上がりになります。洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーにはあえて配合する必要性がないため、ノンシリコンであることが多いです。ただし、髪の表面をコーティングしませんので、きしんだりパサついたりすることがあります。

オーガニックシャンプーとは?

ナチュラル志向の人に人気が高いのが、オーガニックシャンプーでしょう。オーガニックとは「有機の」という意味で、オーガニックシャンプーに明確な定義は存在しませんが、一般には有機栽培で作られた自然由来の成分を配合したシャンプーを指します。化学成分を配合せず、添加物も使われていないことが多いため、低刺激で環境にも肌に優しいことが多いです。ただし、一般に洗浄力は強くなく、汚れが落ちづらい傾向があります。また、シリコンのような化学的なコンディショニング成分も配合されませんので、髪質によっては洗ったあとにきしむこともあります。原材料にこだわるためコストがかかり、値段が高いものが多いです。

注意したい成分【ラウレス硫酸Na】

シャンプーを選ぶ際、注意したい成分が「ラウレス硫酸Na」です。洗浄力が強く泡立ちもよいため、高級アルコール系シャンプーによく配合されています。ただし、刺激が強く肌への負担も大きいため、乾燥肌や敏感肌など弱い肌質の人は特に注意が必要です。ラウレス硫酸Naを主成分とするシャンプーで髪を洗っていると、地肌から必要な皮脂まで奪われて、頭皮が乾燥しがちになることがあります。そのまま使用を継続して、頭皮がカサカサした状況が続くと、かゆみやフケにつながる可能性も高いです。

注意したい成分【オレフィン(C14-16)スルホン酸Na】

シャンプーで注意したいもうひとつの成分に、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naがあります。これは、ラウレス硫酸Naの危険性が指摘されるようになってから、代わりに使われることが多くなった成分です。ラウレス硫酸Naと同様に、洗浄力が強く、肌への刺激も強めです。そのため、オレフィン(C14-16)スルホン酸をメインの主成分とするシャンプーで洗うと、頭皮や髪に負担となることがあります。乾燥肌や敏感肌、ダメージを受けやすい髪質の人は注意が必要です。

シャンプーを購入するときは、パッケージにある成分表示を確かめるといいでしょう。医薬部外品のシャンプー(薬用シャンプー)は別ですが、一般的なシャンプーの場合、成分表示には配合量が多い順に成分が記載されています。最初にくるのは水がほとんどですので、その次にくる成分を確認しましょう。ここに書かれているのが、そのシャンプーのメインの洗浄成分です。ここにオレフィン(C14-16)スルホン酸Naがきているときは、注意したほうがいいでしょう。

ただし、非常にマイルドな洗浄成分をメインにしているシャンプーに、洗浄力を上げるための補助剤として配合されていることもあります。成分表の後ろのほうに記載されているのであれば、サポートとして入っているだけで配合量も多くないため、あまり気にしなくてもいいでしょう。

注意したい成分【合成香料】


多くのシャンプーには、香料が配合されています。髪を洗っているときや洗ったあとに感じるシャンプーの香りが好きだという人もいるでしょう。この香料には、天然香料と合成香料の2種類があります。シャンプーは商品によって香りやフレーバーが異なります。合成香料を使っている商品は、特に注意が必要です。

天然香料は、植物や果実など自然由来の素材から作られています。原料コストがかかるため、天然香料が配合されているシャンプーは高額になりがちです。一方、合成香料は石油や石炭から抽出した成分をベースとして人工的に作られています。コストが安価なため、安いシャンプーに配合されていることが多いです。合成香料が肌に合わないとアレルギーを起こす恐れがありますので、購入時には注意しましょう。肌が弱い人は、天然香料のシャンプーを使うほうが安心です。

シャンプーを買うときは成分表示にも注目しよう!

健康な髪は美しくツヤがあります。健やかな髪の状態を維持するためには、毎日のように使うシャンプー選びがとても重要です。自分に合わないシャンプーを使い続けていると、かゆみや炎症、フケなどの肌トラブルを起こしたり、アレルギーに発展したりする恐れがあります。シャンプーに配合されている成分の特徴をよく理解し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ヘアガイドブック全員無料プレゼント ヘアガイドブック全員無料プレゼント 無料体験はたっぷり約90分!無料体験の予約はコチラ 全国サロン検索 バイオテックオンラインストア

育毛力を呼び覚まそう!
無料体験はたっぷり90分!

無料体験の詳細と予約はこちら

平日10時~19時/土日祝9時~18時(月曜定休)

0120-318255

髪にお悩みのお客様に、お一人でも多くご体験いただきたいため、
ご予約成立後の 無断キャンセル、及び直前でのキャンセルはご遠慮くださいませ。